朝鮮通信使とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 使節 > 朝鮮通信使の意味・解説 

ちょうせん‐つうしんし〔テウセン‐〕【朝鮮通信使】

読み方:ちょうせんつうしんし

朝鮮国王が日本に派遣した外交使節団江戸時代、主に将軍代替わりの際などに来日し慶長12年(1607)から文化8年1811)まで12回を数えた朝鮮使節


朝鮮通信使

読み方:チョウセンツウシンシ(chousentsuushinshi)

江戸時代李氏朝鮮使節

別名 朝鮮来聘使


朝鮮通信使

作者碓井静照

収載図書おちょろ女と虚無僧
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2005.8


朝鮮通信使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 16:40 UTC 版)

朝鮮通信使(ちょうせんつうしんし)とは、室町時代から江戸時代にかけて朝鮮から日本へ派遣された外交使節団である。正式名称を朝鮮聘礼使(ちょうせんへいれいし)と言う。


注釈

  1. ^ 仲尾宏 『前近代の日本と朝鮮』明石書店、1989年。 では、元和度における豊臣縁故の方広寺大仏殿での饗応や耳塚見学の強要についても日本側の武威を誇示しようとしたのではないかとの見解が示されている
  2. ^ 御馳走役」を務めた沿道の大名は、その費用を村高役として臨時に農民に課し、幕府代官が御馳走役を務めた場合も費用自体は東海・西国の大名に国役として賦課されるため、やはり農民に課税される
  3. ^ https://collection.kyuhaku.jp/souke/introduce/02_4.html 九州国立博物館 対馬宗家文書 松平信綱の書状の紹介
  4. ^ 定信は儒学者中井竹山の影響もあり、「三韓征伐以来の朝貢国の朝鮮と、対等の立場で交わるのは古代以来の伝統と異なる」と考えていた[28]
  5. ^ 玄界灘の相島に専用の接待施設が設けられていた。1995年発掘調査が行われ、建物や井戸の跡が見つかっているほか、第9回の際に難破した警護船の死者の墓が残る。
  6. ^ 第10回は宇和島藩伊達村候、第11回は岡藩中川久貞が福山藩に代って担当した
  7. ^ 第1回は片桐貞隆豊臣秀頼の代官として兵庫城で接待した。
  8. ^ 三使はじめ上官は浜本陣と呼ばれる大商人宅に、中・下官はその他の商家や集会所、僧は阿弥陀寺に分宿した。
  9. ^ 第1回は片桐貞隆、第2回は堺奉行と大坂の豪商が接待を担当した
  10. ^ 第1回は寺沢広高肥前国唐津藩主)の大坂屋敷、第7回は東本願寺難波別院が宿所に使用された
  11. ^ 本国寺以外にも大徳寺(第1回-第3回)や本能寺(第9回)が宿所に使用された
  12. ^ 石川氏が伊勢亀山に転封後、代々伊勢亀山藩主の家役となった。
  13. ^ 三使・上上官判事・学士・医師は東門院に、上・次官は大光寺、中官以下はその他寺院等に分宿した。
  14. ^ 道路の通称として朝鮮人街道(巡礼街道)が残されている。
  15. ^ 第9回より
  16. ^ 第7回までは本誓寺(馬喰町
  17. ^ 以上洪禹載『東槎録』(1682)にみられる対馬側から要望された禁止事項の一部
  18. ^ 幕府が行った儒教に対する統制は寛政異学の禁以外にはほとんど無く、その制限も昌平坂学問所など官営の学校にしか及ばなかった

出典

  1. ^ 田中 (1996) p.116
  2. ^ 田中 (1997) 第1章
  3. ^ 田代 (2011) p.10
  4. ^ a b 吉田・他 (2011) p.65
  5. ^ 田中 (1996) p.84, 97
  6. ^ a b 須田 (2011)
  7. ^ 吉田・他 (2011) p.66
  8. ^ 「ユネスコ『世界の記憶』登録記念 特別展 朝鮮通信使 日韓の平和構築と文化交流の歴史」下関市立歴史博物館、2018年、p.13。
  9. ^ 北島 (2012)、p.3
  10. ^ 三宅 (2006) p.55
  11. ^ 北島 (2012) p.26
  12. ^ 三宅 (2006) p.57
  13. ^ a b c d e f ETV特集・選 日本と朝鮮半島2000年(9)「朝鮮通信使 和解のために], NHK 教育/デジタル教育 2010年1月4日
  14. ^ 明史 列伝 第二百八 朝鮮』 秀吉死我軍尽撤、朝鮮畏倭滋甚。欲與倭通款、又惧開罪中国(訳;秀吉が死に(明と日本は停戦したため)、我が軍(明の軍隊)が全て撤退すると、朝鮮は日本を甚だしく恐れ、日本と友好関係を結びたいと考えたが、その一方で(日本と国交を結ぶことで)明の機嫌を損ねるのではないかと恐れた)
  15. ^ 倉地 (2001) p.50
  16. ^ 田代 (1983)
  17. ^ トビ (2008) p.43
  18. ^ 田代 (2011) p.53
  19. ^ 李 (1992) p.33
  20. ^ 仲尾宏・町田一仁 『ユネスコ世界記憶遺産と朝鮮通信使』明石書店、2017年12月25日。ISBN 978-4-7503-4603-8 
  21. ^ 瀬戸内市牛窓”. 2018年3月4日閲覧。
  22. ^ 仲尾 (2000)
  23. ^ 三宅 (1992)
  24. ^ 上田垣 (2005)
  25. ^ 申維翰 姜 在彦訳注 『海遊録―朝鮮通信使の日本紀行』平凡社〈東洋文庫
  26. ^ a b 信原修「誠信と屈折の狭間―対馬藩儒雨森芳洲をめぐって」『総合文化研究所紀要』第6巻、同志社女子大学総合文化研究所、1989年
  27. ^ a b 鄭英實『18世紀初頭の朝鮮通信使と日本の知識人』2011年
  28. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 145。
  29. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 147–148.
  30. ^ a b c 奥谷浩一 2006, pp. 148.
  31. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 149.
  32. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 149–150.
  33. ^ 井上 2016, pp. 49–84, 金時徳「フヴォストフ事件と『北海異談』-壬辰戦争の戦争史的な検討と『海国兵談』の利用を中心に-」.
  34. ^ 田中 (1996)
  35. ^ 倉地 (2001) p.185
  36. ^ 李 (1992) p.284
  37. ^ 新宮町教育委員会『朝鮮通信使客館跡』新宮町埋蔵文化財発掘調査報告書第17集 2000年
  38. ^ 岡山大学附属図書館貴重資料刊行推進会 『池田家文庫資料叢書2 朝鮮通信使饗応関係資料(上)』岡山大学出版会、2013年2月25日。ISBN 978-4-904228-27-2 
  39. ^ 岡山大学附属図書館貴重資料刊行推進会 『池田家文庫資料叢書2 朝鮮通信使饗応関係資料(下)』岡山大学出版会、2014年2月25日。ISBN 978-4-904228-35-7 
  40. ^ 兵庫津岡方惣会所史料『朝鮮信使来朝帰帆官録』
  41. ^ a b 仲尾宏「近江守山宿と東門院守山寺」 『朝鮮通信使をよみなおす 「鎖国」史観を越えて』明石書店、2006年、123頁。 
  42. ^ 今日の歴史(7月5日) 聨合ニュース 2009/07/05
  43. ^ 宋 (1987) p.291
  44. ^ 村井 (1995) p.137
  45. ^ 三宅 (2006) p.210
  46. ^ a b 三宅 (1986)
  47. ^ 申 (1974)
  48. ^ 金 (1999)
  49. ^ 文献史料
    *「見物する男女が垣根のように道端をいっぱいに埋めて(1624牛窓)」姜弘重『東槎録』
    *「左右にひしめく見物人の数の多さにも目を見張る(1764江戸)」金仁謙 『日東壮遊歌』
    絵画史料
    *『朝鮮通信使来朝図』神戸市立博物館蔵
    *『朝鮮通信使江戸市中行列図』福岡市立博物館蔵
    *『江戸図屏風』江戸東京博物館蔵
    *『馬上才図』高麗美術館蔵
  50. ^ 仲俣 (2007) p.171
  51. ^ 「通信使のおとし子」(2007年7月18日 民団新聞)
  52. ^ 山本博文『江戸時代を「探検」する』(新潮社)
  53. ^ 山本 (2002) p.248
  54. ^ 説茶山翁 筆のすさび 巻之三(朝鮮人の説)
  55. ^ 山本 (2002) p.253
  56. ^ a b 吉田編 (2004)
  57. ^ 仲尾宏『前近代の日本と朝鮮』(明石書店、1989年)
  58. ^ リチャード・コックス(1623年の閉館まで平戸のイギリス商館長)の日記1617年8月31日ある人々(それは庶民であるが)は、朝鮮通信使が来たのは臣従の礼を表し、貢物を献上するためで、もしそうしないと将軍は再び彼らに対して戦争を仕掛けたであろうと噂している『イギリス商館長日記』東京大学史料編纂所
  59. ^ 井上 2016, pp. 3–25, 「朝鮮観の変転-近世の歴史叙述と対外認識を論ずるために-」.
  60. ^ 田代 (2011) 第5章
  61. ^ 李 (1992) p.117, 246
  62. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 169.
  63. ^ 奥谷浩一 2006, pp. 170–171.
  64. ^ 仲俣 (2007) p.160
  65. ^ 仲俣 (2007) p.173
  66. ^ 村井 (1995) p.32, 38
  67. ^ 李 (1992) p.291
  68. ^ 李 (1992) p.4
  69. ^ 倉地 (2001) p.151
  70. ^ 倉地 (2001) p.80
  71. ^ トビ (2008) 第5章
  72. ^ 李 (1992) p.241
  73. ^ トビ (2008) p.240
  74. ^ 榊原 (2002)
  75. ^ 八幡の笛木” (日本語). 八幡の笛木. 2022年4月9日閲覧。
  76. ^ 佐藤浩太郎「『家康行列』勇壮に 過去最大800人隊列 里見浩太朗さんらに歓声」 『中日新聞』2016年4月12日付朝刊、西三河版、18面。
  77. ^ 池内 (1999)
  78. ^ 李 (1992) p.254
  79. ^ *「朝鮮通信使」再現 愛知・岡崎の家康行列に初参加へ 2015年3月19日 聯合ニュース (2018年10月22日閲覧。)
  80. ^ ユネスコ 世界の記憶に「朝鮮通信使」「上野三碑」登録”. 毎日新聞. 2017年10月31日閲覧。
  81. ^ 瀬戸内市『広報せとうちNo.157』2017年12月号、pp.2-5。
  82. ^ 山陽新聞「朝鮮通信使「世界の記憶」本蓮寺詩書含む」2017年11月1日掲載。



朝鮮通信使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 23:08 UTC 版)

日朝関係史」の記事における「朝鮮通信使」の解説

正式な国交がある通信国として、外交使節ある朝通信使再開した室町幕府に対しては4回訪日した朝鮮通信使が、江戸幕府では将軍代替わりごとに将軍家祝賀するために来訪して、公式の外交関係保たれた。通信使第2代将軍徳川秀忠時代から始まり国交回復までの回答兼刷還使3回通信使が9回、約200年に渡って合計12回の来訪を行った李朝では文禄・慶長の役影響で警戒しており朝鮮半島での外交交渉倭館滞在する対馬藩使者との間で行われ将軍使者直接に朝鮮国王には派遣されず、日本使節漢城内陸部には入らなかった。李朝江戸幕府政治について室町幕府同じく国政を行うのは天皇ではなく将軍だと解釈した。そこで、室町時代と同様将軍に対して通信使派遣された。交渉実務記録は、対馬藩記録宗家文庫として残っており、他に対馬藩儒の雨森芳洲による『交隣提醒』や『交隣始末物語』、松浦沼『朝鮮通交大紀』、草場佩川津島日記』などがある。室町時代外交文書善隣国宝記』に続いて江戸時代には『続善隣国宝記』も書かれた。対馬藩藩儒である雨森芳洲は、第9次通信使の申維翰と親交を結び、申維翰は体験記として『海游録』を書いた日本徳川家定将軍となる頃に江戸城西の丸火災凶作マシュー・ペリー浦賀来航起きており、李朝では凶作により通信使費用調達が困難となった日朝双方財政難外圧の困難がありつつも対馬での聘礼合意する。しかし徳川家茂将軍となる頃には、日米修好通商条約調印ロシア軍艦対馬占領事件などが相次いだため、通信使計画実現されず、釜山倭館対馬厳原交流保った。朝鮮通信使は、のちに世界の記憶登録された(後述)。

※この「朝鮮通信使」の解説は、「日朝関係史」の解説の一部です。
「朝鮮通信使」を含む「日朝関係史」の記事については、「日朝関係史」の概要を参照ください。


朝鮮通信使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:15 UTC 版)

河村建夫」の記事における「朝鮮通信使」の解説

朝鮮通信使が訪れた縁故地における日朝日韓相互交流相互友好親善促進目的とする朝鮮通信使交流議員の会会長務め江戸天下祭参加した際には「江戸天下祭盛り上がったのはひとえに朝鮮通信使のおかげ」としている。

※この「朝鮮通信使」の解説は、「河村建夫」の解説の一部です。
「朝鮮通信使」を含む「河村建夫」の記事については、「河村建夫」の概要を参照ください。


朝鮮通信使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 23:51 UTC 版)

瀬戸内市」の記事における「朝鮮通信使」の解説

牛窓江戸時代外交使節朝鮮通信使の寄港地であった宿泊した本蓮寺には正使らが書いた漢詩書軸残りこの中岡山県指定重要文化財歴史資料)9幅が、2018年10月31日世界記憶遺産世界の記憶)として登録された「朝鮮通信使に関する記録」に含まれた。

※この「朝鮮通信使」の解説は、「瀬戸内市」の解説の一部です。
「朝鮮通信使」を含む「瀬戸内市」の記事については、「瀬戸内市」の概要を参照ください。


朝鮮通信使(10回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 19:52 UTC 版)

美濃路」の記事における「朝鮮通信使(10回)」の解説

美濃路では、大垣泊、墨俣または起で休憩名古屋泊が通例であった

※この「朝鮮通信使(10回)」の解説は、「美濃路」の解説の一部です。
「朝鮮通信使(10回)」を含む「美濃路」の記事については、「美濃路」の概要を参照ください。


朝鮮通信使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 18:56 UTC 版)

朝鮮人街道」の記事における「朝鮮通信使」の解説

将軍外で唯一李氏朝鮮から国書携えて江戸赴くために来日した朝鮮通信使の通行認められていたため、この道江戸前期から「朝鮮人街道」と通称されるようになった。 朝鮮通信使の通行は、慶長12年1607年)から文化8年1825年前後12回におよび、1回から3回までの使節団は、対馬藩宗氏による国書偽造に対する回答と、文禄・慶長の役日本拉致され朝鮮人の刷還(さっかん)を求めることを名目として派遣されたため、回答兼刷還使とよばれた一行400人は守山宿泊後、八幡本願寺八幡別院金台寺)にて昼食取り彦根宗安寺泊まり翌朝鳥居本より中山道入った。朝鮮通信使の利用は、豊臣秀吉による朝鮮の役後の朝鮮との国交断絶状態から、家康朝鮮との修好はかったものであることから日朝友好将軍就任慶賀使と言う使節性格から優遇策取られたと考えられている。 朝鮮通信使は多くの文化人伴って訪れ平均400人から500人のぼった。その使節団には、日本の対馬藩宗氏家来1000人から2000人規同行したので、総勢1550–2500人という参勤交代のような大行列となり、異国の風俗や衣装珍しかったため、沿道見物人あふれたといわれる。また通信使側でも日本の民衆との交流をはかるため、踊り曲芸披露したりもしたという。12回来日のうち10回は江戸まで赴いており、通信使一行をもてなすための費用1回あたり100万両を費やしたといわれ、沿道諸大名費用負担した。 守山宿では寛永13年1636年以降膳所藩主・石川忠総御馳走役世話役)となり、明暦元年1655年伊勢亀山藩転封となった後も石川氏御馳走役務め以降は代々亀山藩主がこの役目仰せつかった。享保4年1719年板倉重治馳走役となった朝鮮通信使接待に係る詳細資料亀山市歴史博物館にあり、それによると「三使(正使副使上使)、及び上上官士・学士医師東門院に、上官次官大光寺に、中官は九郎右衛門方、伴僧浄土寺に、下官常行寺円光寺に、通史守山宿町人宅」に分宿した。東門院ほど近い宇野家宇野宗佑元首相実家)には、延享5年1748年)の通信使随員であった徐慶元が、守山郷士宇野春敷(宇野禮泉の父)に贈った漢詩六曲(宿泊お礼と思われる)が小屏風仕立てられ残っている守山出先にある野洲川には通信使通行際に新し野洲村(現野洲市)の人々掛け替えることが倣いとされ、掛け替え負担見返りとして通信使来訪年の税が一部免除された。中山道より分岐した後、近江八幡昼食を取るが、三役上上使官は本願寺八幡別院金台寺)にて、他の随員別院両側の民家分かれた近江八幡市資料館には通信使提供され食器や一行に模した瓦人形林子平描いた朝鮮八道図』、通信使関連の記録多く記されている『八幡町記録帳』(明暦宝暦年間記録が所蔵されている彦根においては、三使・上上官は宗安寺に、中官は大信寺下官明性寺伴僧等は善照寺江国寺長松院などに分宿した。江戸在勤中の藩主代わり家老による接待の様子や、初期通信使において文禄・慶長の役での朝鮮人捕虜となった両班女性が、故郷家族の様子を通信使尋ね来たなどの記録残されている。なお彦根宗安寺には「李朝高官肖像」が、近江八幡本願寺八幡別院には「副使の書」が残されている。

※この「朝鮮通信使」の解説は、「朝鮮人街道」の解説の一部です。
「朝鮮通信使」を含む「朝鮮人街道」の記事については、「朝鮮人街道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「朝鮮通信使」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「朝鮮通信使」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



朝鮮通信使と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

朝鮮通信使のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝鮮通信使のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝鮮通信使 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日朝関係史 (改訂履歴)、河村建夫 (改訂履歴)、瀬戸内市 (改訂履歴)、美濃路 (改訂履歴)、朝鮮人街道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS