町田康とは?

まちだ‐こう〔‐カウ〕【町田康】

[1962~ ]小説家詩人ミュージシャン大阪生まれ本名、康(やすし)。町田町蔵(まちぞう)の名でパンクバンドボーカルとして活動。のち俳優文筆など活躍の場を広げる。「きれぎれ」で芥川賞受賞。他に小説くっすん大黒」「権現の踊り子」「告白」、詩集供花(くうげ)」「土間四十八滝」など。


町田康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 04:24 UTC 版)

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は、日本小説家ミュージシャン。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。




  1. ^ '81年に発表のデビュー・アルバム。 (C)RS”. tower.jp. Tower Records. 2020年1月2日閲覧。
  2. ^ こうした町田の奇妙な音楽性に参画したミュージシャンには、和田哲郎(元連続射殺魔、現名義・琴桃川凛)、箕輪扇太郎、弓削聡(共に元イル・ボーン)、小西健司(元4-D、P-MODEL他)、横川理彦(元99.99、P-MODEL他)、山崎春美(元タコガセネタ)、恒松正敏(元フリクション他)、石橋英子AxSxEなどがいる。
  3. ^ 腹ふり”. www.e-onkyo.com. e-onkyo music. 2020年1月2日閲覧。
  4. ^ 『真実真正日記』に同名のバンドが登場している。
  5. ^ エンドレス・ワルツ”. movie.walkerplus.com. Movie Walker. 2020年1月2日閲覧。
  6. ^ 前年に音楽活動における名義を改めた。
  7. ^ 筒井は『過去の文学作品の成果に束縛されていないその発想と表現の自由さ』と『小説をよく読んだ上で考え抜かれた、過去の小説作品におけるような文学的完成度を放棄してまでの「発想と表現」』に言及し、『「いい加減さ」による「下降への意志」』の描写を徹底することで『「信頼できない語り手」が「信頼できない作者」にまで飛翔するという現代性文学性を獲得』している、と激賞した
  8. ^ 装苑 2010年8月号 P103インタビューより
  9. ^ 新しい住まいのカタチ[6 町田康さん〜二地域居住〜]
  10. ^ G作家の小部屋 CM情報 | KINCHO 大日本除虫菊株式会社
  11. ^ ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 2019 ラジオ&オーディオ広告部門総務大臣賞/ACCグランプリ受賞作品、2020年度TCC賞グランプリ受賞作品


「町田康」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

日本の小説家 海堂尊  高橋文樹  町田康  尾崎翠  松井今朝子
時代小説・歴史小説作家 富田常雄  和久田正明  町田康  秋永芳郎  松井今朝子
日本の詩人 多田智満子  小沼純一  町田康  福永挽歌  本田信次
詩人 ハーリル・ジブラーン  フリードリヒ・フォン・シラー  町田康  ジョン・ドライデン  森哲弥
芥川賞受賞者 保坂和志  吉田知子  町田康  丸谷才一  小川洋子
谷崎潤一郎賞受賞者 保坂和志  藤枝静男  町田康  丸谷才一  小川洋子
日本の芸能人 藍とも子  萬歳光恵  町田康  三上真一郎  宮島依里
日本の歌手 高田真樹子  YUKIYA  町田康  伊藤サチコ  鬼俊英
ポピュラー音楽の音楽家一覧 (日本・個人) 山下達郎  高田真樹子  町田康  板倉文  吉田拓郎
日本の作詞家 ジミー入枝  GAKU-MC  町田康  山本成美  寺尾智沙

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「町田康」の関連用語

町田康のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



町田康のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの町田康 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS