ピラフとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 食品成分表 > ピラフの意味・解説 

ピラフ [1]フランス pilaf】

米をバターでいためて肉やタマネギなどを入れて塩・こしょう調味し,スープで炊いた洋風ご飯。また,洋風炒め飯にもいう。

ピラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/22 18:36 UTC 版)

ピラフトルコ語: pilavフランス語: pilaf)は、炒めたを様々な具とともに出汁香辛料を加えて炊いた料理。主にトルコ料理が有名であるが、インドから中近東を経て、南欧ギリシャにまで幅広く見られる米料理である。ウズベキスタンのマフムド(K.Mahmudov)の研究によれば、ピラフの語源はPALOV OŠで、Pはパヨズ(ネギ)、Aはアヨズ(ニンジン)、Lはラフム(肉)、Oはオリオ(脂)、Vはウェト(塩)、Oはオブ(水)、Sはシャルィ(米)を表すという[1]




  1. ^ 加藤九祚 『ユーラシア記』 法政大学出版局1984年、221頁。
  2. ^ 【わたしの料理】プロフ/文化の交差点 彩った(各国・郷土料理研究家 青木ゆり子さん)朝日新聞』夕刊2019年1月18日(生活面)2019年1月21日閲覧。
  3. ^ 『洋食の基本』 エイ出版社、2011年、100頁。
  4. ^ K. T. Achaya (1994). Indian food: a historical companion. Oxford University Press. p. 11. https://books.google.com/books?id=-cFcH2ZHWLcC. 
  5. ^ Priti Narain (14 October 2000). The Essential Delhi Cookbook. Penguin Books Limited. p. 116. ISBN 978-93-5118-114-9. https://books.google.com/books?id=lwt7O80fshwC&pg=PT116. 


「ピラフ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピラフ」の関連用語

ピラフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピラフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピラフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS