藤田湘子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 藤田湘子の意味・解説 

藤田湘子

藤田湘子の俳句

夕潮の紺や紫紺や夏果てぬ
夕牡丹これよりの知己信ずべし
夜のわがこころの行方いなびかり
夜の鹿幻を見て立ちにけり
夜霧さむし海豹などは灯なく寝む
天山の夕空も見ず鷹老いぬ
孔雀まで吹かれて来たり春の暮
孔雀よりはじまる春の愁かな
宮城野のどの子に触るる風花ぞ
家を出て家に歸りぬ春の暮
小説の発端汗の捨切符
山茶花やいまの日暮の旅に似て
巣立鳥明眸すでに嶽を得つ
干蒲団男の子がなくてふくらめり
干蒲団箱根の谷に叩きをり
強情を以て今年を終るなり
恍惚と秘密あり遠き向日葵あり
愛されずして沖遠く泳ぐなり
戦争が過ぎ凩が過ぎにけり
揚羽より速し吉野の女学生
日のみちを月またあゆむ朴の花
春の昼喪服の中のししむらも
春の雪研師は海を想ひけり
春の鹿幻を見て立ちにけり
春祭鴉も鳶も山寄りに
春雷や土の香幹に沿ひのぼる
暗き湖より獲し公魚の夢無数
暮るるまでこころ高貴や花辛夷
月の出や草擦りてゆく牛の貌
月下の猫ひらりと明日は寒からむ
月明の一痕としてわが歩む
朗々のわが尿褒めて百千鳥
朧よりうまるる白き波おぼろ
本阿彌光悦卯月は如何なもの着しや
東京は暗し右手に寒卵
枯山に鳥突きあたる夢の後
枯山へわが大声の行ったきり
枯野行刻々沈む日が標
柊の花最小をこころざす
柿若葉多忙を口実となすな
梅の実を拾ひしことをいつまでも
椎の實が降るはればれと愛されよ
歩くたび近づく海や啄木忌
死者とまだ訣れてをらず白木蓮
死蟬をときをり落し蟬時雨
水の闇たかむらの闇丈草忌
水仙をまはり水底へ行く如し
水母にもなりたく人も捨てがたく
水母より西へ行かむと思ひしのみ
水脈しるく曳きて晩夏のひかりとす
 

藤田湘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/30 21:26 UTC 版)

藤田 湘子(ふじた しょうし、1926年1月11日 - 2005年4月15日)は、神奈川県出身の俳人水原秋桜子に師事。俳誌「」を創刊・主宰。本名・良久。






「藤田湘子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「藤田湘子」の関連用語

藤田湘子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤田湘子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤田湘子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS