鄭成功とは? わかりやすく解説

てい‐せいこう【鄭成功】

読み方:ていせいこう

[1624~1662]中国明末・清初武将鄭芝竜(しりゅう)の長男で、母は日本人長崎生まれ本名(しん)。字(あざな)は大木日本名田川南明隆武帝唐王)より姓を賜り、「国姓爺(こくせんや)」と号した広東(カントン)を中心に抗清活動従事台湾進攻して、オランダ総督をくだし、地方政権樹立近松門左衛門の「国性爺合戦」のモデル

鄭成功の画像

鄭成功

作者白石一郎

収載図書異国の旗
出版社中央公論社
刊行年月1991.1

収載図書切腹
出版社文芸春秋
刊行年月1996.10
シリーズ名文春文庫


鄭成功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 03:49 UTC 版)

鄭 成功(てい せいこう、拼音:Zhèng Chénggōng、チェン チェンコン、繁体字: 鄭成功; 簡体字: 郑成功寛永元年/大明天啓4年7月14日1624年8月27日) - 大明永暦16年5月8日1662年6月23日))は、中国代の軍人政治家日本国肥前国松浦郡平戸島長崎県平戸市)で誕生。元のは森。は明儼。日本名は田川福松に滅ぼされようとしている明を擁護し抵抗運動を続け、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。台湾・中国では民族的英雄ヒーロー)として描かれており[1]、特に台湾国民と民進党および国民党から、と対抗しオランダ軍(東インド会社)を討ち払ったことから、総理孫文総裁蔣介石とならぶ「三人の国神・国民の父[要出典]の一人として尊敬されている。


  1. ^ a b c 山中俊之 (2022年3月5日). “傲慢な中国に教えてあげたい台湾の「民族の歴史」”. 週刊ダイヤモンド. オリジナルの2022年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220305120109/https://diamond.jp/articles/-/298027 
  2. ^ a b “中国や台湾で英雄視される、「日本生まれ」の人物とは=中国”. サーチナ. (2021年5月25日). オリジナルの2021年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210813185102/http://news.searchina.net/id/1699439?page=1 
  3. ^ Lach, Donald F.; Van Kley, Edwin J. (1998). Asia in the Making of Europe, Volume III: A Century of Advance. Book 4: East Asia (revised ed.). University of Chicago Press. p. 1823. ISBN 978-0-226-46769-6. https://books.google.com/books?id=W0fBhqb1kdkC&pg=PA1823 
  4. ^ Manthorpe, Jonathan (2008). Forbidden Nation: A History of Taiwan (illustrated ed.). Macmillan. p. 72. ISBN 978-0-230-61424-6. https://books.google.com/books?id=p3D6a7bK_t0C&pg=PA77 
  5. ^ a b Manthorpe, Jonathan (2008). Forbidden Nation: A History of Taiwan (illustrated ed.). Macmillan. p. 77. ISBN 978-0-230-61424-6. https://books.google.com/books?id=p3D6a7bK_t0C&pg=PA77 
  6. ^ Moffett, Samuel H. (1998). A History of Christianity in Asia: 1500–1900. Bishop Henry McNeal Turner Studies in North American Black Religion Series. 2 (2, illustrated, reprint ed.). Orbis Books. p. 222. ISBN 978-1570754500. https://books.google.com/books?id=_XglAQAAIAAJ 
  7. ^ Moffett, Samuel H. (2005). A history of Christianity in Asia, Volume 2 (2 ed.). Orbis Books. p. 222. ISBN 978-1570754500. https://books.google.com/books?id=VEcKAQAAMAAJ 
  8. ^ Free China Review, Volume 11. W.Y. Tsao. (1961). p. 54. https://books.google.com/books?id=QGzVAAAAMAAJ 
  9. ^ a b Covell, Ralph R. (1998). Pentecost of the Hills in Taiwan: The Christian Faith Among the Original Inhabitants (illustrated ed.). Hope Publishing House. p. 96. ISBN 978-0-932727-90-9. https://books.google.com/books?id=oaP2UFZVGDoC&pg=PA96 
  10. ^ 上田信. “第17回 明朝から清朝へ”. NHK高校講座. オリジナルの2021年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/TVpd7 
  11. ^ “風華再現──中國歷代名人錄” (PDF). 漢榮書局中国語版. オリジナルの2021年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211226010852/http://www.i-ppc.com/new/chist/junior/homepage/File/ReappBooklet.pdf 
  12. ^ Andrade, Tonio (2011). Lost Colony: The Untold Story of China's First Great Victory over the West. Princeton, N.J.: Princeton University Press. p. 298-303. ISBN 978-0-691-14455-9. https://books.google.com/books?id=eHUgTnxgotUC 
  13. ^ Xing Hang (5 January 2016). Conflict and Commerce in Maritime East Asia: The Zheng Family and the Shaping of the Modern World, c.1620–1720. Cambridge University Press. p. 74-75. ISBN 978-1-316-45384-1. https://books.google.com/books?id=tQ10CwAAQBAJ&q=pure+conflict+commerce+japanese&pg=PA74 
  14. ^ Andrade, Tonio (2011). Lost Colony: The Untold Story of China's First Great Victory over the West. Princeton, N.J.: Princeton University Press. p. 83. ISBN 978-0-691-14455-9. https://books.google.com/books?id=eHUgTnxgotUC&pg=PA83 
  15. ^ Matsuda Wataru (13 September 2013). Japan and China: Mutual Representations in the Modern Era. Routledge. p. 197. ISBN 978-1-136-82109-7. https://books.google.com/books?id=ZdPbAAAAQBAJ&q=koxinga+mental+illness&pg=PA197 
  16. ^ Sino-Japanese Studies: Volumes 6–7. Sino-Japanese Studies Group. (1993). p. 28. https://books.google.com/books?id=ywcvAQAAIAAJ&q=koxinga+mental+illness 
  17. ^ 王育徳 『新しい台湾―独立への歴史と未来図』弘文堂、1990年10月1日、55頁。ISBN 4335250487 
  18. ^ 王徳威 (2020年3月16日). “基調講演記録 華夷の変 ―華語語系研究の新しいビジョン―”. 愛知大学国際問題研究所紀要 = JOURNAL OF INTERNATIONAL AFFAIRS (155) (愛知大学国際問題研究所): p. 5-6. http://id.nii.ac.jp/1082/00010030/ 
  19. ^ a b c 王徳威 (2020年3月16日). “基調講演記録 華夷の変 ―華語語系研究の新しいビジョン―”. 愛知大学国際問題研究所紀要 = JOURNAL OF INTERNATIONAL AFFAIRS (155) (愛知大学国際問題研究所): p. 8-9. http://id.nii.ac.jp/1082/00010030/ 


「鄭成功」の続きの解説一覧



鄭成功と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鄭成功」の関連用語

鄭成功のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鄭成功のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鄭成功 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS