1670年代とは? わかりやすく解説

1670年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:09 UTC 版)

1670年代(せんろっぴゃくななじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1670年から1679年までの10年間を指す十年紀




「1670年代」の続きの解説一覧

1670年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:09 UTC 版)

17世紀」の記事における「1670年代」の解説

詳細は「1670年代」を参照 1670年フランス王ルイ14世イングランド王チャールズ2世ドーヴァー密約ロシアスチェパン・ラージン反乱( - 1671年)。 1671年イギリス人ヘンリー・モーガン率い海賊が旧パナマ市壊滅させる河村瑞賢東廻海運西廻海運開発する寛文事件伊達騒動)。 1672年第三次英蘭戦争( - 1674年)。オランダ侵略戦争( - 1678年)。 オランダ政治指導者デ・ウィット兄弟民衆虐殺される。 オスマン帝国ウクライナポドリアポジーリャ)を占領この時期にオスマン帝国領土最大となる。 エルサレム公会議で、東方正教会プロテスタントの教理否定浄瑠璃坂の仇討1673年清で三藩の乱起こる( - 1681年)。 備後国芦田川洪水草戸千軒埋没する三井高利江戸越後屋呉服店開業岩国藩吉川広嘉命により錦帯橋建設されるムガル皇帝アウラングゼーブによりラホール世界最大級バードシャーヒー・モスク完成する1671年 - )。 フランス東インド会社インドでの拠点ポンディシェリ獲得イングランドリターン号長崎来航し江戸幕府貿易再開求めたが、幕府上陸拒絶イングランド審査法制定1674年寛永通宝4貫=金一両と定め古銭通用停止する江戸市中の非人改める。 シヴァージーマラーター王国建国1675年スコーネ戦争( - 1679年)。 ロンドン近郊グリニッジ天文台設立される1676年天文学者オーレ・レーマー初め光速度測定スペイン国王カルロス2世異母兄フアン・ホセ・デ・アウストリア政変起こる。 1677年美濃郡上藩の農民江戸越訴郡上藩増徴派と減租派の家中騒動始まる(延宝郡上一揆)。 バールーフ・デ・スピノザ遺稿が『エチカ』として出版される1678年イングランドカトリック陰謀事件ジョン・バニヤン天路歴程第一部刊行される。 エリアス・アシュモール(英語版)のコレクションが「驚異の部屋」として公開される。これが1683年世界初大学図書館であるアシュモリアン博物館発展するスコットランドカヴェナンター反乱以後スコットランドの「殺戮時代」が始まる。 1679年ムガル皇帝アウラングゼーブが非イスラム教徒に対する人頭税ジズヤ復活させるフランスで国王ルイ14世寵姫宮廷巻き込む黒ミサ事件」が起こイングランド人身保護法制定

※この「1670年代」の解説は、「17世紀」の解説の一部です。
「1670年代」を含む「17世紀」の記事については、「17世紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1670年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1670年代」の関連用語

1670年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1670年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1670年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの17世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS