主婦の友社とは? わかりやすく解説

主婦の友社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/08 05:47 UTC 版)

株式会社主婦の友社(しゅふのともしゃ、: SHUFUNOTOMO Co., Ltd.)は、日本出版社カルチュア・エンタテインメントの子会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブの持分法適用会社[2]。出版社記号は「07」。


注釈

出典

  1. ^ a b c 株式会社主婦の友社 第39期決算公告
  2. ^ 連結グループ会社・持分法適用会社一覧”. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2018年4月12日閲覧。
  3. ^ 世界名作家庭文庫』、国立国会図書館蔵書。
  4. ^ 『朝日新聞』1984年3月14日(朝刊)
  5. ^ 株式会社主婦の友社子会社化に関するお知らせ”. カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社. 2017年12月15日閲覧。
  6. ^ CCCグループへの主婦の友社の株式譲渡に関するお知らせ”. 大日本印刷株式会社. 2017年12月15日閲覧。
  7. ^ 【ヒーロー文庫・プライムノベルスが主婦の友インフォスからの発行になりました】”. 主婦の友インフォス. 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ お知らせ”. 主婦の友インフォス. 2018年12月22日閲覧。
  9. ^ 親会社ならびに社名変更のご報告”. リトルランド. リトルランド. 2019年3月29日閲覧。
  10. ^ 株式会社主婦の友インフォスの株式譲渡に関するお知らせ”. 株式会社主婦の友社. 2019年3月29日閲覧。
  11. ^ 株式会社主婦の友インフォス、女性ファッション誌『S Cawaii!』(エスカワイイ)を株式会社主婦の友社より事業譲渡”. PR TIMES. 2021年3月28日閲覧。
  12. ^ Donuts、出版メディア事業に参入~第一弾として、主婦の友社から『Ray(レイ)』関連事業を譲受~”. PR TIMES. 2021年3月28日閲覧。
  13. ^ 歴史的な休刊から6年、「主婦の友」復活”. 2017年4月19日閲覧。
  14. ^ 会社情報 – 主婦の友社”. shufunotomo.co.jp. 2021年11月17日閲覧。
  15. ^ 「主婦の友社が女性誌「ゆうゆう」創刊」『日本工業新聞』2001年9月28日付9面。
  16. ^ 会社情報 – 主婦の友社”. shufunotomo.co.jp. 2021年11月17日閲覧。
  17. ^ プライムノベルス創刊のお知らせ」ヒーロー文庫オフィシャルウェブサイト2016年12月
  18. ^ 主婦の友社、本日より新書市場に参入・11月発売予定タイトルを先行して電子書籍にて無料公開
  19. ^ 主婦の友社100周年記念!ヒーロー文庫から初アニメ化!騎士と魔法の異世界ロボットファンタジー『ナイツ&マジック』。”. 主婦の友社. 2018年4月12日閲覧。


「主婦の友社」の続きの解説一覧

主婦の友社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 09:42 UTC 版)

美嘉」の記事における「主婦の友社」の解説

新着メール一件ありますISBN 978-4-072-7342-09 2010年6月

※この「主婦の友社」の解説は、「美嘉」の解説の一部です。
「主婦の友社」を含む「美嘉」の記事については、「美嘉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主婦の友社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主婦の友社」の関連用語

主婦の友社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主婦の友社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主婦の友社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの美嘉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS