六四とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 六四の意味・解説 

むしょ【虫・六四】

〔名〕 (「むしよせば(虫寄場)」の略「むしよ」の変化した語) 監獄のことをいう、盗人仲間隠語。〔隠語輯覧(1915)〕

*聖ヤクザ(1949)〈田中英光〉「そうよ、刑務所(ムショ)から出たばかり家なしだ」

[補注]刑務所」の略と解されることもあるが、「監獄」を「刑務所」と改称したのは大正一一年(一九二二)で、この語はそれ以前から使われていた。


六四

読み方:むし

  1. 監獄ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・三重県
  2. 監獄総称シテ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・静岡県
  3. 監獄ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・静岡県
  4. 監獄署ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎部・長野県〕
  5. 同(※「にし」参照)。〔第五類 官吏官舎之部・島根県
  6. 監獄署ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・和歌山県
  7. 監獄獄内囚人供給スル麦飯平常米麦四分六分割合ナリト云ヒ来レル意味ニ用ユ。〔第五類 一般建物
  8. 牢獄
  9. 〔犯〕牢獄のこと。「ホンムシ」「カリムシ」の条参照
  10. 刑務所を云ふ。
  11. 刑務所刑務所では米、麦四六の割にて飯を焚より。
  12. 刑務所富山清水名古屋前橋 闇屋犯罪者仲間
  13. 留置場徳島小笠原名古屋 犯罪者仲間
  14. 刑務所。〔掏摸
  15. 刑務所留置場。〔闇屋
  16. 留置場。旧刑訴下に行われ検束蒸し返しより出た語。〔盗〕
  17. 刑務所留置場のこと。「むしよせば」ともいう。

分類 三重県和歌山県島根県掏摸、犯、犯罪者仲間犯罪者露天商人、盗/犯罪長野県闇屋犯罪者仲間露店商静岡県香具師


六四

読み方:むす

  1. 北海道監獄-〔東北地方〕。〔第五類 一般建物
  2. 刑務所。「むし」の転訛。〔東北地方

分類 東北地方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

六四天安門事件

(六四 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 13:44 UTC 版)

六四天安門事件(ろくしてんあんもんじけん)は、1989年6月4日日曜日)に中華人民共和国北京市にある天安門広場民主化を求めて集結していたデモ隊に対し、軍隊が武力行使し、多数の死傷者を出した事件である。


  1. ^ 天安門30年、北京厳戒 記者の広場入場拒否 犠牲者の墓〝見張り〟”. 西日本新聞ニュース (2019年6月5日). 2020年12月20日閲覧。
  2. ^ Pan, Philip P. (2008). Out of Mao's Shadow: The Struggle for the Soul of a New China. Simon & Schuster. p. 274. ISBN 978-1416537052 
  3. ^ "Keesing's Record of World Events". Volume 35, p. 36587. 1989.
  4. ^ a b Nathan, Andrew J. (January/February 2001). “The Tiananmen Papers”. Foreign Affairs. 2004年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  5. ^ 知恵蔵 朝日新聞出版
  6. ^ 隔牆有耳: VIIV現天安門 蘋果日報-要聞港聞20090604
  7. ^ “今天是5月35日” FT中文网 (FTChinese.com)
  8. ^ ジェームズ・R・リリー 2006, p. 289
  9. ^ a b c 『趙紫陽 極秘回想録』趙紫陽著(光文社 2010年)
  10. ^ ジェームズ・R・リリー 2006, p. 291
  11. ^ 高新『卑微与輝煌 一個「六四」受難者的獄中札記』p.325(台北 91年 聯経出版事業公司)
  12. ^ http://www25.big.or.jp/~yabuki/2011-15/2014.06.04.25anniversary.pdf 矢吹晋中国研究室 天安門事件25周年 『情況』2014年9-10月合併号
  13. ^ a b https://www.nakanihon.ac.jp/nacinfo/common/doc/college/ronso/nac_ronso_032-09.pdf 中日本自動車短期大学 「論叢」32号 天安門事件の証言者は語る 事件当日、広場に最後までいた候徳健氏に聞く
  14. ^ https://nsarchive2.gwu.edu/NSAEBB/NSAEBB16/docs/doc14.pdf 死傷者
  15. ^ SAPIO(2002/04/10号)特別図解『李鵬[4月来日]の「天安門流血粛清」全手口を暴く/惠谷治』
  16. ^ http://www.tsquare.tv/chinese/archives/chailin89528.html 天安门 THE GATE OF HEAVENLY PEACE
  17. ^ http://news.boxun.com/news/gb/pubvp/2009/06/200906151216.shtml 柴玲起诉卡玛,是不是“恶意诉讼”?/茉莉 博讯北京时间2009年6月15日 来稿
  18. ^ https://www.youtube.com/watch?v=27T63QNLpqg 1989柴玲: 我們期待的就是流血 (內附20年後在美國做貴婦的柴玲)
  19. ^ 前川亨「<法学部140回連続講演 第70回講演記録>1989年6月4日の北京を振り返る(講演,専修大学神田校舎,2017年10月3日)」『専修大学法学研究所所報』第55巻、専修大学法学研究所、2017年12月20日、 60-86頁。
  20. ^ 天安門事件関連の米公文書を公開、「兵士が笑いながら発砲」 - フランス通信社
  21. ^ National Security Archive Electronic Briefing Book No. 473 Tiananmen at 25 Years
  22. ^ National Security Archive Electronic Briefing Book No. 473 Tiananmen at 25 Years Document9
  23. ^ Jay Mathews (2010年6月4日). [https://archives.cjr.org/behind_the_news/the_myth_of_tiananmen.php “The Myth of Tiananmen And the price of a passive press”]. Columbia Journalism Review. https://archives.cjr.org/behind_the_news/the_myth_of_tiananmen.php 2019年4月5日閲覧。 
  24. ^ 『中国共産党に消された人々』(相馬勝・小学館 2002年)30ページ
  25. ^ 矢吹晋 (1989年8月12日). チャイナ・クライシス重要文献, 第3巻. 蒼蒼社. p. 173. http://www8.big.or.jp/~yabukis/chosa2/1989.12crisis3.pdf#page=172 
  26. ^ 矢吹晋 (1990年6月). 『天安門事件の真相』上巻. 蒼蒼社. http://www8.big.or.jp/~yabukis/chosa2/1990.06shinso1.pdf#page=218 
  27. ^ Birth of a massacre myth 虐殺神話の誕生”. gregory clark (2008年7月21日). 2019年4月6日閲覧。
  28. ^ Black info and media gullibility: creation of the Tiananmen myth ブラック・インフォメーションとだまされやすいメディア― 天安門神話の創造”. gregory clark (2011年7月21日). 2019年4月6日閲覧。
  29. ^ What really happened at Tiananmen? 天安門で実際に何があったのか”. gregory clark (2014年6月3日). 2019年4月6日閲覧。
  30. ^ 劉暁波と天安門の非虐殺”. gregory clark (2017年9月). 2019年4月6日閲覧。
  31. ^ https://www.j-cast.com/2019/04/27356207.html
  32. ^ http://web.archive.org/web/20190706041411/https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586159/index.html
  33. ^ ジェームズ・R・リリー 2006, p. 313
  34. ^ Document 14: Cable, From: U.S. Embassy Beijing, To: Department of State, Wash DC, SITREP No. 32: The Morning of June 4 (June 4, 1989)”. The National Security Archive. 2019年4月6日閲覧。
  35. ^ “天安門事件の死者は「1万人」 英外交機密文書”. BBC. (2017年12月26日). https://www.bbc.com/japanese/42482642 
  36. ^ Adam Lusher (2017年12月23日). “At least 10,000 people died in Tiananmen Square massacre, secret British cable from the time alleged”. Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/asia/tiananmen-square-massacre-death-toll-secret-cable-british-ambassador-1989-alan-donald-a8126461.html 
  37. ^ “No, 10,000 Were Not Killed In China’s 1989 Tiananmen Crackdown”. (2017年12月25日). https://supchina.com/2017/12/25/no-10000-not-killed-in-tiananmen-crackdown/ 
  38. ^ Berlinski, Claire, "A Hidden History of Evil", City Journal, Spring 2010.
  39. ^ Document 31: Cable, From: U.S. Embassy Beijing, To: Department of State, Wash DC, What Happened on the Night of June 3/4? (June 22, 1989)”. The National Security Archive. 2019年4月6日閲覧。
  40. ^ NICHOLAS D. KRISTOF (1989年6月21日). “A Reassessment of How Many Died In the Military Crackdown in Beijing”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1989/06/21/world/a-reassessment-of-how-many-died-in-the-military-crackdown-in-beijing.html 
  41. ^ Malcolm Moore (2011年6月4日). “Wikileaks: no bloodshed inside Tiananmen Square, cables claim”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/wikileaks/8555142/Wikileaks-no-bloodshed-inside-Tiananmen-Square-cables-claim.html 
  42. ^ LATIN AMERICAN DIPLOMAT EYEWITNESS ACCOUNT OF JUNE 3-4 EVENTS ON TIANANMEN SQUARE”. WikiLeaks. 2019年4月6日閲覧。
  43. ^ BLOOD AND BITTERNESS: A SOLDIER'S TALE OF TIANANMEN”. Wikileaks (1990年3月26日). 2019年4月6日閲覧。
  44. ^ 海辺和彦 1993, p. 307
  45. ^ 毎日新聞社会部 1995, p. 162
  46. ^ 30年前の天安門事件、「流血の北京」克明に=抵抗市民に発砲-防衛駐在官メモ:時事ドットコム
  47. ^ 防衛駐在官メモが語る「六四天安門事件」~「勇気ある市民」流血の記録~(上):時事ドットコム
  48. ^ “尖閣戦争から1年…中国「二重スパイを逮捕」”. 中央日報. (2013年9月12日). オリジナルの2021年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210224213225/https://japanese.joins.com/JArticle/176056?servcode=A00&sectcode=A00 
  49. ^ 村田忠禧『89年天安門事件における「虐殺」説の再検討』東京大学教養学部外国語科 外国語科研究紀要〈第41巻第5号〉、1994年3月。
  50. ^ 『ソ連の「社会主義」とは何だったのか』大谷禎之介大西広山口正之大月書店、1996年3月1日、211頁。ISBN 4272170112
  51. ^ アングル:天安門事件30年で中国厳戒、「AI検閲」フル稼働”. ロイター (2019年5月30日). 2019年6月3日閲覧。
  52. ^ テイラー・スウィフトが中国で検閲対象に? その理由は The Huffington Post, 2015年07月26日
  53. ^ 天安門事件の記念日を前に、中国でTwitter遮断 - ITmedia News
  54. ^ “中国政府、Chinese Wikipediaへのアクセスを遮断”. IT Media news. (2004年6月15日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0406/15/news055.html 
  55. ^ 天安門事件20年で厳戒態勢 NHKニュース 2009年6月4日付
  56. ^ 日中歴史研究のNHK放送中断=天安門事件映像、視聴制限か 1月31日21時21分配信 時事通信
  57. ^ 中国の天安門広場に傘を持った謎の男たちが出現、報道陣の取材を一斉に妨害 - GIGAZINE
  58. ^ “ノーベル平和賞授賞式「欠席を」 中国、欧州各国に書簡”. 朝日新聞. (2010年11月5日). http://www.asahi.com/special/nobel/TKY201011050548.html 
  59. ^ 「新たな天安門」は不可能に、監視と弾圧を強める中国”. AFPBB (2019年6月3日). 2019年6月3日閲覧。
  60. ^ 『中国における人権侵害―天安門事件以後の情況』 アムネスティ・インターナショナル アジア・ウオッチ著(1991年)矢吹晋、福本勝清訳
  61. ^ [1]『国防部部長・遅浩田が訪米した際に、「天安門広場で誰一人が殺されなかった」と発言』
  62. ^ 中国紙、天安門事件での政府の対応を擁護「政治的混乱への免疫力与えた」”. AFPBB (2019年6月3日). 2019年6月4日閲覧。
  63. ^ 天安門事件の鎮圧は「正しい」と中国国防相 30周年を前に異例の言及”. BBC (2019年6月2日). 2019年6月3日閲覧。
  64. ^ “中国共産党100年 強国路線拡大には無理がある”. 読売新聞. (2021年7月2日). オリジナルの2021年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210701204120/https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210701-OYT1T50232/ 
  65. ^ 「風化させるな」天安門事件18周年、香港で追悼集会 朝日新聞 2007年6月4日
  66. ^ Apple Daily(香港) 2012年6月5日、明報 2012年6月5日
  67. ^ 1989年6月6日JNNニュースデスク89
  68. ^ a b “社説 中国語教育強化 少数民族の抑圧は許されない”. 読売新聞. (2020年9月28日). オリジナルの2021年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210420025911/https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20200927-OYT1T50210/ 
  69. ^ a b “天安門事件とアルシュ・サミット”. 朝日新聞デジタル. (2004年8月5日). http://www.asahi.com/international/aan/column/040805.html 2018年1月12日閲覧。 
  70. ^ “第13代 宇野 宗佑”. 自由民主党. https://www.jimin.jp/aboutus/history/prime_minister/100337.html 2018年1月12日閲覧。 
  71. ^ 「日本現任和前任首相反対制裁中国」人民日報、1989年7月10日
  72. ^ 日本、対中非難緩和を模索 天安門後、G7声明修正協議―外交文書”. 時事通信 (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  73. ^ George Bush『All the Best, George Bush: My Life in Letters and Other Writings』435頁 1999年 ISBN 978-1501106675
  74. ^ Japan May Go Its Own Way on Economic Aid to China : Sanctions: Tokyo argues that Beijing should not be isolated from the world community. Kaifu will see Bush on Saturday.”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年7月6日). 2018年1月12日閲覧。
  75. ^ Turmoil in China; Asian Diplomats Express Concern, New York Times, 8 June 1989.(Prime Minister Lee Kuan Yew, speaking on behalf of the Cabinet, said they were shocked and saddened by the response of the Chinese government, adding that "we had expected the Chinese government to apply the doctrine of minimum force when an army is used to quell civil disorder.
  76. ^ 米政府、天安門事件の活動家釈放を要請 AFPBB News 2007年6月2日
  77. ^ 「徹底した虐殺行為だった」天安門事件30年、米国務省報道官 - 毎日新聞
  78. ^ 天安門、厳しい規制 非難の米国に中国「先生気取り」”. 朝日新聞 (2019年6月4日). 2019年6月6日閲覧。
  79. ^ 当時の行動「完全に正しかった」=発展の成果強調-天安門事件30年で中国政府”. 時事通信 (2019年6月4日). 2019年6月6日閲覧。
  80. ^ "China: Aftermath of the Crisis" State Department Bureau of Intelligence and Research, (27 July 1989)
  81. ^ Suettinger, Robert L. (2004). Beyond Tiananmen: The Politics of U.S.-China Relations 1989–2000. Brookings Institution Press. p. 105. ISBN 978-0-8157-8207-0.
  82. ^ 1989-06-15第3版面所有文章内容 - 人民日报1946-2003 - 老资料网”. www.laoziliao.net. 2021年2月25日閲覧。
  83. ^ Jeshurun, C. China, India, Japan and the Security of Southeast Asia. Institute of Southeast Asian Studies, 1993. ISBN 978-981-3016-61-3.
  84. ^ World leaders outraged at army action, The New Straits Times, 6 June 1989
  85. ^ ノーベル賞:平和賞に劉氏 授賞理由「長年、非暴力の闘い」
  86. ^ 「大国にひるまず」全会一致…ノーベル賞委員長
  87. ^ “平和賞の劉氏、「天安門犠牲者の魂に贈られた賞」と涙 - 国際”. 朝日新聞社. (2010年10月11日) 
  88. ^ “Qaddafi's Most Bizarre Moments in a Bizarre Speech”. The Atlantic. (2011年2月22日). https://www.theatlantic.com/international/archive/2011/02/qaddafi-s-most-bizarre-moments-in-a-bizarre-speech/342161/ 2018年8月31日閲覧。 
  89. ^ 【リビア騒乱】腹心の公安相が辞任し反乱を呼びかけ 内戦の様相 - MSN産経ニュース Archived 2011年2月24日, at the Wayback Machine.
  90. ^ “中国、カダフィ大佐の「天安門」発言に困惑”. 日本経済新聞. (2011年2月24日) 
  91. ^ “中国鉄建、リビアで受注した3件の鉄道工事、全面停止”. The Atlantic. (2011年3月8日). https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110308/Searchina_20110308037.html 2018年8月26日閲覧。 
  92. ^ “<中華経済>中国鉄建がリビアの幹線鉄道建設受注”. Record China. (2008年2月18日). https://www.recordchina.co.jp/b15778-s0-c20-d0000.html 2018年8月28日閲覧。 
  93. ^ “海洋安全保障雑感~米国東海岸便り(No.7)”. 海上自衛隊幹部学校 (海上自衛隊幹部学校). (2017年11月28日). https://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-095.html 2019年4月21日閲覧。 
  94. ^ “カダフィ政権への中国の武器売却疑惑、リビア暫定政府が調査”. AFP. (2011年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/2824880 2018年7月25日閲覧。 
  95. ^ “トランプ氏、天安門事件を「暴動」”. AFP. (2016年3月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3080107 2016年3月12日閲覧。 
  96. ^ “Tiananmen protest leader Wang Dan: Donald Trump sounds like a communist”. TIME. (2016年3月14日). http://time.com/4258064/tiananmen-protester-donald-trump-sounds-like-a-communist-leader/ 2016年5月5日閲覧。 
  97. ^ “トランプ氏の天安門事件「暴動」発言 謝罪求める声”. NHK. (2016年3月13日). オリジナルの2016年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160313082510/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160313/k10010441781000.html 2016年3月13日閲覧。 
  98. ^ “Tiananmen dissident Wuer Kaixi condemns Trump as an enemy of American values”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト. (2016年3月15日). http://www.scmp.com/news/world/article/1924569/tiananmen-dissident-wuer-kaixi-condemns-trump-enemy-american-values 2016年3月14日閲覧。 
  99. ^ “ベネズエラの「天安門事件」? 装甲車の前に立つ女性映像”. 産経ニュース. (2017年4月22日). https://www.sankei.com/world/news/170422/wor1704220023-n1.html 2019年5月1日閲覧。 
  100. ^ “女性が装甲車に対峙、「天安門事件を想起」と話題 ベネズエラ”. CNN. (2017年4月21日). https://www.cnn.co.jp/world/35100162.html 2019年5月1日閲覧。 
  101. ^ Fuwa, Tetsuzō.; 不破哲三. (2006-2007). Nihon Kyōsantō shi o kataru (Shohan ed.). Tōkyō: Shin Nihon Shuppansha. pp. 204-206. ISBN 9784406033237. OCLC 137282730. https://www.worldcat.org/oclc/137282730 
  102. ^ 天安門から30年、さらに悪化した中国の人権侵害 一党独裁体制は今もそのまま | JBpress(日本ビジネスプレス)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). 2019年6月4日閲覧。
  103. ^ 日本放送協会. “衆議院・参議院 選挙の歴史 | NHK選挙WEB” (日本語). www.nhk.or.jp. 2019年6月4日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「六四」の関連用語

六四のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



六四のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの六四天安門事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS