失われた20年とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 失われた20年の意味・解説 

失われた20年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/28 16:26 UTC 版)

失われた20年(うしなわれた20ねん)とは、日本経済バブル期(安定成長期)終焉後である1990年代前半から約20年以上にわたり低迷した期間(好景気時でも実質経済成長率が5%以下の低成長)を指す語である。




注釈

  1. ^ 平成不況や複合不況とも呼ばれる。
  2. ^ この間に周期上では景気回復とされる時期(カンフル景気(1993年-1997年)、IT景気(1999年-2000年))は存在するが、一時的な景気回復であり、完全に景気は改善されなかった。
  3. ^ 景気自動安定化の例として、法人税の場合は景気悪化で企業収益が悪化すれば自動的に税率が下がるために収める税額は減り、企業の負担は減る。
  4. ^ これはアルバイト、パートタイマーや派遣労働者といった非正規雇用を含むことに注意すべきである。

出典

  1. ^ 『物価と成長 「失われた20年」だったのか』 朝日新聞2017年12月12日「波聞風問」、原真人編集委員
  2. ^ プロジェクト 失われた20年の検証 - 日本再建プロジェクト。
  3. ^ a b 池田信夫エコノMIX異論正論 「「失われた30年」に向かう日本」(ニューズウィーク日本版 2010年12月23日
  4. ^ http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_0901f.pdf
  5. ^ (第28回)「失われた15年」で拡大した所得格差 | 野口悠紀雄の「震災復興とグローバル経済〜〜日本の選択」(野口悠紀雄の「経済危機後の大転換〜〜ニッポンの選択」) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
  6. ^ 政権交代の失われた15年 | 池田信夫 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
  7. ^ 失われた15年からの覚醒、日米の持ち味は違う - ニュース - nikkei BPnet
  8. ^ http://news.mynavi.jp/column/economytsubo/020/
  9. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H6H_W5A001C1MM8000/
  10. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HI4_Y5A500C1000000/
  11. ^ Slow-growth economics: some lessons from Japan Jeffrey Frankel, The Guardian, 13 Sep 2013
  12. ^ 田村秀男『財務省「オオカミ少年」論』
  13. ^ 田村秀男 (2010年6月15日). “【経済が告げる】編集委員・田村秀男 カンノミクスの勘違い (1/3ページ)” (日本語). 産経新聞 (産経新聞社). オリジナル2010年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100616112438/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100615/plc1006150300003-n1.htm 2012年4月9日閲覧。 
  14. ^ National accounst of OECD countries detailed table volume 2a 1993-2004, OECD (2006)
  15. ^ 日本のGDPデフレーターの推移
  16. ^ 平成23年国民生活基礎調査。“22年世帯所得は昭和62年並みに低下、平均538万円”. 産経. (2012年7月5日). http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120705/ecc1207051847005-n1.htm 
  17. ^ 田中秀臣 『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』 主婦の友社、2013年、84頁。
  18. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、12頁。
  19. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、182-183頁。
  20. ^ 池田信夫 『希望を捨てる勇気-停滞と成長の経済学』 ダイヤモンド社、2009年、89頁。
  21. ^ ジェラルド・カーティス; George Nishiyama (2014年12月5日). “【特別企画】日本は5年後も日本のまま=ジェラルド・カーティス氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB12598258265585683745604580317570476296194 2014年12月6日閲覧。 
  22. ^ 三和総合研究所編 『30語でわかる日本経済』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年、206頁。
  23. ^ 経済・マネー 黒田日銀、“実弾”100兆円投入へ! 給料アップ、株価「年内2万円も」ZAKZAK 2013年3月19日
  24. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、236頁。
  25. ^ 自殺者数の年度推移
  26. ^ Paul Krugman"JAPAN'S TRAP" The Official Paul Krugman Web Page
  27. ^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
  28. ^ Nobody understands the liquidity trap (wonkish) The New York Times, The Conscience of a liberal, Paul Krugman 2010年7月14日
  29. ^ IS-LMentary The conscience of a liberal 2011年10月9日
  30. ^ Lessons from Japan's economic malaise Joseph Stiglitz, Project Syndicate 2003年3月12日
  31. ^ 関税・外国為替等審議会 外国為替等分科会最近の国際金融の動向に関する専門部会(第4回)議事録
  32. ^ スティグリッツ教授の経済教室、Joseph E. Stiglitz, 藪下史郎、藤井清美 2007年(ダイヤモンド社)
  33. ^ オピニオン 政治経済 国の借金は減っている アベノミクスに増税は必要ない教育×WASEDA ONLINE 2014年12月22日
  34. ^ 『世界の99%を貧困にする経済』 119頁。
  35. ^ 「「失われた30年」を避けるには」塩沢由典「「失われた30年」を避けるには」
  36. ^ 「失われた30年」となる可能性も次の10年を考えて投資しよう MONEYzine「土居雅紹のeワラントコラム」
  37. ^ いまこそ「失われた30年」をもたらした「中曽根政治」の総括が必要だ 広島瀬戸内新聞社主・佐藤周一、JANJANブログ
  38. ^ IMFは『失われた30年』認定、首相の強気は虚構 団藤保晴ブログ「Blog vs. Media 時評」2015年1月25日。団藤は朝日新聞で記者・編集委員を務めたジャーナリスト
  39. ^ 日本、先進国から脱落?…経団連の研究機関予測 読売新聞2012年4月16日
  40. ^ ウクライナがデフォルトで新たな金融危機もiFOREX 2016年1月6日
  41. ^ 米国株式市場は大幅下落、中国懸念や原油安などで3カ月ぶり安値朝日新聞 2016年1月7日
  42. ^ ピーター・ティールの「未来の終わり」論
  43. ^ 「1ドル75円」と「失われた30年」


「失われた20年」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「失われた20年」の関連用語

失われた20年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



失われた20年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの失われた20年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS