草案とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 下書き > 草案の意味・解説 

そう‐あん〔サウ‐〕【草案】

読み方:そうあん

文章、特に規約などの下書き原案。「―を練る」


草案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 02:17 UTC 版)

草案(そうあん)とは、文章、特に規約法律などの下書き、原案のことをいう。「草案を練る」などという。




「草案」の続きの解説一覧

草案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 14:37 UTC 版)

立憲政体の詔書」の記事における「草案」の解説

木戸板垣同年3月参議復帰し大久保伊藤とともに大阪会議合意事項基づいた政体改革案立憲政体の御布告案」を作成し太政大臣三条実美提出したと言われている。 ただ現存する草案は太政官公文用紙書かれている内容詔書同じく最終行に翼賛の語が使用されており、ただし書きは「詔書布告案 中大外直に印書局へ付し印刷して 原案内史本局留む云うとなっている。 大日本帝国憲法発布記念章叙勲者には中村氏複数おり、太政官正院の「中村大外史」は、大蔵省出仕啓蒙思想家で『英国律法要訣翻訳者中村正直1832年生)、あるいは東京裁判裁判官後の日本法律学校評議員大審院部長・刑事裁判官中村元嘉(1838年生)、または外務省官僚中村博愛1844年生)、または叙勲者ではないが、のちの太政官内閣書記官長裁判官中村弘毅1838年生)などである可能性がある。 この草案は4月14日明治天皇詔書形で立憲政体の詔書」あるいは「元老院大審院地方官会議設置し漸次立憲政体樹立の詔勅」として発表された

※この「草案」の解説は、「立憲政体の詔書」の解説の一部です。
「草案」を含む「立憲政体の詔書」の記事については、「立憲政体の詔書」の概要を参照ください。


草案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 03:47 UTC 版)

超劇場版ケロロ軍曹」の記事における「草案」の解説

この作品には原作者吉崎観音書いた草案が存在するその内容は、コミックス13巻収録されている。劇場版との違い以下の通りキルル地球封じられていたのではなく宇宙警察ミスで地球にたどり着いたとされている

※この「草案」の解説は、「超劇場版ケロロ軍曹」の解説の一部です。
「草案」を含む「超劇場版ケロロ軍曹」の記事については、「超劇場版ケロロ軍曹」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「草案」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

草案

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:39 UTC 版)

名詞

そうあん

  1. 文語案文段階にある文書のこと。作成した以外の者による検討られているもの。

発音(?)

そ↗ーあん

関連語

類義語

「草案」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



草案と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草案」の関連用語

草案のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



草案のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの立憲政体の詔書 (改訂履歴)、超劇場版ケロロ軍曹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの草案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS