慰霊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > > 慰霊の意味・解説 

い‐れい〔ヰ‐〕【慰霊】

読み方:いれい

[名](スル)死んだ人や動物の霊を慰めること。「—塔」


鎮魂

(慰霊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/13 02:25 UTC 版)

鎮魂(ちんこん、たましずめ)とは、人のを鎮めることである。今日では「鎮魂」の語は、死者の魂()を慰めること、すなわち「慰霊」とほぼ同じ意味で用いられる。しかし、元々「鎮魂」の語は「(み)たましずめ」と読んで、神道において生者の魂を体に鎮める儀式を指すものであった。広義には魂振(たまふり)を含めて鎮魂といい、宮中で行われる鎮魂祭では鎮魂・魂振の二つの儀が行われている。




「鎮魂」の続きの解説一覧

慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 07:19 UTC 版)

シトカの戦い」の記事における「慰霊」の解説

アメリカ合衆国大統領ベンジャミン・ハリソン1890年に「シスキノーウ」を公的な用途に使うものと指定した1972年10月18日、「アラスカにおけるトリンギット族ロシア経験記念するために」戦場跡シトカ国定歴史公園設立された。今日トリンギット族犠牲者栄誉称え、「シスキノーウ」の地に「カルヤーン・ポール」(トーテムポール)が建てられている。戦いで戦死したロシア軍水兵記念のために、「タ・エートル」がロシア軍上陸したインディアン川の向こう岸置かれている。2004年9月戦いから200年記念して両軍戦闘員の子孫が集いトリンギット族伝統的な泣き儀式」を行って亡くなった先祖を公式に弔った翌日、キクスアディは、悲しみ2世紀を「取り払う和解儀式行った

※この「慰霊」の解説は、「シトカの戦い」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「シトカの戦い」の記事については、「シトカの戦い」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 04:52 UTC 版)

天竜川川下り船転覆死亡事故」の記事における「慰霊」の解説

2012年3月天竜浜名湖鉄道事故中止されていた川下り事業廃止同年には事故現場の上流に慰霊碑建立され同年8月17日より毎年同日天竜浜名湖鉄道慰霊碑前に追悼慰霊式挙行している。遺族社長事故当時の社長ほか会社関係者浜松市天竜観光協会観光関係者らが献花行っている。

※この「慰霊」の解説は、「天竜川川下り船転覆死亡事故」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「天竜川川下り船転覆死亡事故」の記事については、「天竜川川下り船転覆死亡事故」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 02:57 UTC 版)

鳥栖空襲」の記事における「慰霊」の解説

終戦後1945年12月11日犠牲者出した防空壕があった藤木町に、日本国有鉄道国鉄、現・JR九州)の鳥栖電力区の職員門司鉄道管理局管内集められ義援金による頌魂碑が建立された。毎年8月11日鳥栖電力区による慰霊祭が行われており、国鉄民営化後はJR九州引き継がれ開催されている。

※この「慰霊」の解説は、「鳥栖空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「鳥栖空襲」の記事については、「鳥栖空襲」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 13:49 UTC 版)

石垣島事件」の記事における「慰霊」の解説

2001年石垣市米国有志により唐人墓公園敷地内慰霊碑建立され2011年現在米軍兵士処刑され4月15日追悼式が行なわれている。

※この「慰霊」の解説は、「石垣島事件」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「石垣島事件」の記事については、「石垣島事件」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 08:56 UTC 版)

水俣病」の記事における「慰霊」の解説

1968年9月13日初めての合同慰霊祭水俣市公会堂行われた葬儀委員長橋本彦七市長務めた。しかしこれを境に市主催慰霊祭長らく行われなかった。 1992年5月1日水俣病の公式確認日であるこの日、第1回水俣病犠牲者慰霊式」が水俣湾埋立地開催された。以後毎年5月1日開催されている。 1996年水俣湾埋立地隣接する水俣市明神地区水俣病メモリアル完成したその後水俣病公式確認から50年目にあたる2006年4月30日水俣湾親水護岸水俣病慰霊の碑が建立された。碑には行政によって認定され犠牲者314名の名簿納められた。名簿記載され犠牲者認定死亡患者の2割にすぎず、それも一般に公開されないことを条件記載承諾したのだった。なお、水俣病未認定死亡患者名簿にその名を記載することさえ許されていない

※この「慰霊」の解説は、「水俣病」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「水俣病」の記事については、「水俣病」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 14:31 UTC 版)

バチュク村の虐殺」の記事における「慰霊」の解説

アンザン省政府1979年に慰霊のために墓となる建物蓮池などの施設群建設し、その中央には1,159体の遺体納められた。 ベトナム政府1980年7月10日にタムブー寺とフィライ寺と墓の建物を「憎しみ痕跡」(バチュクにおけるポル・ポトによる虐殺証拠となる地区)として認定する決定した

※この「慰霊」の解説は、「バチュク村の虐殺」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「バチュク村の虐殺」の記事については、「バチュク村の虐殺」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:57 UTC 版)

埼玉県防災航空隊」の記事における「慰霊」の解説

2010年9月2日さいたま市にて、総務大臣埼玉県知事職場の同僚らおよそ1400人が参列し合同葬営まれた。 2013年7月27日出会いの丘駐車場に、殉職者慰霊碑建立された。

※この「慰霊」の解説は、「埼玉県防災航空隊」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「埼玉県防災航空隊」の記事については、「埼玉県防災航空隊」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 04:05 UTC 版)

2014年の御嶽山噴火」の記事における「慰霊」の解説

2015年9月26日、ふもとの長野県王滝村にて犠牲者遺族32家族作る山びこの会」が追悼式行ったまた、2016年7月24日には被災者家族会により初の慰霊登山が行われ、10家族25人が長野県木曽町側から入山し8合目山小屋女人堂献花台手を合わせた王滝村にある松原スポーツ公園では、噴火3年目となる2017年9月27日慰霊碑除幕式追悼式が行われた。

※この「慰霊」の解説は、「2014年の御嶽山噴火」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「2014年の御嶽山噴火」の記事については、「2014年の御嶽山噴火」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:51 UTC 版)

大地震両川口津浪記」の記事における「慰霊」の解説

石碑には、死者の慰霊の意味込めて仏教題目書かれており、このように津波による死者への弔いの意味有する。 ただ、むしろ大坂における津波被害記録し後世の人々津波の事を忘れずに地震の後の津波襲来備えるように注意を促す意味が強いと考えられる

※この「慰霊」の解説は、「大地震両川口津浪記」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「大地震両川口津浪記」の記事については、「大地震両川口津浪記」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 09:58 UTC 版)

延岡大空襲」の記事における「慰霊」の解説

1978年昭和53年)、空襲犠牲者遺族被災者らが市民呼びかけ今山公園延岡空襲殉難碑が建立された。毎年大空襲のあった6月29日に、ここで慰霊祭が行なわれている。 大空襲前後空襲による死者合わせ320人の霊が祭られている。 延岡中学校には、延岡大空襲によって殉職されたカナダ出身栗田彰子先生の碑が建立され毎年6月29日命日慰霊祭が行われている。 延岡市6月29日を「延岡空襲の日」とし、空襲犠牲者哀悼の意表し、平和を祈念して10時黙とう行っている。

※この「慰霊」の解説は、「延岡大空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「延岡大空襲」の記事については、「延岡大空襲」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 10:08 UTC 版)

富山大空襲」の記事における「慰霊」の解説

戦災直後においては1945年昭和20年9月20日光厳寺において合同追悼法会が行われ、10月2日には神通中学校において富山市富山県及び富山市戦災援護会の共催を以て追悼法会催行された。大空襲から1年経た1946年昭和21年8月1日には第一回復興祭が行われ、富山大橋からの流しを以て死者の霊を慰めている。また同年8月2日には初め北日本新聞社主催供養神通河原にて行われているが、この北日本新聞社主催犠牲者供養は、1947年昭和22年)からは北日本新聞納涼花火として毎年恒例行事となっている。 1974年昭和49年8月1日には平和の念願犠牲者の慰霊、そして復興へ市民努力を紀念して富山城址公園戦災復興記念像天女の像)が建立された。戦後生まれ増え富山大空襲記憶薄れつつあった1984年昭和59年8月1日には、富山市主催により「第一回市民感謝誓いのつどい」が開かれ戦争記憶改め捉え直す試みが行われている。 また、富山県護國神社境内所在する伊佐雄志神社においては富山大空襲による殉難者を祀り、その資料館において空襲関連資料展示行っている。この他にも上述富山市豊田の「平和祈願之碑」や空襲の際に屍体漂着したという氷見市島尾の「慰霊地蔵尊」、それに歩兵第514聯隊歴史伝え五福公園の紀念碑などが、富山大空襲伝えモニュメントとなっている。

※この「慰霊」の解説は、「富山大空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「富山大空襲」の記事については、「富山大空襲」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 15:32 UTC 版)

八王子空襲」の記事における「慰霊」の解説

戦災殉難者は台町にある1965年昭和40年10月建立され富士森公園内の慰霊塔265人が合祀されている。

※この「慰霊」の解説は、「八王子空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「八王子空襲」の記事については、「八王子空襲」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 04:06 UTC 版)

久留米空襲」の記事における「慰霊」の解説

1952年昭和27年8月小頭町公園戦災死者慰霊碑建立され毎年8月11日慰霊祭が行われるほか、午前10時30分市内一斉にサイレン鳴らされる

※この「慰霊」の解説は、「久留米空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「久留米空襲」の記事については、「久留米空襲」の概要を参照ください。


慰霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 08:02 UTC 版)

大牟田空襲」の記事における「慰霊」の解説

普光寺藤田天満神社延命公園供養碑がある。

※この「慰霊」の解説は、「大牟田空襲」の解説の一部です。
「慰霊」を含む「大牟田空襲」の記事については、「大牟田空襲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「慰霊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「慰霊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



慰霊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「慰霊」の関連用語

慰霊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



慰霊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎮魂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシトカの戦い (改訂履歴)、天竜川川下り船転覆死亡事故 (改訂履歴)、鳥栖空襲 (改訂履歴)、石垣島事件 (改訂履歴)、水俣病 (改訂履歴)、バチュク村の虐殺 (改訂履歴)、埼玉県防災航空隊 (改訂履歴)、2014年の御嶽山噴火 (改訂履歴)、大地震両川口津浪記 (改訂履歴)、延岡大空襲 (改訂履歴)、富山大空襲 (改訂履歴)、八王子空襲 (改訂履歴)、久留米空襲 (改訂履歴)、大牟田空襲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS