野口悠紀雄とは? わかりやすく解説

野口悠紀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 00:49 UTC 版)

野口 悠紀雄(のぐち ゆきお、1940年昭和15年〉12月20日 - )は、日本経済学者、元大蔵官僚[4]。研究分野は、日本経済論ファイナンス理論[4]学位は、Ph.D.イェール大学1972年)。一橋大学名誉教授。


  1. ^ a b c d 野口悠紀雄(経済学者)|NTTデータ”. 2021年8月19日閲覧。
  2. ^ 「1988年度博士課程単位修得論文・修士論文題目」一橋研究
  3. ^ [1]
  4. ^ a b c 野口悠紀雄 『ブロックチェーン革命』(第1版)日本経済新聞出版社、2017年1月、著者紹介頁。ISBN 978-4-532-35719-1 
  5. ^ 野口悠紀雄、野口貴公美「親子のカタチ:野口悠紀雄×野口貴公美」『週刊朝日』2008年10月17日号。
  6. ^ a b c d e f g 野口 悠紀雄|講師セレクト”. 2021年8月19日閲覧。
  7. ^ 『戦後経済史―私たちはどこで間違えたのか』東洋経済新報社、2015年発行、23頁
  8. ^ 野口悠紀雄|著者プロフィール|新潮社”. 2021年8月19日閲覧。
  9. ^ 『財政危機の構造』東洋経済新報社、1980年発行、245頁
  10. ^ 野口悠紀雄 『戦後日本経済史』新潮社〈新潮選書〉、2008年。ISBN 9784106035968 
  11. ^ 野口悠紀雄web R25 2006年11月9日
  12. ^ 数十万円
  13. ^ 「たからもの 野口悠紀雄さんの望遠鏡」読売新聞2014年8月4日朝刊14面
  14. ^ 野口悠紀雄『「超」勉強法』、講談社、1995年、226-232頁。
  15. ^ 自宅にいながら「経済学と英語」をマスターするにはどうすればいいか 「学校に行かなければ」は思い込み” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2020年4月13日). 2022年1月9日閲覧。
  16. ^ 野口悠紀雄 『日本経済再生の戦略-21世紀への海図』 中央公論新社〈中公新書〉、1999年、119頁。
  17. ^ 野口悠紀雄 『日本経済再生の戦略-21世紀への海図』 中央公論新社〈中公新書〉、1999年、120-121頁。
  18. ^ 堺屋太一 『日本の盛衰―近代百年から知価社会を展望する』PHP研究所〈PHP新書〉、2002年。ISBN 4569624863 
  19. ^ 日本のTPP交渉参加を、中国はどう見ているか?ダイヤモンド・オンライン 2013年3月21日
  20. ^ デフレ脱却など無意味! 重要なのはドル安に対応できる経済への転換だダイヤモンド・オンライン 2009年11月28日
  21. ^ 日本の「デフレ」のメカニズム --財対サービス、製造業対サービス産業の差が重要ダイヤモンド・オンライン 2012年6月21日
  22. ^ 『資本開国論』[要ページ番号]など。
  23. ^ TTPと農業問題の本質:農業七不思議:農水省が仕組んだ食料自給率が引き起こす混乱 その2誠ブログ2012年2月15日 の「出典:野口悠紀雄 食料問題の本質は量不足でなく高価格」の引用部
  24. ^ 野口悠紀雄「ウィキペディアは神か怪物か」「週刊ダイヤモンド」2006年7月15日号「超」整理日記第323回 ダイヤモンド社(126-127ページ)
  25. ^ 野口悠紀雄 (2014年2月20日). “ビットコインは社会革命である――どう評価するにせよ、まず正確に理解しよう”. ダイヤモンド社. 2016年3月17日閲覧。
  26. ^ a b 野口悠紀雄 (2014年4月3日). “大きな可能性を秘める「リップル」と「イーサリアム」――ビットコインに続くもの”. ダイヤモンド社. 2016年3月17日閲覧。
  27. ^ 円安は明らかにマイナス、アベノミクスは間違い-野口悠紀雄氏Bloomberg 2014年10月10日
  28. ^ 野口 悠紀夫 サントリー学芸賞 - サントリー文化財団ウェブサイト、熊谷尚夫による評
  29. ^ 「『風の谷のナウシカ』に関する主観的一考察」。「超」整理日誌(1)(新潮文庫)収録


「野口悠紀雄」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野口悠紀雄」の関連用語

野口悠紀雄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野口悠紀雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野口悠紀雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS