手白香皇女とは? わかりやすく解説

手白香皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:07 UTC 版)

手白香皇女(たしらかのひめみこ、仁賢天皇2年以前 - 没年不詳)は、日本の第26代継体天皇皇后で、同天皇とは四従兄弟にあたる。仁賢天皇皇女で、母は春日大娘皇女。同母弟に武烈天皇がいる。『古事記』の表記は手白髪郎女。子に欽明天皇


  1. ^ 日本書紀』では越前三国(現福井県坂井市)、『古事記』では近江国と記す。
  2. ^ 白石(1993)p.166-167
  3. ^ 白石(1993)p.167-168
  4. ^ 現在の兵庫県三木市を中心とする地域
  5. ^ 『日本古代氏族人名辞典』(1990)。


「手白香皇女」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

手白香皇女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手白香皇女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手白香皇女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS