加藤郁乎とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 加藤郁乎の意味・解説 

加藤郁乎

加藤郁乎の俳句

≪Que sais-je?≫傾き立てるいたどり
あたゝかや白泉居士の新しさ
あらかたは二番煎じに初時雨
いろいろの枕の下を野分かな
おのづから俳は人なりこぞことし
おもひでの雲雀来て鳴く髪の中
お中元おなじやうなる句集来る
かげろふを二階にはこび女とす
かげ口は男子に多し秋の暮
かならずや具眼の士あり葉鶏頭
このひととすることもなき秋の暮
しぐるるやくだまくひとの衿糞
しぐるゝや異端もやがて傳統に
たゞしくは萩にまぎれし萩の径
とりめのぶうめらんこりい子供屋のコリドン
はつとする古句が相手よ冬籠
もがり笛よがりのこゑもまぎれけり
メタフィジカ麥刈るひがし日を落とし
一対の男女にすぎぬ夜長かな
一満月一韃靼の一楕円
一行のイデエ流るゝものを涸らす
三夕やさいふをさがす秋の暮
人柄が名所なりけりけふの月
俳々と馬鹿の一念寒たまご
俳人も小粒になりぬわらび餅
俳諧道五十三次蝸牛
六月の馬上にのこる鞭の音
冬の波冬の波止場に来て返す
切株やあるくぎんなんぎんのよる
初雁やその場に立ちてひらてみき
十五から我酒のみ出て小正月
古すだれ世にへつらはぬは手酌これ
売文は明日へまはして菊の酒
大人とうすうす気つく秋の暮
天の川ねむりの四肢の獅子となり
天命は詩に老いてけり秋の暮
天文や大食の天の鷹を馴らし
定型にすぎぬ凡句やにぎり鮓
家桜かざらぬひとは宝なり
小火と云ふいはゞ現代俳句かな
小細工の小俳句できて秋の暮
押入の似合ふおひとや秋の暮
日は歸去來日は智慧の樹の望郷
春の泥御用詩人が世なりけり
春時雨一行の詩はどこで絶つか
春時雨十人とゐぬ詩人かな
春立つや一生涯の女運
昼顔の見えるひるすぎぽるとがる
朝顏におどろく朝の女かな
本物は世に出たがらず寒の鰤
 

加藤郁乎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/17 02:36 UTC 版)

加藤 郁乎(かとう いくや、1929年1月3日 - 2012年5月16日)は、詩人俳人俳諧評論家。


  1. ^ 豪放磊落な俳人 加藤郁乎展 光記念館|HIKARU MUSEUM”. 光ミュージアム. 2015年5月18日閲覧。
  2. ^ 『後方見聞録』 コーベブックス, 1976、学研M文庫2001
  3. ^ 加藤郁乎氏が死去(詩人、俳人) 産経新聞 2012年5月17日閲覧
  4. ^ 『崇教真光』誌平成17年10月号 P38-41.ほか、度々当該誌に登場している。
  5. ^ 平成22-23年度年報 (PDF)”. 光ミュージアム (2011年3月31日). 2013年8月1日閲覧。
  6. ^ 「荷風俳句集」を編んでいる。岩波文庫, 2013


「加藤郁乎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加藤郁乎」の関連用語

加藤郁乎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加藤郁乎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤郁乎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS