テラコッタとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > テラコッタの意味・解説 

テラ‐コッタ【(イタリア)terracotta】


テラコッタ

素焼き焼き物のもの。イタリア語の「焼いた土」に由来する言葉焼成温度によって出来上がり色彩変化する800程度焼成されたものがよく見られる

テラコッタ〈terracotta〉

焼いた土のこと。一般に素焼きタイルを指す。玄関三和土キッチンの床に採用されることが多いが、最近では木だけに囲まれログハウス室内装飾性加える自然素材風合いログハウスよく似合うため、リビングの床などをテラコッタ・タイル仕上げる例も増えてきている。30cm四方大型で表面の粗いものが人気高くログハウスで最も多く使われている。

テラコッタ

【英】:terracotta

元々は素焼きの意味複雑な模様のある外装用の粘土製品で,石膏の型に土を押し付け空洞のある形状をつくり焼成したもの。半光沢のうわ仕上げたものが多い。園芸用語としては一般にイタリア産の赤土用いた素焼き鉢のことをいう。

テラコッタ

読み】:テラコッタ
【英】:TERRACOTTA

語源は「焼いた土」を意味するイタリア語粘土類を加熱する焼きしめ現象起こり固く緊密になる歴史的に新石器時代からすでにみられ、現代に至るまで彫像建築装飾など広く利用されてきた。粘土世界各地産出し、その色あいや品質さまざまであるが、白色のものより有色のものの方一般的である。酸化鉄その他の化学成分を含む土は、焼成する色がつく。テラコッタという言葉は、赤また褐色連想させるが、必ずしもこうした色に限られたものではなく焼成してできる色は淡黄色から濃赤色または黒色まで幅広いまた、硬さとか強度焼成温度によって大きく変わり、使う土の質と含水量によって差はあるが、焼成時に体積10パーセント前後収縮生じる。技法的に粘土をこねて形をつくることは原理的に難しいことではなく原始的ともいえる作業であるが、焼成時の問題から大型作品中空にする必要がありそのために内刳り中子使用考えられ、また同型品を量産するために型抜き技術用いられたりする。

テラコッタ


テラコッタ

作者バリー・ユアグロー

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


テラコッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 23:47 UTC 版)

テラコッタ (terra cotta) とはイタリア語の「焼いた (cotta) (terra)」に由来する言葉。以下のような意味をもつ。




「テラコッタ」の続きの解説一覧

テラコッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 18:22 UTC 版)

煉瓦色本当の意味でのテラコッタ(素焼土器)ではない。ロッソ・アンティコの色を引き継いだもの。ソリッドカラーのみ。1950年代後半にたくさん作られた

※この「テラコッタ」の解説は、「ジャスパーウェア」の解説の一部です。» 「ジャスパーウェア」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「テラコッタ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テラコッタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テラコッタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2022
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2022 colordic.org All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテラコッタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャスパーウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS