林 羅山とは? わかりやすく解説

はやし‐らざん【林羅山】

読み方:はやしらざん

[1583〜1657]江戸初期儒学者幕府儒官林家の祖。京都の人。名は忠・信勝。法号道春朱子学藤原惺窩(ふじわらせいか)に学び徳川家康から家綱まで4代将軍侍講として仕えた上野忍岡家塾は、のちの昌平坂学問所起源となった。著「羅山文集」など。

林羅山の画像

はやしらざん 【林羅山】

江戸初期幕府儒官。名は忠・信勝。京都の人。父の兄の家養子一時、僧となり、僧名は道春藤原惺窩朱子学学び徳川家康以後四代侍講上野忍ケ岡に学問所先聖殿を建て、これが昌平黌起源多くの漢籍訓点加えて刊行し、その訓点道春点と呼ぶ。神儒一致立場をとり神仏習合思想攻撃した。著『本朝神社考』他。(一五八三~一六五七

林羅山

読み方はやし らざん

江戸前期儒者朱子学者京都生。名は信勝、字は子信、通称又三郎別号道春・羅浮子浮山・羅洞等。藤原惺窩学び徳川家康以下四代将軍歴仕して封建教学制度樹立尽し上野開いた私塾弘文館昌平坂学問所起源をなした。著作厖大である。明暦3年(1657)歿、75才。

林 羅山 (はやし らざん)

1583〜1657 (天正11年明暦3年)
儒学者博覧強記に加えて実務の才をあわせ持ち、将軍家侍講に。家康から四代将軍仕えた
江戸初期儒学者京都出身建仁寺禅学修行した後、藤原惺窩師事推挙され徳川家康仕え以後四代にわたり将軍侍講となった博覧強記に加え実務にも長け武家諸法度をはじめ朝鮮使節への国書起草など、幕府外交文書作成典礼格式調査整備かかわった三代家光のとき、城内羅山のために先聖堂が建てられ、これは後の湯島聖堂前身となった

 年(和暦)
1584年 (天正12年) 小牧・長久手の戦い 1才
1587年 (天正15年) バテレン追放令 4才
1588年 (天正16年) 刀狩令 5才
1590年 (天正18年) 家康江戸城に入る 7才
1592年 (文禄元年) 文禄の役(〜1596) 9才
1597年 (慶長2年) 慶長の役 14才
1600年 (慶長5年) 関が原の戦い 17才
1603年 (慶長8年) 江戸幕府開府 20才
1604年 (慶長9年) 朱印船貿易始ま 21
1607年 (慶長12年) 第1回朝鮮通信使来る 24
1609年 (慶長14年) オランダ人に通許可 26
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令 29
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す 29
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣 31
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣 32
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工 34
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可 34
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止 41
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止 46
1637年 (寛永14年) 島原の乱 54
1639年 (寛永16年) ポルトガル船の来航禁止 56
1641年 (寛永18年) 平戸商館長崎出島に移す 58
1643年 (寛永20年) 田畑永代売買禁止令 60
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布 68


徳川 秀忠 1579年1632年 (天正7年寛永9年) +4
春日 局 1579年1643年 (天正7年寛永20年) +4

林羅山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/20 18:41 UTC 版)

林 羅山(はやし らざん、天正11年(1583年) - 明暦3年1月23日1657年3月7日))は、江戸時代初期の朱子学儒学者林家の祖。羅山はで、信勝(のぶかつ)。は子信。通称は又三郎。出家した後の号、道春(どうしゅん)の名でも知られる[注釈 2]


注釈

  1. ^ 京都大学総合博物館蔵。原本の絵師は不明。本図は江戸時代後期の模写。
  2. ^ 羅山、道春のほか、羅浮子・夕顔巷・胡蝶洞・梅花村その他の号がある[1]
  3. ^ しかし家康自身は、羅山よりも崇伝天台宗の僧侶天海を政治的助言者としてはむしろ重用しており、儒学者をことさら特別視したわけではなかった。
  4. ^ つねに言動をつつしみ、礼儀をただすべしというこの思想には、武士階級に指導者として自己を律すべしとの自覚をうながした側面があることも指摘されている[10]
  5. ^ 羅山は手広く自らの学術宗教を喧伝したため、後世、中江藤樹山崎闇斎からの批判を受けている。
  6. ^ 岩城隆利は、これを中世末期の伊勢神道の流れを汲む発想であろうとしている[13]

参照

  1. ^ 宮崎(1994)
  2. ^ a b 宮崎(1994)
  3. ^ a b c d e f g 石田(2004)
  4. ^ a b c d e f 松岡正剛の千夜千冊『徳川イデオロギー』ヘルマン・オームス
  5. ^ 宮本義己「徳川家康と本草学」(笠谷和比古編『徳川家康―その政治と文化・芸能―』宮帯出版社、2016年)
  6. ^ a b 辻(1974)pp.210-211
  7. ^ a b c d e f g h i 岩城(1979)p.108
  8. ^ a b 御厨(1995)pp.188-189
  9. ^ 白取(2005)p.88-89
  10. ^ 高橋ほか(2003)p.42
  11. ^ 深谷(1993)pp.259-262
  12. ^ 深谷(1993)p.262
  13. ^ 岩城(1979)p.108
  14. ^ 和辻哲郎埋もれた日本 ――キリシタン渡来文化前後における日本の思想的情況――』(青空文庫)
  15. ^ 物語日本史(下)P.59
  16. ^ 辻(1974)p.132
  17. ^ 辻(1974)pp.386-387
  18. ^ 深谷(1993)p.170
  19. ^ 下呂市エコツーリズム推進全体構想(下呂市エコツーリズム推進協議会)”. 環境省. 2021年12月1日閲覧。
  20. ^ 下呂温泉街マップ”. 下呂温泉観光協会. 2021年12月1日閲覧。
  21. ^ 下呂温泉まつり開催!”. 日本温泉協会. 2021年12月1日閲覧。


「林羅山」の続きの解説一覧

「林 羅山」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



林 羅山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

林 羅山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



林 羅山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林羅山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS