CPCとは?

CPC

【英】Cost Per Call
別名:コスト・パー・コール

この数値テレマーケティング数値として利用される。1コール電話)あたりにかかるコストのこと。テレマーケティング携わる従業員ワークシート作成して1人/1時間人時当りコスト算出する。この人費用1時間当り平均受信件数除算すると1件受注当たり費用(CPC)が計算される。人時費用3000円、1時間当たり注文が5件とするとCPCは600円になる。平均到達件数費用算出する場合もある。現代留守世帯が多い。1日通話できた件数100件、1日業務時間6時間とすると、1時間当たり16.7件。到達CPCは、180円(小数点以下四捨五入)になる。

CPC Cost per Call

1コールあたりにかかるコストの事。全体ワークシート作成してひとり/1時間あたりのコスト算出し、1時間あたりの平均受信件数あるいは平均到達件数で割る事で求められる

CPC

フルスペル:Cost Per Click
読み方シーピーシー
別名:クリック単価コストパークリック

CPCとは、インターネット広告において1クリックごとに支払費用単価)を表す単位である。

CPCでは広告通じてユーザー広告主Webページ誘導した成果問われるPPCPay Per Click)もほぼ同義である。

CPCに対してWeb上で表示回数基準費用定め算出方法CPMCost per Mille)などと呼ばれるCPM計測している広告も、その成果をCPCで換算し、広告パフォーマンスを計ろうとする場合がある。

Webマーケティングのほかの用語一覧
インターネット広告:  CPM  Craigslist  Criteo  CPC  eCPM  FAST  Google AdSense

セチルピリジニウムクロリド水和物

分子式H2O C21H38N Cl
その他の名称:セチルピリジニウムクロリド水和物、CPC、Cetylpyridiniumchloridemonohydrate、スプロール、Sprol、Cetylpyridinium・chloridehydrate
体系名:1-ヘキサデシルピリジニウム・クロリド・水和物、セチルピリジニウム・クロリド・水和物


CPC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/04 13:20 UTC 版)

CPCは以下の略語に使われる。




「CPC」の続きの解説一覧





CPCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CPC」の関連用語

CPCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Quad-Core AMD Opteron

V30+ L-01K

らくらくスマートフォンプレミアム

Galaxy S9

LYNX 3D

ガチャッポイド

Hewlett-Packard

GALAXY J SC-02F





CPCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2018by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCPCの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCPC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS