白銅とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > 白銅の意味・解説 

はく‐どう【白銅】

ニッケル1525パーセント加え合金銀白色硬く展延性耐食性に富むので、硬貨装飾品に用いる。

白銅貨」の略。


白銅

copper-nickel alloys: cupronickel
主成分として、ニッケル9.0~33.0%、0.40~2.3%、マンガン0.20~2.5%、亜鉛1.0%以下を含む合金(C 7060~C 7164)。
参考 耐海水性高温強度優れ熱交換器伝熱管として用いられる。74.0~76.0%、ニッケル24.0~26.0%の貨幣用の合金もある。

白銅

作者志賀直哉

収載図書志賀直哉小説選 1
出版社岩波書店
刊行年月1987.3


白銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/11 16:13 UTC 版)

白銅(はくどう、cupronickel)は、を主体としニッケルを10%から30%含む合金である。




「白銅」の続きの解説一覧

白銅

出典:『Wiktionary』 (2017/10/29 04:09 UTC 版)

名詞

  (はくどう)

  1. 白銅貨の略称。
  2. ニッケル合金



白銅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白銅」の関連用語

白銅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白銅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2021 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの白銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS