ヒレとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > ヒレの意味・解説 

ヒレ【(フランス)filet】

《「フィレ」とも》

牛・豚などの腰から背中にかけての脂肪少なく上質の肉。ヒレ肉。「ヒレカツ

切り身


ひれ【×鰭】

魚類水生哺乳類遊泳のための器官魚類では体の正中線上にあって対をなさない背びれしりびれ尾びれと、体側にあって対をなす胸びれ・腹びれがある。

日本建築で、懸魚(げぎょ)・鬼板などの左右につけた装飾的刳形(くりかた)。

冷却器などで、放熱のためにパイプ周囲などに取り付け突出部。フィン

からだが太って横幅の広いこと。また、その人転じて貫禄

夕霧頃日(このごろ)は―がでえぶついたのう」〈洒・錦之裏


ひれ【領巾/肩巾】

上代害虫毒蛇などを追い払う呪力を持つと信じられた細長い薄布。

古代服飾具の一。女性が首から肩にかけ、左右垂らし飾りとした布帛(ふはく)。

鏡台の鏡をふくときに用いた布帛

儀式用の矛(ほこ)などにつける小さい旗。

領巾の画像

肩巾

読み方:ヒレ(hire

風にひらめく薄ものの総称


領巾

読み方:ヒレ(hire

古代害虫毒蛇などをはらうまじないに用いた布様のもの


比礼

読み方:ヒレ(hire

古代女性が用いた両肩からかける布。

別名 領布領巾肩巾


肩巾

読み方:ヒレ(hire

古代女性が用いた両肩からかける布。

別名 領布領巾比礼


領巾

読み方:ヒレ(hire

古墳時代以降女子用いている両肩からかける一条の布。

別名 肩巾比礼


領布

読み方:ヒレ(hire

古代女性が用いた両肩からかける布。

別名 領巾肩巾比礼


ヒレ

ヒレ 全体わたって肉色赤めで、豚肉すべての部位の中で最も肉質がきめ細かく、トンカツ・ポークソテーなどで人気ありますが、一方脂肪少なく、あっさりした味であるため、独特のコク欠ける面も持ち合わせています。一般的につりがね型をした1本物の形で売られており、鉄分ビタミンB1が多いことが特徴です。

ヒレ

名前 Hille

ヒレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 02:27 UTC 版)

ヒレ: filet[† 1])とは、食肉部位名称またはの加工方法のひとつである。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ フランス語発音: [filɛ] フィレ

出典

  1. ^ 旭屋出版・料理と食シリーズ『とんかつ・コロッケ・揚げ物料理』102頁。
  2. ^ 魚のフィレの原産地認定について(お知らせ) (PDF)大阪税関業務部)


「ヒレ」の続きの解説一覧



ヒレと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒレ」の関連用語

ヒレのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒレのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
サイボクサイボク
Copyright(C)2021株式会社埼玉種畜牧場
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS