貫禄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 貫禄の意味・解説 

かん‐ろく〔クワン‐〕【貫×禄】

からだつき態度などから感じ人間的重み風格。身に備わった威厳時に、「見かけは貫禄たっぷりだけどね」のように肥っていることをからかって、また、ばかにして使うことがある。「貫禄がつく」「貫禄がある」「貫禄十分だ」


かん‐ろく クヮン‥ 【貫祿】

〔名〕 身にそなわっている威厳重みからだつき動作物言いなどから感じられる重々しさ

落語お節三郎連理梅枝(1893)〈三代目春風亭柳枝〉「木綿衣類(きもの)を着て居る奉公人大家の若壇那とは身分(カンロク)が違ふからなア」


貫禄

読み方:カンロク(kanroku)

身に備わっている堂々とした威厳


貫禄

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:14 UTC 版)

名詞

(かんろく)

  1. 外見態度などから感じられる威厳

表記

類義語




貫禄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貫禄」の関連用語

貫禄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貫禄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの貫禄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS