麦飯とは? わかりやすく解説

麦飯

読み方:むぎめし
別表記:麦めし麦メシムギメシ

大麦炊いたご飯。米と配合したものと麦のみのものがある。麦ごはん

ばく‐はん【麦飯】

読み方:ばくはん

麦だけ、または米に麦をまぜて炊いためし。むぎめし


むぎ‐いい〔‐いひ〕【麦飯】

読み方:むぎいい

むぎめし」に同じ。


むぎ‐めし【麦飯】

読み方:むぎめし

米に麦をまぜて炊いた飯。また、麦だけで炊いた飯。むぎいいばくはん。《 夏》「—に痩せもせぬなり古男/鬼城

吉原遊女を米(よね)というのに対しそれより劣る意》江戸赤坂溜池周辺私娼娼家転じて下等な遊女

「ちっと—も、また薬食ひだはな」〈伎・絵本合法衢


麦飯

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

麦飯

読み方:ムギメシ(mugimeshi)

米に大麦裸麦混ぜた

季節

分類 人事


麦飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/06 20:38 UTC 版)

麦飯(むぎめし、むぎいい、ばくめし、ばくはん)は、大麦裸麦などのだけで、あるいはと混ぜて炊いた[1][2]麦ご飯(むぎごはん)、バクシャリともいう。季語[3]


注釈

  1. ^ 2021年現在の押し麦の小売価格はコメよりも高く(1kg当たり10円以上)、麦飯を粗食とする社会通念は薄れつつある。これは小麦よりも安価とされたライ麦の価格が高騰したのと同じ現象である。

出典

  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ a b c d e 新谷 尚紀 他 『民俗小事典 食』 吉川弘文館、2013年、ISBN 978-4-642-08087-3 、26-29頁
  3. ^ 『俳句歳時記 第4版』角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  4. ^ 増田 昭子 『雑穀の社会史』 吉川弘文館、2001年、ISBN 4-642-07545-3 、46、79頁
  5. ^ 搗いた大麦(丸麦)のみの飯を東京の多摩地方や長野県などではオバク、バクメシといい、時には小豆いんげん豆などを混炊した。
  6. ^ デパートに続き大食堂も麦飯時代に『東京日日新聞』(昭和14年12月20日)『昭和ニュース辞典』第7巻 昭和14年-昭和16年』p709 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  7. ^ 家庭配給米に一-五割の麦を混入『東京朝日新聞』(昭和15年11月9日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p711 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  8. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』298頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  9. ^ 以上の記述は「乾物類之栞」 小松忠五郎商店編 1938
  10. ^ 大麦を5つのタイプに加工しました 株式会社 はくばく KOKUMOTSUを知ろう。
  11. ^ a b c 第3章 資料”. 文部科学省. 2020年5月20日閲覧。
  12. ^ 【2023年】ビタバァレーのおすすめ人気ランキング18選”. mybest (2023年3月6日). 2023年3月10日閲覧。
  13. ^ 収監されている牢の中に排便のための便器が在り、悪臭が漂うなど衛生環境が良くない中で食事を摂るから「臭いメシ」と表現されるという説もある。ただし、これは昭和中期以前のことであり、衛生環境が確立された現在では当てはまらない。
  14. ^ 堺利彦の記録によると、三食の予算が一銭二厘といい、南京米の飯は最初とても喉を通らなかったという
  15. ^ M. Hinata, M. Ono, S. Midorikawa, K. Nakanishi: Metabolic improvement of male prosonners with type 2 diabetes in Fukushima Prison, Japan, Diabetes Research and Clinical Practice, 77巻、327-332(2007)
  16. ^ 日向正光『塀の中の患者様』 祥伝社、2013年、ISBN 978-4-396-61481-2 、146-148頁
  17. ^ ラットにおける実験的糖尿病発症に対する大麦の効果、池上幸江、日本栄養・食糧学会誌 Vol.44 (1991) No.6


「麦飯」の続きの解説一覧

麦飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:19 UTC 版)

「飯」の記事における「麦飯」の解説

麦だけ、または麦と米を炊いた飯。普通は大麦である。

※この「麦飯」の解説は、「飯」の解説の一部です。
「麦飯」を含む「飯」の記事については、「飯」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「麦飯」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「麦飯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麦飯」の関連用語

麦飯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麦飯のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麦飯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの飯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS