.cfとは?

シー‐エフ【C/F】


シー‐エフ【CF】


シー‐エフ【CF】


シー‐エフ【CF】


シー‐エフ【CF】


シー‐エフ【cf.】

《(ラテン)confer比較せよ、参照せよ、の意を表す略号。コンファー。


シー‐エフ【CF】


シー‐エフ【CF】


CF

読み方シー・エフキャッシュ・フロー
【英】:Cash Flow

キャッシュ・フローとは、資金収支(資金収入支出)のことを言う。

企業会計では、「収益費用利益」を計算財務諸表損益計算書にまとめ、公認会計士監査を受けて株主公表してきた。収益は、売上受取利息などの営業外収益足したもので、ほとんどは売上である。
費用は、売上上げるための売上原価販売費一般管理費借入れ利息手形割引などの営業外費用大別される。簡単に言ってしまえば、売上から諸々費用を引いて利益計算される。

売上がすべて現金決済され、費用現金その都度支払うなら、利益計算資金収支計算一致するが、売上費用現金受け・払いが後になる掛け手形取引されるために、計算利益が出たと言っても現金があるとは限らないのである

CF

英語 carbon fiber

炭素繊維有機物原料にして不活性雰囲気で焼いて炭化または黒鉛化した繊維軽く強く弾性率が大。導電性耐食性耐摩耗性X線透過性などに優れてFRP(繊維強化プラスチック)の補強材として応用範囲が広い。ただし、繊維方向には強いが横方向には弱く弾性率も低く、熱膨張異方性がある。

参照 CFRP
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フルオロ炭素カチオン

分子式CF
その他の名称:Fluorocarbon cation
体系名:フルオロ炭素カチオン


Fluorocarbon

分子式CF
その他の名称:Fluorocarbon
体系名:フルオロ炭素


カリホルニウム

分子式Cf
その他の名称:Californium、Cf
体系名:カリホルニウム


カリホルニウム

分子式Cf
その他の名称:Californium、Cf
体系名:カリホルニウム


フルオロメチリジンラジカル

分子式CF
その他の名称:Fluoromethyne、フルオロメチン、Fluoromethanetriyl radical、Fluoromethylidyne radical
体系名:フルオロメタントリイルラジカル、フルオロメチリジンラジカル


物質
カリホルニウム
英語名
Californium
元素記号
Cf
原子番号
98
分子量
252
発見
1949年


遠心力

英訳・(英)同義/類義語:centrifugal force, CF

一定の速度回転する物体に働く、見かけの力。
「生物学用語辞典」の他の用語
物理学分野:  温度  質量  質量数  赤外スペクトル  起動電位  遠心力  音響スペクトログラム

補体結合法 ( Complement Fixation Test (CF) )

補体は、抗原抗体複合物結合されると活性化する物質通常血液中に存在しています。この結合現象応用して、血液中の抗原または抗体検出するのが補体結合方法です。おもにウイルス抗体検査で用いられていますが、炎症マーカー自己免疫疾患検査でも用いられています。

.cf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/10 16:00 UTC 版)

.cfは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、中央アフリカに割り当てられている。このドメインは、Central African Society of Telecommunicationsが管理している。






「.cf」の続きの解説一覧

キャッシュ・フロー計算書

(.cf から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 08:30 UTC 版)

キャッシュ・フロー計算書(キャッシュフローけいさんしょ、C/F、cash flow statement)もしくは現金流量表(げんきんりゅうりょうひょう)は企業会計について報告する財務諸表の1つである。このC/Fは会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フローの状況)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する。


  1. ^ G.ベネット・スチュワート,Ⅲ 『EVA創造の経営』: ISBN 978-4-492520-89-5
  2. ^ http://www.sap.com/japan/campaigns/2010/ifrs/expert07.epx
  3. ^ http://www.sap.com/japan/campaigns/2010/ifrs/expert21.epx
  4. ^ 以下本節、出典:『キャッシュフロー分析と企業価値判断』シグマベイスキャピタル


「キャッシュ・フロー計算書」の続きの解説一覧

コンパクトフラッシュ

(.cf から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 06:56 UTC 版)

コンパクトフラッシュ (英語: CompactFlash, CF) は、小型カードインタフェース、およびその規格による拡張カード。1990年代後半から2000年代後半にかけて、フラッシュメモリメモリーカードとして民生向け機器で広く使われた。また、ノートパソコンにネットワーク通信機器などの拡張デバイスを接続するためのインターフェイスとしても使われた他、産業用・組み込み用に使われている。




  1. ^ a b CFexpress 1.0 Press Release (PDF)”. CompactFlash Association (2017年4月18日). 2018年6月29日閲覧。


「コンパクトフラッシュ」の続きの解説一覧

CF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 08:14 UTC 版)

CFCfcf




「CF」の続きの解説一覧



.cfと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.cf」の関連用語

.cfのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.cfのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2021(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cf (改訂履歴)、キャッシュ・フロー計算書 (改訂履歴)、コンパクトフラッシュ (改訂履歴)、CF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS