1640年代とは? わかりやすく解説

1640年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:08 UTC 版)

1640年代(せんろっぴゃくよんじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1640年から1649年までの10年間を指す十年紀




「1640年代」の続きの解説一覧

1640年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:09 UTC 版)

17世紀」の記事における「1640年代」の解説

詳細は「1640年代」を参照 1640年ポルトガル独立戦争喝采戦争 - 1668年)で、ジョアン4世即位しブラガンサ朝成立するカタルーニャ収穫人戦争( - 1659年)。 イングランド短期議会長期議会寛永の大飢饉( - 1643年)。 1641年イングランド議会の大諫奏星室庁高等宗務官裁判所廃止されるオランダ商館平戸から長崎出島に移す。 1642年清教徒革命( - 1660年)。三次にわたるイングランド内戦( - 1651年)が始まり第一次イングランド内戦勃発( - 1646年)。 グーシ・ハーンチベット再統一し、ダライ・ラマ5世との協力関係樹立フランスでサン・マール侯爵陰謀事件フランス宰相リシュリュー死去1643年明正天皇譲位し、第110後光明天皇即位イエズス会宣教師ジュゼッペ・キアラらが筑前国上陸する幕府捕縛される。 清のホンタイジ死去フリン順治帝)が第3皇帝として即位。 クーバット・イワノフがロシア人として初めバイカル湖到達フランス国王ルイ13世死去ルイ14世即位し母后アンヌ・ドートリッシュ摂政ジュール・マザラン宰相となる1644年明清交替李自成北京陥落させる崇禎帝自殺し明朝滅亡山海関の守将呉三桂が清軍に降伏し、清軍が入関する。 一片石の戦い李自成退去させ、清の摂政ドルゴン続いて順治帝北京入城李自成軍が西安逃亡。清が漢民族に対する薙髪令(英語版)を出す。 越前国廻船船員竹内右衛門国田右衛門らが満州韃靼)に漂着清朝支配北京に連行される(『韃靼漂流記』)。 マーストン・ムーアの戦い1645年ネイズビーの戦いオスマン帝国ヴェネツィア共和国とのクレタ戦争( - 1669年)。 ダライラマ5世ラサポタラ宮殿建設着手( - 1695年)。 明の弘光帝南京政権崩壊揚州大虐殺嘉定大虐殺中国語版)。湖北省通城県宮山李自成殺害される1646年ポルトガル国王ジョアン4世植民地ブラジルブラジル公国に昇格させるヴィジャナガル王国の都ヴェールールビジャープル王国包囲され陥落。 明の隆武帝福州政権崩壊張献忠四川省塩亭県鳳凰山ホーゲの清軍に射殺される1647年ナポリマサニエッロ反乱。 明の紹武帝広州政権崩壊1648年ムガル帝国タージ・マハル竣工1632年 - )。 「狂人皇帝」と呼ばれたオスマン皇帝イブラヒム廃位され殺害される息子メフメト4世即位ロシア人探検家セミョン・デジニョフユーラシア大陸最東端チュクチ半島デジニョフ岬到達フメリニツキーの乱によりポーランド・リトアニアからウクライナ・コサック離脱プラハの戦い1648年)(英語版)とスウェーデン軍プラハ略奪ヴェストファーレン条約により三十年戦争終結ヴェストファーレン体制)。オランダスイス独立承認される。スウェーデン・プロイセン・フランスの領土拡大フランスでフロンドの乱( - 1653年)。 第二次イングランド内戦プライドのパージ長期議会議員が軍により大追放残った議員ランプ議会形成1649年チャールズ1世処刑イングランド共和国誕生( - 1660年)。第三次イングランド内戦( - 1651年)。 オリバー・クロムウェルアイルランド上陸し征服活動開始クロムウェルのアイルランド侵略)。 明の遺臣黄宗羲江戸幕府反清援軍要請日本乞師)のため長崎訪れる。

※この「1640年代」の解説は、「17世紀」の解説の一部です。
「1640年代」を含む「17世紀」の記事については、「17世紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1640年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1640年代」の関連用語

1640年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1640年代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1640年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの17世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS