創業とは? わかりやすく解説

そう‐ぎょう〔サウゲフ〕【創業】

読み方:そうぎょう

[名](スル)事業を始めること。会社や店を新しく興すこと。「―して百年になる」

起業[用法]


起業

(創業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:57 UTC 版)

起業きぎょうとは、新しく事業を起こすことで、創業そうぎょうともいう。


注釈

  1. ^ 財団法人ベンチャーエンタープライズセンターの定義による。
  2. ^ 日本商工会議所による「創業塾」、地方公共団体主催による起業セミナー、その他民間主催の起業向けの講習などがある。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i ベンチャー有識者会議とりまとめ”. 経済産業省. 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ 日本放送出版協会「データマップ日本 日本経済再生への処方箋」2002年、107頁
  3. ^ 中小企業白書(2019) 第2章 次世代の経営者の活躍 中小企業庁、2021年2月24日閲覧。
  4. ^ スタートアップ国家で見た!イスラエル製「未来の生活」のすべてForbes JAPAN(2018年5月11日)2018年5月19日閲覧
  5. ^ a b c 榊原節子『金銭教育:小遣いから資産家の二世教育まで』 総合法令 2003年 第2刷 ISBN 4-89346-724-7 pp.96-110.
  6. ^ 松田修一・大江建『起業家の輩出』p.23
  7. ^ ニッセイ基礎研究所『ベンチャー・起業と投資の実際知識』p.15
  8. ^ 松田修一・大江建『起業家の輩出』p.23
  9. ^ 「起業精神こそ資本主義の精華 日本の開業率はなぜ低いか」太田聰一)、『週刊東洋経済』2015年2月7日号
  10. ^ 経済産業省「最低資本金規制の特例制度について」
  11. ^ “思想なきエンジェル税制 利用低迷が浮き彫りにする“官製平等国家”の限界”. 日経BP. (2007年7月17日). オリジナルの2011年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111211064923/http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q3/539691/ 
  12. ^ ニッセイ基礎研究所『ベンチャー・起業と投資の実際知識』p.85・他
  13. ^ a b c d 榊原 智子,片山 悠樹「「起業家育成」言説の登場とその変遷-企業内起業家育成から大学内起業家育成へ-」『愛知教育大学教職キャリアセンター紀要』第6巻、愛知教育大学、2021年3月、 131-138頁。
  14. ^ 文部科学省「大学におけるカリキュラム等の改革状況について」
  15. ^ 九大起業部、創出第1号 診断ソフト開発ベンチャー『日本経済新聞』電子版(2018年1月19日)2018年5月19日閲覧


「起業」の続きの解説一覧

創業(1889年-1935年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:57 UTC 版)

メンソレータム (企業)」の記事における「創業(1889年-1935年)」の解説

創業者のアルバート・アレクサンダー・ハイドは、元は不動産業者だったが、不動産市場崩壊に伴い1889年不動産業から撤退しカンザス州ウィチタシェービングクリーム、ランドリーソープ、トイレットソープの製造・販売中心とした「ユッカ・カンパニー」(The Yucca Company)という新しパートナーシップ設立した。このユッカ社がメンソレータム社前身である。ユッカ社が"Vest Pocket Cough Specific"という樟脳メントールブレンドし咳止めシロップ製造開始したとき、ハイドメントール鎮静作用抗炎症作用興味を持った4年間の研究実験経て1894年12月メントールワセリン配合したメンソレータム軟膏」を発売した。この製品大成功収め1903年ハイドミシシッピ川以東販売流通担当するための第2事務所ニューヨーク州バッファロー開設した1906年ユッカ社は主力商品にちなんだ「メンソレータム・カンパニー」(The Mentholatum Company)という名前で正式に法人化し、それまで行っていた石鹸販売中止した1909年ウィチタ新工場1919年バッファロー第2工場建設したハイド死後の1935年ウィチタ工場閉鎖され本社1937年デラウェア州ウィルミントンに、1945年バッファロー移転した

※この「創業(1889年-1935年)」の解説は、「メンソレータム (企業)」の解説の一部です。
「創業(1889年-1935年)」を含む「メンソレータム (企業)」の記事については、「メンソレータム (企業)」の概要を参照ください。


創業(1876年 - 1900年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/08 02:57 UTC 版)

ニューヨーク・エア・ブレーキ」の記事における「創業(1876年 - 1900年)」の解説

ニューヨーク・エア・ブレーキは、イームズ・バキューム・ブレーキ・カンパニー (Eames Vacuum Brake Company) の資産ビジネス買収して1890年7月1日設立された。イームズ社は1876年から真空ブレーキ製造成功していた会社であった新しい会社は、1893年アメリカ全ての鉄道車両標準化されブレーキ装置設置義務付け法律を受けて活気付いていたブレーキ市場にちょう間に合うように、ビービー島 (Beebee Island) と近く海岸10新しい建物建設した

※この「創業(1876年 - 1900年)」の解説は、「ニューヨーク・エア・ブレーキ」の解説の一部です。
「創業(1876年 - 1900年)」を含む「ニューヨーク・エア・ブレーキ」の記事については、「ニューヨーク・エア・ブレーキ」の概要を参照ください。


創業(1918年〜1923年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 03:04 UTC 版)

カナディアン・ナショナル鉄道」の記事における「創業(1918年1923年)」の解説

鉄道破綻による公共交通体系喪失危機感募らせ市民意識背景にして、1918年9月6日政府破綻寸前のカナディアン・ノーザン鉄道Canadian Northern Railway)(CNoR)の所有権大部分取得し会社監視する経営委員会任命した同時にCNoRはカナダ政府鉄道Canadian Government Railways)(CGR)、カナダ・インターコロニアル鉄道(Intercolonial Railway)(IRC)、ナショナル・トランスコンチネンタル鉄道National Transcontinental Railway)(NTR)、プリンス・エドワード・アイランド鉄道Prince Edward Island Railway)(PEIR)等の運営統合をするよう指示された同年12月20日多数鉄道会社シンプルに出資し運営するための手段として、女王陛下諮問機関を通じて連邦政府カナダ国有鉄道(CNR)を組織したIRCをも合併したことは、CNRスローガン人民のための鉄道」にぴったりであった。 また、1919年3月7日にはグランド・トランク太平洋鉄道Grand Trunk Pacific Railway)(GTPR)はその親会社グランド・トランク鉄道Grand Trunk Railway)(GTR)による連邦政府への建設返済ができなくなり財政危機陥っていた。連邦政府鉄道運河省が翌年6月12日まで運営しCNR統合した最終的に破綻したGTR1920年3月21日経営委員会監督下置かれた一方経営陣国有化反対する株主法的措置講じた調停から数年後1923年1月30日GTRCNR買収された。その後いくつかの規模小さな独立系鉄道破綻するたびにCNR傘下に収めていった。 CNR第一次世界大戦時ということ国内的な緊急性によって誕生した個人自動車所有し、税により高速道路整備されるうになるまで、長年に渡って鉄道長距離交通手段唯一のものであったそのため、鉄道に関するニュース人々や行政の耳目大い集めた多くの国が、鉄道網重要なインフラストラクチャーだと考え第一次世界大戦脅威が続く中で他国同様、カナダ鉄道国有化したのである。 20世紀初頭、多くの国の政府はその国の経済干渉強めていった。ジョン・メイナード・ケインズのような経済学者影響である。この土地政策結びついた政策潮流は、企業国有化促した1919年のウィニペグ・ゼネラル・ストライキ、ロシア革命は、この政策有用なものと見せた市民の不安が高まり外国からの軍事干渉あるよう時期において、鉄道事業必要性は非常に高かった

※この「創業(1918年〜1923年)」の解説は、「カナディアン・ナショナル鉄道」の解説の一部です。
「創業(1918年〜1923年)」を含む「カナディアン・ナショナル鉄道」の記事については、「カナディアン・ナショナル鉄道」の概要を参照ください。


創業 (1959年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 19:38 UTC 版)

ワールド (企業)」の記事における「創業 (1959年-)」の解説

神戸市中小アパレルメーカーある光商会社員当時)で専務新入社員関係性であった畑崎廣敏木口衛2人が光商会退社後、1959年昭和34年)に独立して創立木口社長、畑崎が専務となり、大手アパレルメーカー成長させた。当時は事業生業とする日本発のトータルコーディネートブランドを開発するなど、徐々にファッションビジネス総合アパレルメーカーへと急成長遂げていく。 神戸市ポートアイランド誕生した際に現在のワールド本社ビル群を建設ポートアイランド所在するファッションタウンの中核形成したほか、ワールドからの寄附金20億円を基に神戸市設置した多目的ホールであるワールド記念ホール設立阪神淡路大震災時にも支援を行うなど長らく地元神戸市振興尽力してきた。

※この「創業 (1959年-)」の解説は、「ワールド (企業)」の解説の一部です。
「創業 (1959年-)」を含む「ワールド (企業)」の記事については、「ワールド (企業)」の概要を参照ください。


創業(エイブラム・ジンマーマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 23:35 UTC 版)

ニューホランドAg」の記事における「創業(エイブラム・ジンマーマン)」の解説

ニューホランドはエイブラム・ジンマーマン(Abram Zimmerman)により1895年にアメリカ・ペンシルベニア州ニューホランド設立された。

※この「創業(エイブラム・ジンマーマン)」の解説は、「ニューホランドAg」の解説の一部です。
「創業(エイブラム・ジンマーマン)」を含む「ニューホランドAg」の記事については、「ニューホランドAg」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

創業

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:52 UTC 版)

発音

名詞

(そうぎょう)

  1. 事業創めること。

複合語

成句

動詞

活用

類義語


「創業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「創業」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創業」の関連用語

創業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの起業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメンソレータム (企業) (改訂履歴)、ニューヨーク・エア・ブレーキ (改訂履歴)、カナディアン・ナショナル鉄道 (改訂履歴)、ワールド (企業) (改訂履歴)、ニューホランドAg (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの創業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS