スープラナショナリズムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 欧州連合の法律 > スープラナショナリズムの意味・解説 

スープラナショナリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 13:34 UTC 版)

スープラナショナリズム英語supranationalism)とは、国際法政治学、とくに国際関係論において、国家より上位にある次元の主体に権限を譲渡するという概念。日本語では超国家主義という表現があてられることが多いが、こちらはどちらかと言うと国粋主義や急進的国家主義などのような「ウルトラナショナリズム(ultranatonalism)」と同義で用いられている。上位となる組織は、たとえその参加国すべてが同意していなくとも拘束力を持つ決議を行うことができる。






「スープラナショナリズム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スープラナショナリズム」の関連用語

スープラナショナリズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スープラナショナリズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスープラナショナリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS