黄銅とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 黄銅 > 黄銅の意味・解説 

おう‐どう〔ワウ‐〕【黄銅】

亜鉛との合金黄色のものが多く亜鉛の量が少なと金色を呈する金具機械部品金箔代用などに使用穴あき5円硬貨材料とする。真鍮(しんちゅう)。


こう‐どう〔クワウ‐〕【黄銅】

真鍮(しんちゅう)」に同じ。


黄銅

copper-zinc alloys:brass
主成分(59.0~71.5%)とする亜鉛との合金(C 2600~C 2801)。
参考1 ただし、亜鉛以外の元素添加がある場合は、次のすべてを満たすこと
a)亜鉛の量が他の各元素より大
b)ニッケル含有量は5%以下
c)すず含有量は3.5%以下
2亜鉛割合によって60/40黄銅、65/35黄銅、70/30黄銅と呼ばれる場合もある。

黄銅

黄銅(おうどう)は、亜鉛との合金で、特に亜鉛20%以上のものを言います。加工しやすいので工業材料などとして幅広く用いられています。俗に真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。
亜鉛割合によって、六四黄銅、七三黄銅と呼ばれ、六四黄銅では黄金色に近い黄色示しますが、亜鉛割合多くなるにつれて色が薄くなり、少なくなるにつれて赤みを帯びます。亜鉛20%未満赤みの強いものは丹銅よばれる一般に亜鉛割合が増すごとに硬度増しますが、もろさも増すため、45%以上で実用にはなりません。
その他にも、被削性高めるために鉛を添加した快削黄銅や、錫を添加耐海水性高めネーバル黄銅などがあります
現在発行されている5円硬貨もこの素材で、また、金に似た美し黄色光沢放つことから金の代用品にもされ、日本では仏具などに多用されています。

黄銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 18:55 UTC 版)

黄銅(こうどう、おうどう[1]: brass)は、亜鉛合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。


  1. ^ 「こうどう」は漢音、「おうどう」は呉音
  2. ^ Thornton, C. P. (2007) "Of brass and bronze in prehistoric southwest Asia" in La Niece, S. Hook, D. and Craddock, P.T. (eds.) Metals and mines: Studies in archaeometallurgy London: Archetype Publications. 1-904982-19-0
  3. ^ de Ruette, M. (1995) "From Contrefei and Speauter to Zinc: The development of the understanding of the nature of zinc and brass in Post Medieval Europe" in Hook, D.R. and Gaimster, D.R.M (eds) Trade and Discovery: The Scientific Study of Artefacts from Post Medieval Europe and Beyond London: British Museum Occasional Papers 109
  4. ^ a b Craddock, P.T. and Eckstein, K (2003) "Production of Brass in Antiquity by Direct Reduction" in Craddock, P.T. and Lang, J. (eds) Mining and Metal Production Through the Ages London: British Museum pp. 226–7
  5. ^ Rehren and Martinon Torres 2008, pp. 170–5
  6. ^ Thornton 2007, pp. 189–201
  7. ^ Zhou Weirong (2001). “The Emergence and Development of Brass Smelting Techniques in China”. Bulletin of the Metals Museum of the Japan Institute of Metals 34: 87–98. オリジナルの2012-01-25時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120125061916/http://sciencelinks.jp/j-east/article/200112/000020011201A0425152.php. 
  8. ^ 金属の切削加工材としては、金や純銅などの軟らかい金属は展延性がありすぎて粘りが強く、硬い金属は削りにくく割れやすくどちらも微細な切削加工はしにくい。
  9. ^ M. F. Ashby; Kara Johnson (2002). Materials and design: the art and science of material selection in product design. Butterworth-Heinemann. pp. 223–. ISBN 978-0-7506-5554-5. https://books.google.com/books?id=-RN57euC7x8C&pg=PA223 2011年5月12日閲覧。 
  10. ^ a b “平安期の金字経から真ちゅう 制作者、費用ごまかす?”. 日本経済新聞. (2014年4月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2104C_R20C14A4CR8000/ 2014年4月21日閲覧。 
  11. ^ a b c “平安の金字経に黄銅 利ざや稼ぐ? 発色のため?”. 東京新聞. (2014年4月22日). オリジナルの2014年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140429205011/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014042202000144.html 2016年10月7日閲覧。 
  12. ^ a b c “真鍮合金、平安期に - 定説覆す発見/奈良大が分析”. 奈良新聞. (2014年4月22日). http://www.nara-np.co.jp/20140422090033.html 2014年4月29日閲覧。 


「黄銅」の続きの解説一覧

黄銅

出典:『Wiktionary』 (2018/06/19 22:01 UTC 版)

名詞

おうどうこうどう

  1. 亜鉛合金真鍮ともいう。

翻訳




黄銅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄銅」の関連用語

黄銅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄銅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2020 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2020 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの黄銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS