起草とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 起草の意味・解説 

き‐そう〔‐サウ〕【起草】

読み方:きそう

[名](スル)草稿書くこと文案作ること。「原案を—する」


草案

(起草 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 02:17 UTC 版)

草案(そうあん)とは、文章、特に規約法律などの下書き、原案のことをいう。「草案を練る」などという。




「草案」の続きの解説一覧

起草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 07:54 UTC 版)

ハンガリー基本法」の記事における「起草」の解説

2010年フィデス=ハンガリー市民同盟フィデス)による新政権は、新憲法の起草に着手した議会憲法起草委員会設置され、全5政党から選出された。草案は、欧州議会議員のJózsef SzájeriPad作られた。翌2011年2月、József Szájerにより、草案対す国民アンケート行うチーム作られた。メンバーは、駐英ハンガリー大使のJános Csák、ハンガリー国立銀行監査委員長のZsigmond Járai、ハンガリー科学アカデミー会長であり、元教育大臣のJózsef Pálinkás、ハンガリー社会党の元国民議会議長であるKatalin Sziliであった質問事項記載されたこのアンケート国民意見を聞くため郵送され11%にあたる917,000通が返ってきた。そして、応答者の中のコンセンサスに基づき条項盛り込まれ、あるいは削除された。例えば、未成年者対す選挙権付与についての提案は、国民反対により見送られた。 同年4月8日議会26244でこの憲法可決したフィデスキリスト教民主国民党連合賛成しヨッビク反対した。社会党新しい政治の形は、議論における与党歩み寄り消極的で、結論変えることができなかったとして、起草作業採決両方ボイコットした4月25日大統領シュミット・パール署名し2012年1月1日施行された。この憲法制定されたのは、ハンガリー欧州連合理事会議長国の6か月間の任期最中であった

※この「起草」の解説は、「ハンガリー基本法」の解説の一部です。
「起草」を含む「ハンガリー基本法」の記事については、「ハンガリー基本法」の概要を参照ください。


起草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 07:17 UTC 版)

インド憲法」の記事における「起草」の解説

1947年8月14日憲法制定議会会議で、各種委員会作る提案なされた基本的人権に関する委員会連邦権限に関する委員会連邦憲法に関する委員会などがあった。1947年8月29日起草委員会選任されビームラーオ・アンベードカル議長としてその他に6人の委員選ばれた。憲法草案はこの委員会準備され1947年11月4日憲法制定議会提出された。 インド憲法立案者多く外国資料参考にしたが、中でもイギリス議院内閣制に最も大きく影響受けた。さらに、権力分立インド最高裁判所設置変形されてはいるが連邦制連邦政府州政府の権限憲法上の分離)の採用等、多く原則アメリカ合衆国憲法から採用された。 憲法制定議会は、憲法制定するまでに166日間2年以上にわたり、11ヶ月18日間、公の会議会合した多く審議修正の後、1950年1月24日308人の委員2つ文書写しヒンディー語と英語)に署名したインド憲法原本は、立派なカリグラフィーによって手書きされ全てのページが、Beohar Rammanohar Sinha等のシャンティニケタンから来たアーティストによって装飾されている。2日後1950年1月26日インド憲法インド全ての領土における法となった

※この「起草」の解説は、「インド憲法」の解説の一部です。
「起草」を含む「インド憲法」の記事については、「インド憲法」の概要を参照ください。


起草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 16:05 UTC 版)

アポロ8号での創世記の朗読」の記事における「起草」の解説

ボーマンは、月周回中のスピーチ起草しようとしたときに、アメリカ合衆国によるベトナム戦争への関与対す謝罪のように聞こえると感じ予算局(現在の行政管理予算局)のジョセフ・ライティンに助言求めた。ライティン自身も同じ問題抱えていた。最初草稿では「地球上の平和」という概念中心だったが、それは現在進行中の戦争照らして不適切だと感じクリスマス季節聖書書かれているキリストの降誕記述との間に良い関連性がないかどうか、『新約聖書』に目を通し始めた。『旧約聖書』に目を向けて、「創世記」の冒頭を使うよう提案したのは、ジョセフ・ライティンの妻であるクリスティン・ライティンだった。 このスピーチ原稿耐火紙に印刷されスピーチミッション飛行計画含まれていた。

※この「起草」の解説は、「アポロ8号での創世記の朗読」の解説の一部です。
「起草」を含む「アポロ8号での創世記の朗読」の記事については、「アポロ8号での創世記の朗読」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「起草」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

起草

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:10 UTC 版)

名詞

きそう

  1. 草案原稿書き始めること。

発音(?)

き↗そー

動詞

活用

サ行変格活用
起草-する

「起草」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



起草と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「起草」の関連用語

起草のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



起草のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハンガリー基本法 (改訂履歴)、インド憲法 (改訂履歴)、アポロ8号での創世記の朗読 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの起草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS