文藝春秋_(雑誌)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 文藝春秋_(雑誌)の意味・解説 

文藝春秋 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/15 02:40 UTC 版)

文藝春秋』(ぶんげいしゅんじゅう)は、株式会社文藝春秋が発行する月刊雑誌(総合誌)である。


  1. ^ JMPAマガジンデータ : 男性 総合 [リンク切れ]
  2. ^ 文藝春秋創刊の辞 [リンク切れ]
  3. ^ 文藝春秋10月号(9月10日発売)「補聴器特集」のご案内、文藝春秋、2021年6月1日。
  4. ^ 佐藤都「日本の総合雑誌3誌の数量・内容分析からみる日本人の中国に対する関心の変遷」『北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院院生論集』第8号、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院院生論集制作委員会、2012年3月、 100 - 108頁、 NAID 120004027283p100
  5. ^ 土井たか子(日本社会党、社会民主党の元党首)の戦争体験談(2005年9月号の終戦60周年特集)や、ソビエト連邦の崩壊時に、共産党の不破哲三の見解が掲載されたりするなど例外はある。
  6. ^ a b 『文藝春秋』芥川賞発表号が増刷!100万部越えで歴代第2位の記録へ!、ダ・ヴィンチニュース、2017年11月17日。
  7. ^ 又吉効果だ! 文芸春秋9月特別号が110万部超えサンスポ、2015年8月25日。
  8. ^ a b c 「『文芸春秋』久々の100万部 芥川賞作品掲載号」『読売新聞』2004年2月14日付東京朝刊、38頁。
  9. ^ a b c 竹内 2011, p. 81.
  10. ^ a b 竹内 2011, p. 82.
  11. ^ のち社長に就いた
  12. ^ 田中健五の後任で社長
  13. ^ 回想に『人と出会う一九六〇~八十年代、一編集者の印象記』(岩波書店2010年(平成22年))
  14. ^ のち社長・会長に就いた
  15. ^ 回想に『オンリー・イエスタデイ1989 『諸君!』追想』と、続編『遥かなる『文藝春秋』オンリー・イエスタデイ1989』(小学館2011年(平成23年) - 2012年(平成24年))
  16. ^ のち社長(2014年(平成26年)6月まで)
  17. ^ 平尾の後任で社長に就いた。回想に『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社、2019年)
  18. ^ 回想に『文春の流儀』(中央公論新社、2021年)
  19. ^ a b 「火花」掲載の月刊「文芸春秋」が100万部突破 同誌史上歴代2位の部数”. 産経ニュース. 産経デジタル (2015年8月10日). 2021年8月12日閲覧。
  20. ^ “又吉さん「火花」掲載の「文芸春秋」が再増刷。110万部を突破”. 産経新聞. (2015年8月24日). https://www.sankei.com/article/20150824-2VUBBEGLGFNQDDARPXALZTCQJM/ 2020年10月17日閲覧。 
  21. ^ a b 台湾・蔡英文総統独占インタビュー「日本によるワクチンの提供は、『まさかの時の友こそ真の友』の証です」”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2021年8月10日). 2021年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  22. ^ a b 蔡総統「まさかの時の友こそ真の友」=文藝春秋のインタビュー/台湾” (日本語). フォーカス台湾. 中央通訊社 (2021年8月10日). 2021年8月12日閲覧。
  23. ^ a b 蔡英文総統、日本の月刊誌『文藝春秋』独占インタビュー受ける” (日本語). Taiwan Today. 中華民国外交部 (2021年8月10日). 2021年8月12日閲覧。
  24. ^ 台湾・蔡英文総統独占インタビュー「日本によるワクチンの提供は、『まさかの時の友こそ真の友』の証です」”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2021年8月10日). 2021年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  25. ^ 總統接受日本「文藝春秋」月刊視訊專訪” (中国語). 中華民国総統府 (2021年8月10日). 2021年8月12日閲覧。
  26. ^ 古沢由紀子「『バターン死の行進』記事、ユダヤ人団体が文春に抗議」(『読売新聞2006年平成18年)1月14日付掲載)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文藝春秋_(雑誌)」の関連用語

文藝春秋_(雑誌)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文藝春秋_(雑誌)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文藝春秋 (雑誌) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS