慶安の御触書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 慶安の御触書の意味・解説 

けいあん‐の‐おふれがき【慶安御触書】

読み方:けいあんのおふれがき

慶安2年(1649)江戸幕府公布した触れ書き。全32か条奥書よりなる。年貢確保をめざし、農民統治のため日常生活こまかく規制したもの。


慶安御触書

(慶安の御触書 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 06:40 UTC 版)

慶安御触書(けいあんのおふれがき)または慶安の触書は、江戸幕府が農民統制のため発令した幕法とされていた文書。 末尾に慶安2年2月26日1649年4月7日)の日付のある32条からなる文書である[1]


  1. ^ a b c d e f g h 名古屋大学附属図書館2006年春季特別展「地獄物語」の世界〜江戸時代の法と刑罰〜図録ガイド”. 名古屋大学附属図書館. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ 『百姓・町人と大名』132頁永原慶二, 青木和夫, 佐々木潤之介執筆(日本の歴史 : ジュニア版, 第3巻)読売新聞社, 1987.5
  3. ^ a b 山本英二「『慶安の御触書』は実在しない」『文藝春秋』91巻12号、文藝春秋2013年11月1日、311頁。


「慶安御触書」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

慶安の御触書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



慶安の御触書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慶安御触書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS