日本の硬貨とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の硬貨の意味・解説 

日本の硬貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/17 15:07 UTC 版)

日本の硬貨(にほんのこうか)では、日本流通している(若しくは過去に流通していた)硬貨について解説する。




  1. ^ 『景気対策を目的とした政府貨幣増発の帰結 - UFJ総合研究所』UFJ総合研究所、2003年、ウェブアーカイブ
  2. ^ a b 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.70 1998年
  3. ^ 貨幣の量目は、通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令(昭和63年政令第50号)に定められる。なお、厚さは法令では定められていない。
  4. ^ mm
  5. ^ 尺貫法でいう1
  6. ^ 偽造100円白銅貨幣について
  7. ^ 令和元年の硬貨、流通は夏以降 平成より時間かかる見通し 沖縄タイムスプラス 2019年4月1日 16時20分
  8. ^ 5円硬貨や50円硬貨などで、希に穴がズレたまま発行されることもある。確かに希少ではあるものの、ここでは扱わない。
  9. ^ 造幣局 年銘別貨幣製造枚数
  10. ^ 日本銀行が行う損傷現金の引換えについて : 日本銀行 Bank of Japan”. www.boj.or.jp. 2019年1月12日閲覧。
  11. ^ ただし偽造が問題になった一部の記念貨幣については真贋鑑定に回され、入金等が遅れる場合もあるが、それは合法的対応である。
  12. ^ ゆうちょ銀行を含む
  13. ^ なおこの場合、法的には法貨としての強制通用力(同一額面20枚まで)が問題になるとも考えられるが、一般的な対応としては、通常の銀行(ゆうちょ銀行含む)であれば全て20枚制限とは関係なく、常識的な範疇であれば大量の硬貨でも受け入れている。ただし銀行によって対応が異なり、非常識な量であれば強制通用力を盾にとって両替業務として対応(手数料徴収)する可能性もある(ゆうちょ銀行は両替業務を行わない建前上、受入れを拒否もできる)。なお、これらの「受入れ」にはATMによる受入れは含まない(ATMへの硬貨大量入金は多くの場合制限されているし、対応義務もない)。
  14. ^ なお20枚以下の、日本国内での通用力が停止されていない全ての硬貨、記念硬貨または貨幣については強制通用力を持つため、通常の銀行(ゆうちょ銀行を含む)は原則として受け入れを拒否できない(対応義務)。なお、昭和28年少額貨幣整理法により、円未満の銭貨、厘貨は通用停止となっており円未満の問題は生じない。
  15. ^ 届け出当日中に全部を交換できない場合もある
  16. ^ a b 普通銀行など。ゆうちょ銀行を除く)
  17. ^ 本支店窓口では、なるべく届出者により汚損硬貨の洗浄、乾燥などを求めている。
  18. ^ https://www.boj.or.jp/about/services/bn/sonsyo.htm/
  19. ^ 金地金として自ら処分等
  20. ^ 自ら処分等


「日本の硬貨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の硬貨」の関連用語

日本の硬貨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の硬貨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の硬貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS