FASTとは? わかりやすく解説

FAST

FASTとは、(1)Future of Advertising Stakeholders、あるいは(2)Fast Emergency Vehicle Preemption Systemの略称である。

(1)
フルスペル:Future of Advertising Stakeholders
読み方ファスト

FASTとは、インターネット広告における表示方式効果測定方法標準仕様策定する目的で設立され業界団体の名称である。1998年8月P&GProcter&Gambleの提唱によって発足した。主に、オンライン広告扱い方全般についてガイドライン定めるもので、バナー広告形状サイズ広告掲載効果測定に関する評価基準などを協議していた。FASTは、2000年にDMC2(Digital Marketing and Commerce Coalition)に業務移管している。

(2)
フルスペル:Fast Emergency Vehicle Preemption System
読み方ファスト
別名:緊急車両支援情報通信システム

FASTとは、交通管制システムのひとつで、緊急車両最短経路最小所要時間移動させるための交通制御を行うためのシステムのことである。

代表的な機能は、救急車パトカーなどの緊急車両停滞させないために、緊急車両接近感知した信号機緊急車両通行優先させる信号切り替えを行うというもの。ハイウェイなどでは、渋滞情報掲示している電光掲示板緊急車両接近告知し、あらかじめ一般車両寄せ働きなども想定されている。

Webマーケティングのほかの用語一覧
インターネット広告:  Criteo  CPC  eCPM  FAST  Google AdSense  Google AdWords  バナー広告

Fast


FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 03:39 UTC 版)

超音波検査」の記事における「FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)」の解説

外傷患者の場合、致死的な臓器損傷の有無即座に評価するための迅速超音波検査方法の名称。これは心嚢左右肋間モリソン窩ダグラス窩脾臓周囲の6か所すばやく超音波検査施行し腹腔内出血がないことを確認することである。出血所見により点数化開腹手術必要性評価できる

※この「FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)」の解説は、「超音波検査」の解説の一部です。
「FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)」を含む「超音波検査」の記事については、「超音波検査」の概要を参照ください。


fast

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 11:06 UTC 版)

ファースト」の記事における「fast」の解説

fast - 英語。発音は fάːst英国英語)/fˈæst米国英語)で、日本ではファスト表記されることもある。 形容詞で「速い、すばやい」、「固定した固いしっかりした」の意。ファーストフード ファーストバック自動車スタイル動詞名詞断食の意。

※この「fast」の解説は、「ファースト」の解説の一部です。
「fast」を含む「ファースト」の記事については、「ファースト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「FAST」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「fast」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「FAST」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

FASTのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



FASTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFASTの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの超音波検査 (改訂履歴)、ファースト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS