きんろうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > きんろうの意味・解説 

きん‐ろう〔‐ラウ〕【勤労】

[名](スル)

心身労し仕事にはげむこと。

「共に王事に—せよ」〈藤村夜明け前

賃金をもらって一定の仕事従事すること。「勤労学生


きん‐ろう【禁籠】

[名](スル)閉じこめて外に出さないこと。押し込めること。

「父は—せられ、子はいまだ稚(をさ)なし」〈太平記・二〉


きん‐ろう〔‐ラフ〕【金×鑞】


きん‐ろう ‥ラウ 【勤労】

〔名〕

① (━する) 心身労し仕事勤めること。勤めにはげむこと。また、勤務労苦

続日本紀天平一三年(741二月戊午「詔曰、馬牛代人、勤労養人」

集義和書(1676頃)三「或は勤労せしめ、或は遊楽せしむ」〔春秋左伝襄公三一年〕

経済で、直接には物の生産従事しないが、生産不可欠の、または、生産多大効果もたらす労力をいう。官吏教師医師などの労力の類。

民法明治二九年)(1896)一七〇条「医師産婆及び薬剤師治術、勤労及び調剤に関する債権


きん‐ろう【禁漏】

〔名〕 (禁中漏刻の意) 宮中備えてある水時計宮漏

菅家文草900頃)二・夏夜渤海客同賦月華静夜詩「仙峨弦未満 禁漏箭頻加」〔鄭谷‐南宮寓直詩〕


きん‐ろう ‥ラウ 【禁牢】

〔名〕 牢獄にとじこめておくこと。禁獄

浄瑠璃・本二十四孝(1766)四「すなはち科人同然なれば、この如く禁牢させ」


きん‐ろう【禁籠】

〔名〕 おしこめて自由を奪うこと。牢などにおしこめること。おしこめ

吾妻鏡文永三年(1266)四月二一日「帯武具諍闘夜廻等馳其所。生張本一両輩。被籠之。所残悉以逃亡

太平記14C後)二「父は禁籠(キンロウ)せられ子は未(いま)だ稚し


きん‐ろう ‥ラフ 【金鑞】

〔名〕 溶接鑞付け用い硬鑞(こうろう)の一つAg (銀)・ Cu)・ Zn亜鉛)・ Cdカドミウム)・ Au (金)などから成る金銀合金で、金製品の溶接用いる。


きん‐ろう【黔婁】

1 中国戦国時代の斉の隠士清貧甘んじて諸侯招き応ぜず、死んだ時、衾(ふすま)が小さくて体をおおうことができなかった。けんる。〔陶潜‐詠貧士詩其四〕

2 〔名〕 (転じて) 貧しい人。〔易林本節用集(1597)〕


きんろう

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:26 UTC 版)

同音異義語

きんろう




きんろうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きんろう」の関連用語

きんろうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きんろうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきんろう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS