池田満寿夫とは? わかりやすく解説

いけだ‐ますお〔‐ますを〕【池田満寿夫】


池田満寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/07 13:24 UTC 版)

池田 満寿夫(いけだ ますお、1934年昭和9年〉2月23日 - 1997年平成9年〉3月8日)は、日本画家版画家挿絵画家彫刻家陶芸家作家映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家エロスの作家といわれるように、官能的な作風が多い。しかし、多岐にわたる活動や多才さは、かえって“池田芸術”の高い知名度にふさわしい正当な評価を困難にしている[1]


注釈

  1. ^ 配給収入は2.5億円[19]

出典

  1. ^ 池田満寿夫追悼文:「破壊と再生 王道を歩む」『日本経済新聞』1997年3月9日付夕刊、瀬木慎一「損なわれぬ創造的な意義」『読売新聞』1997年3月10日付夕刊、中原佑介「多才さが日本での評価妨げ」『朝日新聞』1997年3月17日付夕刊、松永伍一「生き方ピカソと似通う」『山形新聞』1997年4月5日付朝刊
  2. ^ a b c 東京オペラシティアートギャラリー 池田満寿夫知られざる全貌展
  3. ^ 池田満寿夫さん急死 - ウェイバックマシン(1997年7月14日アーカイブ分)
  4. ^ 池田満寿夫さん密葬 - ウェイバックマシン(1997年7月14日アーカイブ分)
  5. ^ スクープ・池田満寿夫絶筆 - ウェイバックマシン(1997年7月14日アーカイブ分)
  6. ^ a b 池田満寿夫『池田満寿夫BOOK WORK』形象社、1978年
  7. ^ 池田満寿夫『コラージュ論』白水社、1987年
  8. ^ 堀元彰『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録作品解説、2008年
  9. ^ 篠田正浩「私の履歴書」『日本経済新聞』2005年8月22日付朝刊
  10. ^ 池田満寿夫・金田石城『芸術家になる法 池田満寿夫対談金田石城』現代書林、1997年
  11. ^ 池田満寿夫『複眼の思考』白水社1980年
  12. ^ 浅野秀剛『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録作品解説、2008年
  13. ^ 池田満寿夫『私のピカソ 私のゴッホ』中央公論社、1983年
  14. ^ 西山恒彦『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録作品解説、2008年
  15. ^ 井端理英子・中尾美穂「池田満寿夫の足跡・歴史」『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録、2008年
  16. ^ 浜田重幸「池田満寿夫の線描と墨」『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録、2008年
  17. ^ 『朝日新聞』1989年5月14日付夕刊
  18. ^ 池田満寿夫・野末陳平「野末陳平のおカネ対談」「週刊文春」1985年1月24日
  19. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1983年昭和58年)2月下旬号、キネマ旬報社、1983年、117頁。 
  20. ^ 「ひとことで言うと怪人」“好敵手”酒井政利氏 - ZAKZAK 2007/08/02
  21. ^ 池田満寿夫『池田満寿夫 私の調書』美術出版社、1968年、池田満寿夫『美の王国の入口で 私のなかの世界美術』芸術出版社、1976年
  22. ^ 池田満寿夫『版画芸術』61号、1988年
  23. ^ 池田満寿夫「陶芸随想」『読売新聞』1992年8月25日付夕刊
  24. ^ 太田治孝「池田満寿夫と増穂登り窯」『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録、2008年
  25. ^ 浜田重幸「池田満寿夫の陶とピーター・ヴォーコス」『池田満寿夫 知られざる全貌』展図録、2008年
  26. ^ 中村真一郎「本を読む」『毎日新聞』1988年12月9日付夕刊





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池田満寿夫」の関連用語

池田満寿夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



池田満寿夫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2024 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池田満寿夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS