日本の貨幣史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の貨幣史の意味・解説 

日本の貨幣史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 03:39 UTC 版)

日本の貨幣史(かへいし)では日本貨幣の歴史、および歴史上の各時代における貨幣の機能や貨幣制度の歴史を指す。日本に流入した海外の貨幣や、海外で流通した日本の貨幣についても取り上げる。また、歴史的に蝦夷地琉球と呼ばれてきた地域の貨幣についても記述する。世界各地の貨幣の歴史については、貨幣史を参照。




注釈

  1. ^ たとえば2014年度(平成26年度)には日本銀行券が30億枚発行され、銀行券製造費は51,483,108,000円となっている[24][25]
  2. ^ 銭は銭貨とも呼ばれる。
  3. ^ 東大寺で大仏に鍍金するための金が不足した時に陸奥国で金が発見され、聖武天皇が東大寺に行幸して喜んだという記録が『続日本紀』にある。
  4. ^ 漢詩集の『経国集』には、711年(和銅4年)より前に作られた役人用の試験答案も収録されており、そこにはすでに私鋳対策の問題があった。
  5. ^ 貯蓄した銅貨は叙位の際に献納銭として政府に回収されるため、実際には蓄蔵と流通の双方を促進するのが目的だった。
  6. ^ ただし、律令政府は貨幣の流通を都と畿内に限定して、国家の支払いで地方に流れた貨幣は政府で回収する方針であり、蓄銭叙位令もその一環であったとする説がある。
  7. ^ 硬貨の認識は次第にすすみ、『日本霊異記』や『今昔物語集』にも銅貨が登場する説話が記録されている[50]
  8. ^ うつほ物語』には学生が寄宿舎で短冊状の食券を使う描写があり、『枕草子』には和歌が書かれた紙片を物との交換に使えると勘違いする男の話が書かれている。
  9. ^ 9世紀の『日本霊異記』には、米や酒の私出挙について記述があり、大安寺の修多羅分の銭が金融資本とされた事例が見られる。
  10. ^ 百練抄』の記述による。
  11. ^ 鎌倉時代の公卿である広橋経光の『民経記』には、西園寺公経によって銭10万貫文を運んだ貿易船の逸話が書かれている。
  12. ^ 中国では宋の交子に始まり、元の時代に交鈔、明の時代に宝鈔と呼ばれた紙幣が発行された。
  13. ^ 木簡には京都の東福寺や博多の筥崎宮の名があり、火災にあった寺院の復興資金を運ぶ寺社造営料唐船と推測されている。
  14. ^ 中国からの輸入銭の不足は東アジア各国に影響し、14世紀から15世紀には朝鮮王朝やベトナムの王朝も硬貨と紙幣を発行し、15世紀には琉球も硬貨を発行した。
  15. ^ たとえば1407年(応永14年)の遣明船からの利益は20万貫文にのぼり、これと比べて土倉酒屋役は6000貫文だった。
  16. ^ 模造銭や無文銭は、鎌倉、博多、加治木、などで作られた。
  17. ^ 代官請負は公家や寺社などの領主の代わりに年貢を徴収して京都への運搬をする業務であり、集めた年貢の資産運用という面があった。
  18. ^ 『宮後三頭大夫文書』の記録による。
  19. ^ 『北野社家日記』明応元年10月14日条、『看聞日記』永享10年4月4日条などの記録による。
  20. ^ 満済准后日記』永享6年6月24日条、『北野社家日記』永正7年6月9日条などの記録による。
  21. ^ 親元日記』寛正6年5月25日条などの記録による。
  22. ^ 1485年の大内氏に始まり、相良氏、室町幕府、九条政基興福寺東福寺武田氏後北条氏結城政勝尼子氏細川氏三好氏浅井長政織田信長柴田勝家筒井順慶羽柴秀吉などによって出された。
  23. ^ ただし、同様の撰銭令がたびたび布告されていることから、実際は機能していなかったという説もある。
  24. ^ さかひ銭はで作られた私鋳銭とされる。
  25. ^ 朝鮮王朝実録』には、1528年大永8年)の漢城で日本の鉛鉄から密かに銀を精錬した事件の記録もある。
  26. ^ たとえば1544年(天文13年)には安心と名乗る僧が日本国王使として朝鮮に8万両の銀を持ち込んでいるが、これも偽使とされる。
  27. ^ 明の鄭舜功が書いた『日本一鑑』によれば、1534年(天文3年)には福建の商人が日本の僧からの情報で貿易を盛んにしたとされている。
  28. ^ 蓮如「願泉寺文書」文明12年11月21日の記録など。
  29. ^ 妙法寺記』や『多聞院日記』などの記録による。
  30. ^ 天正通宝と文禄通宝は、永楽通宝をもとに母型を作られた。
  31. ^ 江戸時代を舞台にした『銭形平次』で主人公の平次が用いるのは寛永通宝である。
  32. ^ 大坂の米市場については、井原西鶴が『日本永代蔵』で書いている。
  33. ^ 農村金融については『民間省要』などに詳しい。
  34. ^ 年間賃金収入を、生存水準の総栄養摂取量1日1940カロリーとタンパク質摂取量80グラムとなるように調整した品目によって計算された実質賃金。
  35. ^ 農家の季節出稼、鯨捕り、塩づくり、酒造り、醤油造り、海苔稼など。
  36. ^ 農家の年雇、商家の丁稚、職人の徒弟など。
  37. ^ こうした区別は日本以外にもあり、英語ではwageとsalaryの違いがある。
  38. ^ 井原西鶴の作品では、投銀が唐や異国船に投機する行為として書かれている。
  39. ^ 明治時代を舞台とした『ゴールデンカムイ』には、アイヌが金を秘蔵していたという設定がある。アイヌが金を用いて和人と交易をした記録は、ジョン・セーリスが和人から聞き取った証言や、天野信景の『塩尻』などに書かれている。金採掘については、マルチン・ゲルリッツエン・フリース松浦武四郎の体験談がある[148]
  40. ^ シャクシャインの戦いではアイヌ側に味方する金掘りもいたため、松前藩は和人の金掘りの渡航を禁止した。
  41. ^ 最後の改鋳は正徳元年であるが宝永期の一連の改鋳の性格を持つ。
  42. ^ 丁銀についても小判と伴に若干品位の変動があったとする説もある[154]
  43. ^ 新紙幣はドイツで作られたため、ゲルマン紙幣とも呼ばれた。
  44. ^ 「兌換銀券人物描出の件」という閣議決定がなされ、肖像にふさわしい人物として、日本武尊武内宿禰藤原鎌足聖徳太子和気清麻呂坂上田村麻呂菅原道眞があげられた。
  45. ^ 大日本綿糸紡績連合会「紡績職工事情調査概要報告書」の記録による。
  46. ^ 1905年(明治38年)の雑誌「実業之日本」に掲載された「会社銀行賞与金精度の改良」の記録による。
  47. ^ 日本で最初に科学的管理法を導入したのは鐘紡と言われている。
  48. ^ 現在のコンサルタントにあたる。
  49. ^ 中央賃金専門委員会「賃金形態ニ関スル指導方針」1943年。
  50. ^ ブレトン・ウッズ体制はIMF平価の調整が可能であり、調整可能な固定相場制(アジャスタブル・ペッグ)とも呼ばれる。
  51. ^ 不採用の理由は、伐折羅大将は戦勝国に対する怒り、弥勒菩薩像は敗戦の悲哀を表現するように見られるというものであった。
  52. ^ ドッジ・ラインの施行当時、池田勇人大蔵大臣は「ディス・インフレという大きな政策の前に、5人や10人の中小企業の業者が倒産し、自殺しても、それは止むを得ない」と発言をした。この発言が原因で池田に対する不信任決議につながった[197]
  53. ^ 特需は、米軍や国連軍関連機関がドル払いで物資を調達しており、厳密には国際収支の輸出入ではなく政府取引の軍関係の購入になる。
  54. ^ 経済が流動性の罠に当てはまる状態として、(1)短期の名目金利が超低金利。(2)総需要が常に生産能力を下回っている点がある。流動性の罠が生じる条件として、生産力の低下が予想される点があり、日本では人口構成による労働力の減少がその根拠となる。労働力減少の見通しは、投資の期待利回りの低下などの影響をもたらす。
  55. ^ 日本の個人投資家を表すミセス・ワタナベという語も生まれた。
  56. ^ 戦時中の賃金統制の方式は、戦後は春闘などの賃金交渉に移り、賃金政策の必要性が薄れた。
  57. ^ 食料となる農産物を闇市などで売った農村では、新10円札の厚さが一尺(約30センチ)に達すると一尺祝いという宴会を行った。
  58. ^ 有名な人物として、判事の山口良忠、文学者の亀尾英四郎らが知られている。
  59. ^ 最低賃金法は労働基準法と同じく家内労働を除外している。
  60. ^ 交通系カードの相互運用は、利用範囲の拡大で利用価値が高まりネットワーク外部性が作用する。

出典

  1. ^ a b c 松村, 次山 2011.
  2. ^ a b 仁藤 1998, p. 54.
  3. ^ a b 瀧澤, 西脇 1999, p. 12.
  4. ^ a b 三上 1998, p. 第10章.
  5. ^ a b 中島 2019, p. 169.
  6. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 66.
  7. ^ 高木 2018, p. 199.
  8. ^ a b 秋澤 1993.
  9. ^ 三上 2011, p. 29.
  10. ^ a b c d 植村 1994.
  11. ^ a b c d 東野 1997, p. 第11章.
  12. ^ a b c d 岡崎 1997, p. 第1章.
  13. ^ 多田井 1997.
  14. ^ 加藤, 秋谷 2000.
  15. ^ a b 加藤, 秋谷 2000, p. 294.
  16. ^ 瀧澤, 西脇 1999.
  17. ^ 高木 2018, p. 49.
  18. ^ 三上 1998, p. 135.
  19. ^ a b 高木 2018, p. 24.
  20. ^ a b c 瀧澤, 西脇 1999, p. 311.
  21. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 60, 77.
  22. ^ “日本銀行の利益はどのように発生しますか? 通貨発行益とは何ですか?”. 日本銀行. (--). https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a24.htm/ 2016年1月7日閲覧。 
  23. ^ 小栗 2006.
  24. ^ “平成27年度の銀行券発注高”. 日本銀行. (--). https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/order/bn_order.pdf 2016年1月7日閲覧。 
  25. ^ “第130回事業年度財務諸表等”. 日本銀行. (--). http://www.boj.or.jp/about/account/data/zai1505a.pdf 2016年1月7日閲覧。 
  26. ^ 柿沼 2015, p. 43.
  27. ^ 高木 2018, p. 16.
  28. ^ 早島 2018, p. 227.
  29. ^ 植村 1994, p. 299.
  30. ^ “山口県の文化財 武久浜墳墓群出土品”. 山口県. (--). http://bunkazai.pref.yamaguchi.lg.jp/bunkazai/detail.asp?mid=110074&pid=bl 2016年1月7日閲覧。 
  31. ^ 藤尾 2015, p. 141.
  32. ^ 市 2012, p. 191.
  33. ^ 田中 2009, p. 137.
  34. ^ 栄原 2011, p. 第4章.
  35. ^ 市 2012, p. 151.
  36. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 23.
  37. ^ 市 2012.
  38. ^ 松村 2004.
  39. ^ 東野 1997, p. 14.
  40. ^ 三上 1998, p. 第11章.
  41. ^ 栄原 2011.
  42. ^ 三上 1998, p. 174.
  43. ^ 石原 2003, p. 14.
  44. ^ 東野 1997, p. 22.
  45. ^ 森 2016.
  46. ^ a b 三上 1998, p. 第7章、第8章.
  47. ^ 三上 1998, p. 154.
  48. ^ 三上 1998.
  49. ^ 三上 1998, p. 155.
  50. ^ 三上 1998, p. 142.
  51. ^ 三上 1998, p. 148.
  52. ^ 高木 2018, p. 52.
  53. ^ 丸山 2010, p. 211.
  54. ^ 桜井 2017, p. 199, 211.
  55. ^ 瀧澤 1996, p. 2.
  56. ^ 田中 2009, p. 145.
  57. ^ 丸山 2010, p. 第7章.
  58. ^ 工藤 2011, p. 11.
  59. ^ 大田 1995.
  60. ^ 河添 2014, p. 103.
  61. ^ 河添 2014, p. 108.
  62. ^ 斉藤 2014.
  63. ^ 四日市 2008.
  64. ^ 東野 1997, p. 77.
  65. ^ 中島 1999, p. 121.
  66. ^ 早島 2018, p. 133.
  67. ^ 東野 1997, p. 92.
  68. ^ 高木 2018, p. 78.
  69. ^ 河添 2014, p. 143.
  70. ^ 網野 1994.
  71. ^ 谷本, 今村 2017, p. 202.
  72. ^ 高木 2018, p. 34.
  73. ^ 高木 2018, p. 153.
  74. ^ a b 桜井 1996, p. 第8章.
  75. ^ 早島 2018, p. 97.
  76. ^ 早島 2018, p. 113.
  77. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 48.
  78. ^ 桜井 2017, p. 269.
  79. ^ 早島 2018, p. 234.
  80. ^ 桜井 2017, p. 263.
  81. ^ 早島 2018, p. 232.
  82. ^ 桜井 2017, p. 264.
  83. ^ 笠松 1983.
  84. ^ 早島 2018, p. 121.
  85. ^ 桜井 2017, p. 63.
  86. ^ 桜井 2017, p. 71.
  87. ^ 桜井 2017, p. 76.
  88. ^ フロイス 1991, p. 第14章19段.
  89. ^ 黒田 2014.
  90. ^ 高木 2018, p. 103.
  91. ^ 高木 2018, p. 122.
  92. ^ 東野 1997, p. 第8章.
  93. ^ 日本銀行金融研究所 1997.
  94. ^ 本多 2015, p. 16.
  95. ^ 本多 2015, p. 20.
  96. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 202.
  97. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 65.
  98. ^ 本多 2015, p. 22.
  99. ^ 本多 2015, p. 31.
  100. ^ a b 本多 2015, p. 46.
  101. ^ 宮田 2017.
  102. ^ 高島, 深尾, 西谷 2017.
  103. ^ 桜井 2017, p. 198, 210.
  104. ^ 桜井 2017, p. 243.
  105. ^ 永原 1996, p. 64,81.
  106. ^ 永原 1996, p. 86.
  107. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 205.
  108. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 10.
  109. ^ 東野 1997, p. 151.
  110. ^ 本多 2012.
  111. ^ a b 三上 1996.
  112. ^ 高木 2018, p. 139, 148.
  113. ^ 高木 2018, p. 171.
  114. ^ 櫻木 2009.
  115. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 41、p.80、p.96.
  116. ^ 高槻, 牧原, 柴本 2017, p. 109.
  117. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 45, 112.
  118. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 209.
  119. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 233.
  120. ^ a b 瀧澤, 西脇 1999, p. 280.
  121. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 96.
  122. ^ 高木 2018, p. 178.
  123. ^ 谷本, 今村 2017, p. 201.
  124. ^ 植村 1994, p. 19.
  125. ^ 植村 1989, p. 25.
  126. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 142.
  127. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 129.
  128. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 131.
  129. ^ 植村 1994, p. 20.
  130. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 307.
  131. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 112.
  132. ^ 高槻, 牧原, 柴本 2017, p. 107.
  133. ^ 高槻 2012, p. 71.
  134. ^ 高槻 2012, p. 32.
  135. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 22.
  136. ^ a b 高槻, 牧原, 柴本 2017, p. 111.
  137. ^ 高槻, 牧原, 柴本 2017, p. 127.
  138. ^ 高槻, 牧原, 柴本 2017, p. 120.
  139. ^ 斎藤, 高島 2017, p. 93.
  140. ^ 斎藤, 高島 2017, p. 90.
  141. ^ 金子 2013, p. 25.
  142. ^ 金子 2013, p. 18.
  143. ^ 斎藤, 高島 2017, p. 93, 99.
  144. ^ 永積 2000.
  145. ^ 岡 2010, p. 132.
  146. ^ 岡 2010, p. 154.
  147. ^ 田代 2002, p. 115.
  148. ^ 瀬川 2015.
  149. ^ 瀬川 2015, p. 251.
  150. ^ 佐々木 1996, p. 212.
  151. ^ 佐々木 1996, p. 181.
  152. ^ 東野 1997, p. 第11章、第12章.
  153. ^ 嶋谷 1998.
  154. ^ 丹野 1999.
  155. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 254.
  156. ^ 村井 2007, p. 第5章.
  157. ^ 東野 1997, p. 231.
  158. ^ 三上 2011, p. 第3章.
  159. ^ 三上 2011, p. 第4章.
  160. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 157.
  161. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 159.
  162. ^ 植村 1989, p. 72.
  163. ^ 植村 1989, p. 44.
  164. ^ 東野 1997, p. 251.
  165. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 60.
  166. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 77.
  167. ^ 瀧澤, 西脇 1999, p. 165.
  168. ^ 植村 1994, p. 51.
  169. ^ 糟谷 1996, p. 68.
  170. ^ 多田井 1997, p. 上巻.
  171. ^ 岡崎 1997, p. 第2章.
  172. ^ a b 中村 1994.
  173. ^ 植村 1989, p. 126.
  174. ^ 若田部 2003.
  175. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 160.
  176. ^ 岩田 2004.
  177. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 163.
  178. ^ 湯浅 1998, p. 399.
  179. ^ a b c 多田井 1997, p. 下巻.
  180. ^ a b 梶谷 2016.
  181. ^ 多田井 1997, p. 240.
  182. ^ 小林 1993, p. 第3章.
  183. ^ 橋野 2005.
  184. ^ 落合 1999.
  185. ^ 金子 2013, p. 36.
  186. ^ 金子 2013, p. 22.
  187. ^ 金子 2013, p. 26.
  188. ^ 金子 2013, p. 51.
  189. ^ 金子 2013, p. 54.
  190. ^ 金子 2013, p. 95.
  191. ^ 金子 2013, p. 142.
  192. ^ 金子 2013, p. 72.
  193. ^ 金子 2013, p. 100.
  194. ^ 片岡 2012, p. 108.
  195. ^ 冨田 1994, p. 第3章第2節.
  196. ^ 植村 1994, p. 25.
  197. ^ 吉村 1988, p. 158.
  198. ^ a b c 岡崎 1997, p. 第4章.
  199. ^ 井村 2000, p. 110.
  200. ^ 井村 2000, p. 113.
  201. ^ 井村 2000, p. 100.
  202. ^ 片岡 2012, p. 110.
  203. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 242.
  204. ^ 東野 1997, p. 239.
  205. ^ 片岡 2012, p. 116.
  206. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 310.
  207. ^ 片岡 2012, p. 145.
  208. ^ 岡田, 浜田 2009.
  209. ^ 片岡 2012, p. 154.
  210. ^ 片岡 2012, p. 166.
  211. ^ 片岡 2010, p. 157.
  212. ^ クルーグマン 2009, p. 第8章.
  213. ^ 小林、中林 2010, p. 139, 144.
  214. ^ 金子 2013, p. 140.
  215. ^ 金子 2013, p. 187.
  216. ^ 毎月勤労統計調査を巡る不適切な取扱いに係る事実関係とその評価等に関する報告書について (PDF)”. 厚生労働省. p. 26 (2019年1月). 2019年4月10日閲覧。
  217. ^ 岡田 2008, p. 155.
  218. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 22.
  219. ^ 電子マネー及び電子決済に関する懇談会 報告書 (PDF)”. 大蔵省銀行局 (1997年5月). 2019年4月16日閲覧。
  220. ^ 外国為替及び外国貿易法 (PDF)” (2017年5月). 2019年4月16日閲覧。
  221. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 24.
  222. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 27.
  223. ^ 加藤, 秋谷 2000, p. 343.
  224. ^ キャッシュレス・ビジョン (PDF)”. 経済産業省. p. 26 (2018年4月). 2018年10月10日閲覧。
  225. ^ 未来投資戦略 2017 (PDF)”. 首相官邸. p. 74 (2017年6月9日). 2018年10月10日閲覧。
  226. ^ キャッシュレス・ビジョン (PDF)”. 経済産業省. p. 23 (2018年4月). 2018年10月10日閲覧。
  227. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 7.
  228. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 12.
  229. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 119.
  230. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 215.
  231. ^ 岡田, 高橋, 山崎 2015, p. 218.
  232. ^ “ジンバブエ基礎データ”. 外務省. (2016年3月18日). http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/zimbabwe/data.html 2016年1月7日閲覧。 


「日本の貨幣史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の貨幣史」の関連用語

日本の貨幣史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の貨幣史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の貨幣史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS