1520年代とは? わかりやすく解説

1520年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:08 UTC 版)

1520年代(せんごひゃくにじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)1520年から1529年までの10年間を指す十年紀




「1520年代」の続きの解説一覧

1520年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 12:13 UTC 版)

16世紀」の記事における「1520年代」の解説

詳細は「1520年代」を参照 1520年オスマン帝国スレイマン1世即位オスマン帝国全盛期イングランド王ヘンリー8世フランス王フランソワ1世会見金襴の陣)。 デンマークによるストックホルムの血浴フェルディナンド・マゼランパタゴニア経由してマゼラン海峡発見し太平洋へ到達1521年フェルディナンド・マゼラン太平洋経由フィリピン到達マクタン島の戦いイスラム部族長ラプ=ラプ率いる軍に敗れマゼラン戦死エルカーノマゼラン部下たちはインド洋大西洋経てスペイン帰国し世界周航達成するアステカ帝国エルナン・コルテスにより征服されるヴォルムス帝国議会マルティン・ルターカトリック教会との決別宣言議会ではルター異端者とし、帝国外へ追放するというヴォルムス勅令公布するルターザクセン選帝侯によりヴァルトブルク城にかくまわれ、新約聖書ドイツ語翻訳将軍足利義稙出奔し管領細川高国実権掌握後柏原天皇即位22年目にして即位の礼を行う。足利義晴室町幕府第12代将軍となる。 明の嘉靖帝第12代皇帝即位大礼の議論争起こる。 1522年ドイツ騎士戦争ロドス島包囲戦オスマン帝国勝利1523年スウェーデンカルマル同盟脱し独立ヴァーサ朝 - 1654年)。国王グスタフ1世ツヴィングリの「67ヶ条の論題」。チューリッヒでの宗教改革始まり寧波の乱1524年ドイツ農民戦争河越城の戦い河越夜戦)で、北条氏康軍が上杉憲政上杉朝定足利晴氏連合軍を破る。 1525年パヴィアの戦いフランス王フランソワ1世神聖ローマ皇帝カール5世により捕虜になるポーランド王ジグムント1世ドイツ騎士団総長アルブレヒト臣従させる。 1526年後柏原天皇没し、第105後奈良天皇践祚石見銀山博多豪商神屋寿禎により発見される。続く1533年灰吹き法導入により世界的な生産地発展インドバーブルムガル朝建国する。 モハーチの戦いで、ハンガリー国王ラヨシュ2世戦死する1527年ローマの略奪により教皇クレメンス7世神聖ローマ皇帝カール5世屈服事実上のイタリアで盛期ルネサンス終了技巧奇想にあふれるマニエリスム様式広がるヴェステロースでの議会によりスウェーデンルター派が国とされる黎朝王位莫登庸により簒奪される。 三好元長足利義維堺政権樹立堺幕府)。 1528年コルテススペイン一時帰国国王カルロス1世カカオその他の新大陸産物献上1529年貴婦人の和約カンブレーの和約)。 神聖ローマ帝国首都ウイーンオスマン帝国包囲される第一次ウィーン包囲)。 マールブルク会談においてルター派ツヴィングリ派聖餐論をめぐり決別サラゴサ条約。 ヴィシュワナート・ナーヤカがマドゥライ・ナーヤカ朝君主として即位( - 1563年)。この君主の時代に都マドゥライインド最大級ヒンドゥー教寺院であるミーナークシ寺院建立始まる。

※この「1520年代」の解説は、「16世紀」の解説の一部です。
「1520年代」を含む「16世紀」の記事については、「16世紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1520年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1520年代」の関連用語

1520年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1520年代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1520年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの16世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS