無政府共産主義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 無政府共産主義の意味・解説 

無政府共産主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 00:22 UTC 版)

無政府共産主義: anarchist communism)は、無政府主義(アナキズム)の潮流の一つ。人の自由と自律を尊び、不当な支配階級や経済格差の無い社会を目指し、「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」という原理を唱える。個人各々が自主的に組み合って、資源分配や生産方針を直接民主で決定する[1][2]。「能力に応じて働く」というのは、他者から雇用されるまでもなく自ら出来るところで生産するということで、生産手段が社会の全員へ開放されているのを前提する。「必要に応じて受け取る」というのは、生活に必要な財を貨幣等と交換せずに獲得できるということで、財が社会の富として充分に随時生産されているのを前提する。雇用者や富豪などの少数が利益目的で階級的・非民主的に生産・分配・所有を制御するところの資本主義を根本的に批判する[3][4]。ならびに、資本主義型支配に加担してきたとして国家を告発する。各地で個人が直に参与できる直接民主制の小規模共同体を基盤に、下意上達で罷免できる代理人を通じて大規模政策用に形成・改変する連邦群が、従来の国家に代われる、とする。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無政府共産主義」の関連用語

無政府共産主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無政府共産主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無政府共産主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS