松平 信綱とは? わかりやすく解説

まつだいら‐のぶつな〔まつだひら‐〕【松平信綱】

読み方:まつだいらのぶつな

[1596〜1662]江戸初期大名武蔵川藩主将軍徳川家光家綱仕え島原天草一揆由井正雪の乱明暦の大火などを処理。伊豆守だったので「知恵伊豆」と称された。


松平 信綱 (まつだいら のぶつな)

1596〜1662 (慶長元年寛文2年)
老中】 「知恵伊豆』と呼ばれた才気あふれる切れ者老中
江戸前期老中松平正綱養子9歳家光仕える。「知恵伊豆」と呼ばれる才気老中となり、家光幕政支えた島原・天草一揆鎮圧し川越藩になった家光死後老中として、四代将軍家綱を補佐した鎖国建策をはじめ明暦大火後の江戸都市再開発玉川上水開削など、幕閣中心として優れた手腕を発揮した。

 年(和暦)
1597年 (慶長2年) 慶長の役 1才
1600年 (慶長5年) 関が原の戦い 4才
1603年 (慶長8年) 江戸幕府開府 7才
1604年 (慶長9年) 朱印船貿易始ま 8才
1607年 (慶長12年) 第1回朝鮮通信使来る 11
1609年 (慶長14年) オランダ人に通許可 13
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令 16才
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す 16才
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣 18
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣 19才
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工 21
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可 21
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止 28
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止 33才
1637年 (寛永14年) 島原の乱 41
1639年 (寛永16年) ポルトガル船の来航禁止 43
1641年 (寛永18年) 平戸商館長崎出島に移す 45
1643年 (寛永20年) 田畑永代売買禁止令 47
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布 55
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工 63


狩野 探幽 1602年1672年 (慶長7年寛文12年) -6

松平信綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 03:48 UTC 版)

松平 信綱(まつだいら のぶつな)は、江戸時代前期の大名武蔵国忍藩主、同川越藩藩主。老中。官職名入りの松平伊豆守信綱の呼称で知られる。


  1. ^ 『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』は武家の京都巡見にあたり提出された書物である[33]。方広寺は江戸時代に武家の京都巡見地の一つになっていたが、巡見に際しては事前に妙法院に方広寺の由緒を記した書物を提出するよう求められた[33]。そこに記された内容は妙法院の公式見解とされている。『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』は稲垣重富の巡見に際して提出された書物とされ、大仏再建の経緯などが綴られている[33]。妙法院日次記の元禄16年5月27日条に、巡見にあたり提出した書物控があり、その中の「釈迦心柱ノ書付」が『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』と題されている[33]。上記は『妙法院日次記』2巻に収録されている[33]
  1. ^ 10月29日説もある(『信綱記』(『改訂史籍集覧』第26))
  2. ^ 遠江国徳利里が出生地とも伝わる(『大河内家譜』2)
  3. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P20。『名将言行録』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936
  4. ^ (『豊橋市史』第6巻。『大河内家譜』2)
  5. ^ ただしこれまでの扶持米は幕府に収公された。なお、この500石は家光が信綱を特に評価して与えたという
  6. ^ 『信綱記』『明良洪範』『家乗附録』
  7. ^ 『寛政重修諸家譜』に記録がある。ただし『神奈川県史』通史編2などは相模に当時与えられるほどの領地の余裕は無く否定されており、寛永10年(1633年)といわれる
  8. ^ 『徳川実紀』第2篇
  9. ^ このとき細川忠利が信綱に祝儀の品を贈っている
  10. ^ のちの若年寄
  11. ^ 『江戸幕府日記』
  12. ^ これは家光が行政事務の停滞に苛立って老中の任のみに専念させるためといわれる
  13. ^ 重昌の嫡男・板倉重矩が父と共に出陣を信綱に嘆願したが信綱は拒絶した
  14. ^ 11月28日付の土井利勝阿部忠秋ら連署による水野勝成宛の老中奉書では「今度嶋原天草きりしたん蜂起之儀今程は相済み申すべく候。然れば彼の跡以下御仕置として、上使松平伊豆守ならびに戸田左門これを差し遣はされ候」とある(『下総結城水野家文書』)
  15. ^ 信綱には実戦経験が無く、九州の地理も事情も詳しくなかったためといわれる
  16. ^ 熊本藩主の細川忠利には日本の恥辱であると批判された。ただし信綱は城内のキリシタンに衝撃を与えるために行なったのである。だがオランダ側も2人が戦死し、城内の一揆側からも矢文で誹謗されて中止を余儀なくされた(『通航一覧』第6)
  17. ^ 杉山頼母、西村半三郎、野間市兵衛、ほか3名。
  18. ^ 信綱は井伊直孝、阿部忠秋、酒井忠勝らと協力して補佐した(『徳川実紀』第4篇)
  19. ^ 中根正盛 江戸時代前期の幕府のCIA長官で、“密事”を嗅ぎ出し、探索 /『歴史くらぶ』
  20. ^ 第4回 綱吉は練馬に御殿を持っていた〜その4 / ニュースサービス日経 江古田
  21. ^ 山内忠直書状
  22. ^ 1月26日付の忠直書状
  23. ^ 忠直書状、2月6日付
  24. ^ ベアトリス・M・ボダルト=ベイリー『ケンペルと徳川綱吉 ドイツ人医師と将軍との交流』中央公論社 1994年 p.95
  25. ^ a b 村山(2003) p.148
  26. ^ 井上和人『新編日本古典文学全集64 仮名草子集』注釈書 1999年 p.22-24
  27. ^ 丸山俊明『京は大火!大地震‼そのとき京人は、どうふるまったのか』2019年 p.12-14
  28. ^ 妙法院史研究会編「妙法院史料」1巻 尭恕法親王日記 p.28
  29. ^ a b 三上(1996) p.101
  30. ^ 『甲子夜話 三篇5』平凡社(東洋文庫) 1983年 p.84-85
  31. ^ 佐藤清彦『贋金王』1997年 p.65
  32. ^ 東京大学地震研究所『新収日本地震史料補遺』p.175
  33. ^ a b c d e 張洋一『東京国立博物館保管「京都大仏雛形」について 寛文期方広寺大仏の再興に関連して』(『Museum』1998年6月 収録) p.27
  34. ^ 井上和人『新編日本古典文学全集64 仮名草子集』注釈書 1999年 p.22-24
  35. ^ 丸山俊明『京は大火!大地震‼そのとき京人は、どうふるまったのか』2019年 p.12-14
  36. ^ 佐藤清彦『贋金王』1997年 p.65
  37. ^ 佐藤清彦『贋金王』1997年 p.65
  38. ^ 『三田村鳶魚全集』第六巻 1975年
  39. ^ 三上(1996) p.102
  40. ^ 齋藤努・髙橋照彦・西川祐一「近世銭貨に関する理科学的研究―寛永通寳と長崎貿易銭の鉛同位体比分析―」2000年
  41. ^ NHK Eテレの番組『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』の名称は、この別名にちなむ。
  42. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P285。
  43. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P285。
  44. ^ a b 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P286。
  45. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P287。
  46. ^ a b c 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、937頁。
  47. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P242、P243。
  48. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P216、P217、P286
  49. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P42
  50. ^ 『名将言行禄』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936
  51. ^ 『名将言行禄』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936、P937



松平信綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 15:17 UTC 版)

神君幻法帖」の記事における「松平信綱」の解説

竹千代君小姓。のちの老中異名知恵伊豆

※この「松平信綱」の解説は、「神君幻法帖」の解説の一部です。
「松平信綱」を含む「神君幻法帖」の記事については、「神君幻法帖」の概要を参照ください。


松平信綱(まつだいら のぶつな)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:25 UTC 版)

Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事における「松平信綱(まつだいら のぶつな)」の解説

幕府老中官職名伊豆守)から「智恵伊豆」と称される切れ者。堀一門惨劇については静観の構えである。しかし柳生宗矩とこの一件話題にし、さらに晒し者にされた明成嫌味を言うなど不快の念を覚えている描写なされている原作において明成晒し者にされた際に嫌味言ったのは彼ではなく伊達政宗であったが、史実では既に故人であったために本作修正された)。

※この「松平信綱(まつだいら のぶつな)」の解説は、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の解説の一部です。
「松平信綱(まつだいら のぶつな)」を含む「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事については、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「松平 信綱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「松平 信綱」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



松平 信綱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

松平 信綱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松平 信綱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平信綱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神君幻法帖 (改訂履歴)、Y十M 〜柳生忍法帖〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS