経済的自由主義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 経済的自由主義の意味・解説 

経済的自由主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/25 19:35 UTC 版)

経済的自由主義(けいざいてきじゆうしゅぎ、: Economic liberalism)とは、経済領域における個人主義イデオロギー的信条であり、経済における意思決定は最大限個人にゆだねるべきであり、組織集団によってなされるべきではないとするもの[1]。これには様々な経済政策が含まれるが、共通するのは市場経済制度と生産手段私有を強く支持することである。経済的自由主義では、政府による規制はある程度支持するが、政府が自由市場における自由取引と自由競争をさまたげる介入には反対する事が多い。しかし私有独占を排除する政府介入には肯定的であり、それは特定の人々(多くは貧困)の意思決定力を束縛することになることと考えているからである。経済的自由主義は、それが他人の自由を侵すものでない限り、個人が自らの金銭により選択する事をとても重要視する。


  1. ^ Ian Adams, Political Ideology Today (Manchester: Manchester University Press, 2001), 20.
  2. ^ Brown, Wendy. Edgework: critical essays on knowledge and politics. Princeton University Press, 2005. p. 39
  3. ^ a b Adam Smith”. econlib.org. 2013年1月24日閲覧。
  4. ^ Eric Aaron, What's Right? (Dural, Australia: Rosenberg Publishing, 2003), 75.
  5. ^ Adams, Ian. Political Ideology Today. Manchester U Press 2001. p 20


「経済的自由主義」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「経済的自由主義」の関連用語

経済的自由主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



経済的自由主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済的自由主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS