外交使節とは? わかりやすく解説

がいこう‐しせつ〔グワイカウ‐〕【外交使節】


使節

(外交使節 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 03:47 UTC 版)

ウィキペディアには「使節」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「使節」を含むページの一覧/「使節」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「使節」が役に立つかもしれません。

関連項目



外交使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 05:09 UTC 版)

クィントゥス・オグルニウス・ガッルス」の記事における「外交使節」の解説

紀元前292年ローマで疫病蔓延していた。ガッルス元老院議員10人から構成される使節団率いペロポネソス半島エピダウロスにある医療アスクレーピオス聖域アスクレペイオン)に神託得に向かったローマの歴史家達は、神の顔から滑り降りクスシヘビ)が、使節団の船のガッルス部屋入り込み使節団ローマに戻るとティベリーナ島泳いでいったため、そこにアスクレペイオン建てられた。 紀元前273年ガッルスは再び外交使節に選ばれたファビウス氏族二人紀元前292年執政官クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスとヌメリウス・ファビウス・ピクトル紀元前266年執政官と共にプトレマイオス朝エジプト派遣されたが、これはローマエジプト外交関係始まりであったプトレマイオス2世使節莫大な贈り物与えローマ帰還した使節はこれを国庫収めた。しか元老院民会同意得た上で、これを使節個人褒賞として与えた

※この「外交使節」の解説は、「クィントゥス・オグルニウス・ガッルス」の解説の一部です。
「外交使節」を含む「クィントゥス・オグルニウス・ガッルス」の記事については、「クィントゥス・オグルニウス・ガッルス」の概要を参照ください。


外交使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 21:16 UTC 版)

日本とオーストリアの関係」の記事における「外交使節」の解説

オーストリア東京大使館4つ都市札幌名古屋大阪広島)に名誉総領事館を設置している。 日本ウィーン大使館ザルツブルク名誉総領事館を設置している。

※この「外交使節」の解説は、「日本とオーストリアの関係」の解説の一部です。
「外交使節」を含む「日本とオーストリアの関係」の記事については、「日本とオーストリアの関係」の概要を参照ください。


外交使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 21:14 UTC 版)

日本とブータンの関係」の記事における「外交使節」の解説

日本は、インドニューデリーに非常駐在ブータン日本国大使館設置している。

※この「外交使節」の解説は、「日本とブータンの関係」の解説の一部です。
「外交使節」を含む「日本とブータンの関係」の記事については、「日本とブータンの関係」の概要を参照ください。


外交使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 05:15 UTC 版)

外交」の記事における「外交使節」の解説

新し国家誕生した際、他国はその国家の承認行い、ここで2国間の外交関係スタートする特段の事情がない限り国家承認はその国家成立と同時に行われるが、何らかの事情があって国家承認が行われない場合であっても外交関係結ばれる場合もある。(たとえば日本政府朝鮮民主主義人民共和国中華民国国家承認してはいないが、さまざまな形での外交行われている)。 各国それぞれ他国大使館領事館などの在外公館設け特命全権大使大使)などの外交官常駐させて接受国との間の外交上の問題処理させる。この常駐外交使節団のほかに、特定の問題勃発した時に、その問題交渉や処理のみを目的とする特別使節団が送られる場合があるこうした在外公館外交官には、公館不可侵刑事裁判権免除などといった外交特権外交関係に関するウィーン条約によって認められている。ただし外交使節の長の派遣には接受国同意アグレマン)が必要であり接受国派遣される外交官好ましくない思った場合、および在任中問題発生した場合には、ペルソナ・ノン・グラータ発動してその外交官の受け入れを拒否することができる。また、1国に必ず1つ在外公館設けられているわけではなく対象国派遣国間の関係がそれほど密でない場合近隣諸国存在する在外公館対象国兼轄させることは珍しくない19世紀には大使限られた大国間で交換されていたにすぎず、通常の国家間では全権公使交換されており、小国に対して弁理公使代理公使送られるといったように国家の格によって明確な序列定められていた。しかし20世紀に入ると徐々に大使交換増加しはじめ、1960年代にはほとんどの国家交換される外交官最高位大使になり、公使大使館次席外交官を指すようになった。なお、イギリス連邦構成国間においては、特命全権大使代わりに高等弁務官交換されるが、称号および信任状奉呈以外はほぼ大使同一のものとして扱われるまた、大使館および大使領事館および領事役割異なり大使接受国との間の外交担当するに対し領事接受国担当地域内において自国国民企業保護などの行政事務を行うもので、本来的に派遣国行政機関延長である。つまり領事外交使節団含まれないため、外交関係断絶して領事を置き続けることは可能である。ただし、ペルソナ・ノン・グラータ領事にも発動可能であり領事関係に関するウィーン条約によって外交特権定められているものの使節よりも限られた範囲ものとなる

※この「外交使節」の解説は、「外交」の解説の一部です。
「外交使節」を含む「外交」の記事については、「外交」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外交使節」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「外交使節」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



外交使節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外交使節」の関連用語

外交使節のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外交使節のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの使節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクィントゥス・オグルニウス・ガッルス (改訂履歴)、日本とオーストリアの関係 (改訂履歴)、日本とブータンの関係 (改訂履歴)、外交 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS