カンロクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > カンロクの意味・解説 

かん‐ろく【干×禄】

《「干」は干(もと)める意》

俸禄求めること。仕官を望むこと。

幸いを求めること。


かんろく【勘六】

[1746~1805]江戸末期書家勘亭流の祖。岡崎屋と称し、号は勘亭。江戸中村座の手代で、劇場看板番付をその独特な書風改めた。


かん‐ろく〔クワン‐〕【官×禄】

官位俸禄また、官府からもらう俸禄


かんろく〔クワンロク〕【観勒】

7世紀百済(くだら)の僧。602年来日し、暦法天文地理方術の書を伝えた。日本最初僧正に任ぜられたという。生没年未詳


かん‐ろく〔クワン‐〕【貫×禄】

からだつき態度などから感じ人間的重み風格。身に備わった威厳時に、「見かけは貫禄たっぷりだけどね」のように肥っていることをからかって、また、ばかにして使うことがある。「貫禄がつく」「貫禄がある」「貫禄十分だ」


貫禄

読み方:カンロク(kanroku)

身に備わっている堂々とした威厳


勘録

読み方:カンロク(kanroku)

よく調べ記録し、具申すること、調査して文書書きとめること。


官禄

読み方:カンロク(kanroku)

官職与えられた俸給



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カンロク」の関連用語

カンロクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カンロクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 Weblio RSS