辻桃子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 辻桃子の意味・解説 

辻桃子

辻桃子の俳句

あかるさはほたるぶくろの中にこそ
もつと大きな波を待ちをる端午かな
五十八階全階の秋灯
包丁を持つて驟雨にみとれたる
川照りへ氷菓の棒を捨てにけり
氷菓舐め痺れし舌をみせあへり
胴体にはめて浮輪を買つてくる
虚子の忌の大浴場に泳ぐなり
蛤を提げて高きに登りけり
雪の夜の絵巻の先をせかせたる
青嵐愛して鍋を歪ませる
 

辻桃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 05:47 UTC 版)

辻 桃子(つじ ももこ、1945年2月4日[1] - )は、俳人。旧姓・清水。現姓・安部[1]。辻はペンネーム


  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.457


「辻桃子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「辻桃子」の関連用語

辻桃子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



辻桃子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辻桃子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS