住まいとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 住まいの意味・解説 

すまい〔すまひ〕【住(ま)い】

読み方:すまい

動詞「す(住)まう」の連用形から》

住むこと。また、暮らし。生活。「ひとり—(ずまい)」「佗び—(ずまい)」

(「住居」とも書く)住んでいる家や所。「閑静な—」


住まい

読み方:すまい

ワ行五段活用動詞住まう」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

住まい

作者樋口郁恵

収載図書21人の四季ものがたり
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


住宅

(住まい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 15:06 UTC 版)

住宅(じゅうたく、英語: House)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。


  1. ^ 「住居学」p74 後藤久・沖田富美子編著 朝倉書店 2003年6月1日初版第1刷
  2. ^ 「図解住居学Ⅰ 住まいと生活」p12-13 図解住居学編集委員会編 彰国社 1999年12月10日第1版発行
  3. ^ 「居住福祉」p66-67 早川和男 岩波新書 1997年10月20日第1刷発行
  4. ^ 「図解住居学4 住まいと社会」p100-101 図解住居学編集委員会編 彰国社 2005年11月10日第1版発行
  5. ^ 「居住福祉」p61-63 早川和男 岩波新書 1997年10月20日第1刷発行
  6. ^ 「知の最先端」p292-296 VALIS DEUX編著 日本実業出版社 1998年2月28日初版発行
  7. ^ a b 「文化人類学キーワード」p82-83 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  8. ^ a b 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p61 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  9. ^ a b c 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p8 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  10. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p24 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  11. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p34 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  12. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p36 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  13. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p122-123 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  14. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p63 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  15. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p62-63 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  16. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p110-111 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  17. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p92-93 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  18. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p160-161 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  19. ^ 「住まいと仕事の地理学」p62-63 中澤高志 旬報社 2019年3月20日書版第1刷発行
  20. ^ 「日用品の文化誌」p5 柏木博 岩波書店 1999年6月21日第1刷
  21. ^ 「日用品の文化誌」p6-7 柏木博 岩波書店 1999年6月21日第1刷
  22. ^ 「新版 データで読む家族問題」p76-77 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  23. ^ 「ビジュアル版 世界の居住文化百科 さまざまな民族の伝統的住まい」p172-173 ジョン・メイ著 藤井明日本語版監修 本間健太郎訳 柊風舎 2013年6月20日第1刷
  24. ^ [1]
  25. ^ 精選版 日本国語大辞典【一戸建て】
  26. ^ a b 「図解住居学Ⅰ 住まいと生活」p122 図解住居学編集委員会編 彰国社 1999年12月10日第1版発行
  27. ^ a b 「図解 知識ゼロからの林業入門」p120 関岡東生監修 家の光協会 2016年11月1日第1版発行
  28. ^ 所管行政庁が地域の気候及び風土に応じた住宅であることにより外皮基準に適合させることが困難であると認める際の判断について(技術的助言)”. 国土交通省 (2016年3月31日). 2021年7月25日閲覧。
  29. ^ 「気候風土適応型プロジェクト2021」の提案募集を開始します! ~令和3年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)の第1回提案募集~”. 国土交通省. 2021年9月9日閲覧。
  30. ^ 「図解雑学 建築のしくみ」p166-169 齊藤祐子 ナツメ社 2008年3月10日発行
  31. ^ 「図解雑学 建築のしくみ」p82-83 齊藤祐子 ナツメ社 2008年3月10日発行
  32. ^ 「図解雑学 建築のしくみ」p210-213 齊藤祐子 ナツメ社 2008年3月10日発行
  33. ^ 「図解雑学 建築のしくみ」p214 齊藤祐子 ナツメ社 2008年3月10日発行
  34. ^ 「図解住居学6 住まいの管理」p24-25 図解住居学編集委員会編 彰国社 2003年12月10日第1版発行
  35. ^ [2]
  36. ^ http://www.nihon-hikiya.or.jp/hikiya.html 「曳家って何?」一般社団法人日本曳家協会 2021年5月8日閲覧
  37. ^ https://www.sankei.com/premium/news/210501/prm2105010005-n1.html 「青森で進む古民家の再利用 空き家対策と脱炭素、循環型社会の形成に一役」産経新聞 2021.5.1 2021年5月8日閲覧
  38. ^ https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/other/youtochiiki/ 「用途地域とは? 用途地域の一覧で土地や家を探すときやライフスタイルにあった地域の選び方を知ろう」SUUMO 2021年5月9日閲覧
  39. ^ 「居住福祉」p138-142 早川和男 岩波新書 1997年10月20日第1刷発行
  40. ^ 「居住福祉」p3 早川和男 岩波新書 1997年10月20日第1刷発行
  41. ^ 「図解住居学4 住まいと社会」p16 図解住居学編集委員会編 彰国社 2005年11月10日第1版発行
  42. ^ 「居住の貧困」p35-39 本間義人 岩波書店 2009年11月20日第1刷発行
  43. ^ https://www.unic.or.jp/activities/humanrights/document/bill_of_rights/universal_declaration/ 「世界人権宣言テキスト」国連広報センター 2021年4月15日閲覧
  44. ^ 「図解住居学4 住まいと社会」p56-57 図解住居学編集委員会編 彰国社 2005年11月10日第1版発行
  45. ^ https://www.stat.go.jp/info/today/152.html 「都道府県別でみる住宅状況 ~住宅及び世帯に関する基本集計(確報値)より~」日本国総務省統計局 令和元年12月20日 2021年5月9日閲覧
  46. ^ 「居住の貧困」p72 本間義人 岩波書店 2009年11月20日第1刷発行
  47. ^ 「図解住居学4 住まいと社会」p18-19 図解住居学編集委員会編 彰国社 2005年11月10日第1版発行
  48. ^ https://toyokeizai.net/articles/-/2353 「《よく分かる世界金融危機》サブプライム危機はどのように世界に拡大したのか」東洋経済オンライン 2008/11/17 2021年5月9日閲覧
  49. ^ https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201030/mca2010301540018-n1.htm 「神戸市、来年度から全ての空き家に税制優遇を廃止へ」SankeiBiz 2020.10.30 2021年5月6日閲覧
  50. ^ Richard Webster. Feng Shui in the Garden. Llewellyn Worldwide. p. 47. ISBN 1-56718-793-5. https://books.google.com/books?id=nM_dmNdgCWMC. "The back garden is usually more private and casual" 
  51. ^ Jules N. Pretty. The Earth Only Endures: On Reconnecting With Nature and Our Place in It. Earthscan. pp. 36. ISBN 1-84407-432-3. https://books.google.com/books?id=LTDpl_bgh8wC 
  52. ^ Alison Ravetz, Richard Turkington (1995), “Gardens and External Space”, The Place of Home: English domestic environments, 1914-2000, Taylor & Francis, pp. 176–199, ISBN 978-0-419-17980-1 
  53. ^ a b https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa03/yougo.html 「平成15年 国民生活基礎調査の概況 用語の説明」日本国厚生労働省大臣官房統計情報部 2021年4月15日閲覧
  54. ^ 「文化人類学キーワード」p138 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  55. ^ https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/users-g/word3.html 「住宅・居住地に関する用語」(平成22年国勢調査 ユーザーズガイド)日本国総務省統計局 2021年5月6日閲覧



住まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 05:33 UTC 版)

ミズーリ大学セントルイス校」の記事における「住まい」の解説

ほとんどの学生セントルイス地域オフキャンパス住んでいるが、オンキャンパスには寮、アパート完備されており、特に2006年8月17日には新しアパートオープンしている。

※この「住まい」の解説は、「ミズーリ大学セントルイス校」の解説の一部です。
「住まい」を含む「ミズーリ大学セントルイス校」の記事については、「ミズーリ大学セントルイス校」の概要を参照ください。


住まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 21:20 UTC 版)

ハーボット」の記事における「住まい」の解説

ハーボックス内に住んでいるが、ときどきお散歩をすることもある。なおハーボックスにはフレームがあり、ユーザー必要に応じて好きなフレーム選べるボックスには○・×・?の3種類のボタンがあり、?を押すとお話出来る。 お散歩際は、ハーボックス内に「光る」ツノ残していく。この状態のときは、訪問者はもちろん管理人話しかけできない。(ダイアリーを開くことは可能である。)

※この「住まい」の解説は、「ハーボット」の解説の一部です。
「住まい」を含む「ハーボット」の記事については、「ハーボット」の概要を参照ください。


住まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 03:03 UTC 版)

大夏」の記事における「住まい」の解説

史記大宛列伝に「大夏は土著で城屋あり、大宛と同俗」とあり、『漢書』西域伝に「城邑往往にして小長を置く」とあるように、大夏大月氏などのような遊牧民ではなく城郭に住む定住民であったことがわかる。

※この「住まい」の解説は、「大夏」の解説の一部です。
「住まい」を含む「大夏」の記事については、「大夏」の概要を参照ください。


住まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 04:38 UTC 版)

星一徹」の記事における「住まい」の解説

飛雄馬明子マンション引っ越して一徹一人暮らしになったのち、中日コーチ就任以後名古屋住まいとなるが、しばらくは東京下町長屋星家借り続けオズマによる大リーグボール1号打倒直後オールスター時期などは長屋帰って春江遺影語りかけていた。しかし、消える魔球打倒されあとには長屋取り壊されている。 河崎実は『巨人の星の謎』(宝島社)で「一徹名古屋での生活は作品に全く出てこない」とし、「一徹明子結婚したあとも豪邸拒否して独居するほどの偏屈だったから、中日コーチ時代から質素なアパート暮らしだったのだろう」と推定しているが、実際は大リーグボール3号登場直後に中日ドラゴンズ宿舎」で和服着てくつろぐ一徹ワイシャツ姿の伴が「関西スポーツ」紙の記事について語る場面がきちんと描かれている(終盤の「ある座談会後半)河崎実一徹東京長屋で「巨人軍親会社新聞」ともう一紙別のスポーツ新聞購読していたことに注目し、「名古屋引っ越した一徹購読紙を『中日新聞』に変えたか」と推定している。 アニメでは民宿のようなところに泊まっている場面が多い。 『新』以降はアパート暮らしとなるが、自宅風呂はなく銭湯通いをしていた。が、貧しと言うではなくテレビなど家具揃っている

※この「住まい」の解説は、「星一徹」の解説の一部です。
「住まい」を含む「星一徹」の記事については、「星一徹」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「住まい」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

住まい

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:52 UTC 版)

和語の漢字表記

まい(すまい)

  1. すまいを参照

「住まい」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

住まいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



住まいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの住宅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミズーリ大学セントルイス校 (改訂履歴)、ハーボット (改訂履歴)、大夏 (改訂履歴)、星一徹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの住まい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS