松平信綱 松平信綱の概要

松平信綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 08:48 UTC 版)

 
松平 信綱
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長元年10月30日1596年12月19日[1]
死没 寛文2年3月16日1662年5月4日
改名 長四郎、三十郎(幼名)→正永→信綱
別名 知恵伊豆
戒名 松林院殿乾徳全梁大居士
墓所 埼玉県新座市野火止平林寺
官位 従五位下、伊豆守、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府小姓小姓組番頭→六人衆
老中格老中→老中首座→老中
主君 徳川家光家綱
相模国内→武蔵忍藩主→武蔵川越藩
氏族 大河内氏長沢松平家(大河内松平家)
父母 父:大河内久綱、母:深井好秀の娘
養父:松平正綱
兄弟 信綱重綱(義弟)
正室:井上正就の長女
輝綱吉綱、伊織、信定信興堅綱
千万(酒井忠当室)、亀(土井利隆室)、
久満(秋元忠朝室)、多阿、百(松浦棟室)、八
テンプレートを表示

生涯

出生

慶長元年(1596年)、徳川家康の家臣・大河内久綱の長男として武蔵国[2]で生まれる。父の久綱は伊奈忠次配下の代官として小室陣屋付近(埼玉県北足立郡伊奈町小室)に居住していたので、当地で生まれたとする説が有力である。生母・深井氏は白井長尾氏の末裔であり、母方の祖父・深井好秀長尾景春玄孫である。

養子

慶長6年(1601年)に叔父・松平右衛門大夫正綱の養子となる。あるとき正綱が一人でいると、当時は三十郎と名乗っていた信綱がやって来て、「私は代官の子で口惜しい。恐れながら名字が欲しいので養子にしてほしいです」と嘆願した。正綱は笑いながら「そなたはまだ幼少の身分で本名を捨て我が名字を望むのはなぜか?」と訊ねた。「私の本名では御上の近習を勤めることは叶い難い。何卒養子にもなれば御座近く御奉公できるかもしれない」と答えた。正綱は不憫に思い、「なるほど、望みのように養子にしよう。けれども一通り父母に申してから字(あざな)を遣わそう」と挨拶した。両親にもこの旨を話して事が済むと、信綱は大いに喜んで「今日よりは松平三十郎なり」と述べたという[3]

家光の小姓・元服

慶長8年(1603年)9月3日、将軍世子の徳川秀忠に、11月には正綱に従って伏見城に赴き、11月15日に徳川家康と初めて拝謁した[4]。慶長9年(1604年)7月17日に秀忠の嫡男・徳川家光が誕生すると、7月25日に家光付の小姓に任じられて合力米3人扶持になった。慶長10年(1605年)12月3日に5人扶持となる。

慶長16年(1611年)11月15日に前髪を落として元服し、正永と名乗る。慶長18年(1613年)1月28日に井上正就の娘と結婚した。ただし慶長15年(1610年)から慶長16年(1611年)にかけて胃病を患い在郷で養生していたという。

出世の道

元和6年(1620年)1月20日に500石を与えられた[5]。 このとき家紋も三本扇とした[6]。この年の12月下旬に養父の正綱に実子の松平利綱(正次・左門)が生まれると、信綱は「正」の通字を継ぐのは実子であるとして自らは名を正永から信綱と改め、元和9年(1623年)6月15日に御小姓組番頭に任命され、新たに300石の加増を受けた。7月には家光の将軍宣下の上洛に従い、従五位下伊豆守に叙位・任官された。

寛永元年(1624年)5月16日には1,200石を加増された。寛永3年(1626年)7月には家光の上洛に再度従った。寛永5年(1628年)1月5日には相模国高座郡愛甲郡で8,000石の所領を与えられて[7]、合計1万石の大名となった。このときに一橋門内において屋敷を与えられた。寛永7年(1630年)5月17日には上野国白井郡・阿保郡などで5,000石を加増される。

寛永9年(1632年)1月に大御所だった秀忠が死去すると、信綱は養父と共に遺銀400枚を賜った[8]。 4月13日に家光の日光山参詣に従う。11月18日には老中と小姓組番頭を兼務した[9]

寛永10年(1633年)3月23日、阿部忠秋堀田正盛三浦正次太田資宗阿部重次らと共に六人衆[10]に任命された。5月5日、阿部忠秋や堀田正盛らと共に家光より老中に任じられ[11]、同時に1万5,000石を加増されて3万石で武蔵に移封され、忍城付の与力20騎・同心50人を預けられた。この年の5月から井上正重らと近江国や大坂・奈良などを巡検した。11月には徳川忠長配流の地を予定してか上総国佐貫を巡検している。

寛永11年(1634年)3月3日に「老中職務定則」と「若年寄職務定則」を制定。6月には家光の上洛に嫡男・輝綱と共に従い、6月27日に家光より駿府城で刀と盃を賜った。閏7月29日に従四位下に昇叙される。

寛永12年(1635年10月29日、それまで兼務していた小姓組番頭を罷免された[12]。 11月には寺社奉行や勘定頭、留守居などの職制を制定。11月15日には月番制も定め、将軍直轄の体制を固めて職務を円滑に進めることができるように改革を進めた。

寛永13年(1636年)4月に家光が日光参詣に赴いた際、信綱は江戸に留まって江戸城普請監督を務め、12月の朝鮮通信使の日光参詣では惣奉行として随行した。

寛永14年(1637年)10月16日には家光を自邸に迎えて盛大に饗応した。

島原の乱

寛永14年(1637年)10月末に肥前国島原肥後国天草郡などでキリシタン一揆が発生した(島原の乱)。信綱ら首脳陣は当初、板倉重昌[13]石谷貞清を派遣し、さらに日根野吉明鍋島勝茂寺沢堅高松倉勝家ら九州の諸大名に鎮圧と加勢を命じた。しかし一揆勢は原城に立て籠もって抗戦し、戦闘は長期化した。

当初、幕府軍の総大将は板倉重昌であり[14]、信綱は戸田氏鉄と共に一揆鎮圧後の仕置・戦後処理のために派遣されていた[15]。だが寛永15年(1638年)1月1日に重昌が戦死。石谷貞清も重傷を負ったため、代わって信綱が幕府軍の総大将に就任することになった。

1月11日には篭城する一揆軍に対してオランダ船のデ・ライブ号に要請して援護射撃をさせた[16]。 1月28日に副将格の戸田氏鉄が負傷するなど一揆の抵抗も激しく、信綱は立花宗茂水野勝成黒田一成ら戦陣経験がある老将達と軍議が行われて兵糧攻めに持ち込んだ。この結果、2月下旬には一揆の兵糧はほぼ尽きてしまい、2月28日までに原城を陥落させた。信綱は一揆の総大将である天草四郎の首実検を行い、さらし首とした。このとき信綱の家臣6名も戦死[17]し、手負い103名であった。3月1日には原城を破却して捕らえた者は斬首してさらした。また松倉勝家寺沢堅高両名も一揆を招いた責任ありとして処罰を言い渡した。

幕藩体制の完成

戦後、一揆鎮圧の勲功を賞され、寛永16年(1639年)1月5日には3万石加増の6万石で川越藩に移封された。信綱は城下町川越の整備、江戸とを結ぶ新河岸川川越街道の改修整備、玉川上水野火止用水の開削、農政の振興などにより藩政の基礎を固めた。

島原の乱後、信綱はキリシタン取締りの強化や武家諸法度の改正、ポルトガル人の追放を行なった。またオランダ人を長崎の出島に隔離して鎖国制を完成させた。

寛永15年(1638年)11月に土井利勝らが大老になると、信綱は老中首座になって幕政を統括した。寛永16年(1639年)8月に江戸城本丸が焼失すると、その再建の惣奉行を務めた。慶安元年(1648年)4月に養父の正綱が死去した際には銀100枚を賜ったが、その遺領は実子の松平正信松平正朝に継がせて自らは拒絶した。この頃は家光実父の台徳院(秀忠)、生母の崇源院の法事奉行を務めている。

家綱時代

慶安4年(1651年)4月の家光没後はその息子で第4代将軍となった徳川家綱の補佐に当たり[18]、家光没後の直後に起こった慶安の変[19][20]を7月に鎮圧した。承応元年(1652年)9月に老中暗殺を目的とした承応の変も鎮圧した。明暦3年(1657年)1月の明暦の大火などの対応に務めた。

最期

寛文2年(1662年)1月18日に病気に倒れて出仕できなくなり、嫡男の輝綱が代理として出仕した。1月19日に小用がつかえたが服薬して回復した[21]。1月21日には将軍の上使として大久保忠朝が派遣された。1月26日には病が再発し、死を悟った信綱は他の老中へ暇乞いして遺言まであった[22]。1月27日には久世広之、1月29日に本多忠隆らが派遣されて茶・菓子・薬を賜った。このため見舞いの使者がおびただしく訪れた[23]。3月になると危篤状態となり、3月15日に老中の阿部忠秋に嫡子・輝綱のことを頼んだという。

3月16日の夕刻に老中在職のまま死去した。享年67(満65歳没)。跡を長男の輝綱が継いだ。

方広寺大仏(京の大仏)建て替えへの関与

エンゲルベルト・ケンペル方広寺大仏(京の大仏)のスケッチ[24]寛文年間(万治年間とする史料もある)に方広寺大仏は損壊したため、江戸幕府の主導で建て替えられることになった。

寛文2年(1662年)5月1日(新暦では6月16日)に、寛文近江・若狭地震が発生し、京都全域に大きな被害をもたらしたが、この地震で豊臣秀頼の造立した銅造の方広寺大仏(京の大仏)が損壊した[25](地震発生前から、経年劣化などで既に大仏は損壊していたとする説もある[26][27])。方広寺大仏は高さ6丈3尺(約19m)とされ、東大寺大仏の高さ約14mを上回り、当時大仏としては日本一の高さを誇っていた(なお、この頃はまだ松永久秀による兵火で焼失した、東大寺大仏及び大仏殿の再建はなされていない)。方広寺を管理下に置いていた妙法院の、時の門主尭恕法親王の日記によれば、武家より大仏を鋳造(銅造)から木造に改めるよう命令がなされ[28]、損壊した旧大仏は取り壊され、新しく木造で大仏が再興された。この一連の経緯について、豊臣氏の遺産である銅造の大仏の存在を快く思わない江戸幕府が、修繕計画すら立てずに既存大仏の解体と、(銅造に比べれば質の劣ると見なされた)木造での再建を決定し[29]、それが実行され、大仏躯体の銅材は亀戸銭座に運び込まれ、寛永通宝(文銭)鋳造の原料に用いられたのだという風説が大衆に流布した。「大仏躯体の銅材を銭貨にする」という案は松平信綱の発案によるもので、上記案は通貨量の不足を解消するための公益上必要な措置であると時の将軍徳川家綱に建議し、それが了承され実行されたのだとも噂された[30][31][32]新寛永(文銭)項目も参照)。方広寺大仏建て替えの経緯については不明確な点が多いが、江戸幕府が関与したのは事実で、妙法院が大仏再建の経緯を綴った『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』[注釈 1]によれば、京都所司代牧野親成の指示のもと、仏師玄信が大仏再建にあたったという[25]

上記風説のうち、「松平信綱の建議による」という話については、通説通りに大仏が寛文2年(1662年)5月1日の地震で損壊したとすれば、彼が寛文2年(1662年)3月に死去しているので真実とは考えにくい。ただし諸史料の分析から、地震発生前に経年劣化などで既に大仏は損壊していたとし、5月1日以前に大仏の建て替えが決まっていたとする説もある[26][27]

なお「大仏躯体の銅材を銭貨にした」話の真偽について以下の説がある。江戸文化研究者の三田村鳶魚は「大仏躯体の銅材を銭貨にした」とする逸話は作り話としている。その逸話は享保年間以降の史料から散見されるようになり、寛文年間の史料にはその記述が見られないこと、文銭の生産量から考えて大仏躯体の銅材では量が少なすぎて、それを賄いきれないことを根拠とする。よって松平信綱の建議とする逸話も作り話であるとする。また『日本新永代蔵』で紹介される「大仏躯体の銅材は競売に掛けられたが、商人は皆恐れ多いとして落札しようとしなかった。しかし大坂の中島屋が落札し、それを元手に巨万の富を得たが、人々から罰当たりだとして指弾された」との逸話から、大仏躯体の銅材は銭貨にされたのではなく、商人に払い下げられたのではないかとしている[34]。経済学者・貨幣史研究者の三上隆三は、「大仏躯体の銅材を銭貨にした」話は真実であるとしている[29]。ただし三上は、大仏躯体の銅材を貨幣鋳造の原料に再利用されたとしても、寛文期の鋳銭の材料すべてを賄う量ではなかったとしており、寛永通宝(文銭)の原料は全て大仏躯体の銅材で賄われたとする風説は誤りとしている[35]日本銀行金融研究所は上記風説の真偽について、寛永通宝(文銭)の原材料の化学的な成分分析の結果、大仏の鋳造がなされた秀頼期のものとは原材料の産出地が異なるとして、「たとえ鋳銭の原料に方広寺大仏を用いたとしても、それは(生産された文銭全体の割合からみれば)ごく一部に過ぎなかったと判断できる」との結論を出している[36]


  1. ^ 『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』は武家の京都巡見にあたり提出された書物である[33]。方広寺は江戸時代に武家の京都巡見地の一つになっていたが、巡見に際しては事前に妙法院に方広寺の由緒を記した書物を提出するよう求められた[33]。そこに記された内容は妙法院の公式見解とされている。『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』は稲垣重富の巡見に際して提出された書物とされ、大仏再建の経緯などが綴られている[33]。妙法院日次記の元禄16年5月27日条に、巡見にあたり提出した書物控があり、その中の「釈迦心柱ノ書付」が『洛東大仏殿修覆並釈迦大像造営記』と題されている[33]。上記は『妙法院日次記』2巻に収録されている[33]
  1. ^ 10月29日説もある(『信綱記』(『改訂史籍集覧』第26))
  2. ^ 遠江国徳利里が出生地とも伝わる(『大河内家譜』2)
  3. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P20。『名将言行録』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936
  4. ^ (『豊橋市史』第6巻。『大河内家譜』2)
  5. ^ ただしこれまでの扶持米は幕府に収公された。なお、この500石は家光が信綱を特に評価して与えたという
  6. ^ 『信綱記』『明良洪範』『家乗附録』
  7. ^ 『寛政重修諸家譜』に記録がある。ただし『神奈川県史』通史編2などは相模に当時与えられるほどの領地の余裕は無く否定されており、寛永10年(1633年)といわれる
  8. ^ 『徳川実紀』第2篇
  9. ^ このとき細川忠利が信綱に祝儀の品を贈っている
  10. ^ のちの若年寄
  11. ^ 『江戸幕府日記』
  12. ^ これは家光が行政事務の停滞に苛立って老中の任のみに専念させるためといわれる
  13. ^ 重昌の嫡男・板倉重矩が父と共に出陣を信綱に嘆願したが信綱は拒絶した
  14. ^ 11月28日付の土井利勝阿部忠秋ら連署による水野勝成宛の老中奉書では「今度嶋原天草きりしたん蜂起之儀今程は相済み申すべく候。然れば彼の跡以下御仕置として、上使松平伊豆守ならびに戸田左門これを差し遣はされ候」とある(『下総結城水野家文書』)
  15. ^ 信綱には実戦経験が無く、九州の地理も事情も詳しくなかったためといわれる
  16. ^ 熊本藩主の細川忠利には日本の恥辱であると批判された。ただし信綱は城内のキリシタンに衝撃を与えるために行なったのである。だがオランダ側も2人が戦死し、城内の一揆側からも矢文で誹謗されて中止を余儀なくされた(『通航一覧』第6)
  17. ^ 杉山頼母、西村半三郎、野間市兵衛、ほか3名。
  18. ^ 信綱は井伊直孝、阿部忠秋、酒井忠勝らと協力して補佐した(『徳川実紀』第4篇)
  19. ^ 中根正盛 江戸時代前期の幕府のCIA長官で、“密事”を嗅ぎ出し、探索 /『歴史くらぶ』
  20. ^ 第4回 綱吉は練馬に御殿を持っていた〜その4 / ニュースサービス日経 江古田
  21. ^ 山内忠直書状
  22. ^ 1月26日付の忠直書状
  23. ^ 忠直書状、2月6日付
  24. ^ ベアトリス・M・ボダルト=ベイリー『ケンペルと徳川綱吉 ドイツ人医師と将軍との交流』中央公論社 1994年 p.95
  25. ^ a b 村山(2003) p.148
  26. ^ a b 井上和人『新編日本古典文学全集64 仮名草子集』注釈書 1999年 p.22-24
  27. ^ a b 丸山俊明『京は大火!大地震‼そのとき京人は、どうふるまったのか』2019年 p.12-14
  28. ^ 妙法院史研究会編「妙法院史料」1巻 尭恕法親王日記 p.28
  29. ^ a b 三上(1996) p.101
  30. ^ 『甲子夜話 三篇5』平凡社(東洋文庫) 1983年 p.84-85
  31. ^ 佐藤清彦『贋金王』1997年 p.65
  32. ^ 東京大学地震研究所『新収日本地震史料補遺』p.175
  33. ^ a b c d e 張洋一『東京国立博物館保管「京都大仏雛形」について 寛文期方広寺大仏の再興に関連して』(『Museum』1998年6月 収録)p.27
  34. ^ 「毀仏鋳銭の謬伝」『三田村鳶魚全集』第六巻 1975年
  35. ^ 三上(1996) p.102
  36. ^ 齋藤努・髙橋照彦・西川祐一「近世銭貨に関する理科学的研究―寛永通寳と長崎貿易銭の鉛同位体比分析―」2000年
  37. ^ NHK Eテレの番組『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』の名称は、この別名にちなむ。
  38. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P285。
  39. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P285。
  40. ^ a b 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P286。
  41. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P287。
  42. ^ a b c 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、937頁。
  43. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P242、P243。
  44. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P216、P217、P286
  45. ^ 大野瑞男『松平信綱』(吉川弘文館、2010年)P42
  46. ^ 『名将言行禄』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936
  47. ^ 『名将言行禄』。朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P936、P937


「松平信綱」の続きの解説一覧




松平信綱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

松平信綱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松平信綱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平信綱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS