信号機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 設備 > 信号機の意味・解説 

しんごう‐き〔シンガウ‐〕【信号機】

読み方:しんごうき

信号2


信号

(信号機 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 10:51 UTC 版)

信号 (しんごう)




「信号」の続きの解説一覧

信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 13:57 UTC 版)

アメリカ合衆国の道路標識」の記事における「信号機」の解説

前提として、基本的にアメリカ合衆国では信号が赤でも歩行者注意した上で右折できるとされているが(日本における「左折可」)、これが禁止されている交差点もあり、標識掲示することで赤信号時の右折に関する規制定めている。この他右左折専用の信号機として3色の矢印灯のみを備えたものも存在するまた、信号無視監視するための自動取締機に関しては前述のR10-18などの標識使用することができる。 R10-5: Left on Green Arrow Only R10-6: Stop Here on Red R10-6a: Stop Here on Red R10-7: Do Not Block Intersection R10-8: Use Lane With Green Arrow R10-10: Left (Right) Turn Signal R10-11: No Turn on Red R10-11a: No Turn on Red R10-11b: No Turn on Red R10-11c: No Turn on Red Except From Right Lane R10-12: Left Turn Yield on Green R10-13: Emergency Signal R10-14: Emergency Signal - Stop on Flashing Red R10-14a: Emergency Signal - Stop on Flashing Red (overhead) R10-15: Turning Vehicles Yield to PedsMUTCD本文には黄色のものが掲載されているが、蛍光黄緑使用するともできる。 R10-16: U-Turn Yield to Right Turn R10-17a: Right on Red Arrow After Stop R10-20aP: MON-FRI (and times 2 or 3 lines)(plaque) R10-23: Crosswalk, Stop on Red R10-27: Left Turn Yield on Flashing Red Arrow After Stop R10-30: Right Turn on Red Must Yield to U-Turn R30-31P: At Signal (plaque) Traffic Signal 左折方法(R10-5)矢印信号点灯時の停止位置(R10-6) 停止位置(R10-6a) 交差点停車禁止(R10-7) 通行可能車線(R10-8) 左折専用信号(R10-10) 赤信号右左折禁止R10-11赤信号右左折禁止(R10-11a) 赤信号右左折禁止(R10-11b) 赤信号右折可(R10-11c) 赤信号右左折禁止(R10-11d)車線指定 青信号左折直進優先(R10-12) 非常信号(R10-13) 非常信号(R10-14) 非常信号(R10-14a) 右左折歩行者優先(R10-15) 転回右折車優先(R10-16) 赤信号右折時一停止(R10-17a) 日時指定(R10-20aP) 横断歩道あり(R10-23) 点滅矢印左折時一停止(R10-27) 赤信号右折転回優先(R10-30) 信号機(R10-31P) 信号無視監視中(デラウェア州イリノイ州信号無視監視中(カリフォルニア州など) 赤矢印での右左折禁止メリーランド州など)

※この「信号機」の解説は、「アメリカ合衆国の道路標識」の解説の一部です。
「信号機」を含む「アメリカ合衆国の道路標識」の記事については、「アメリカ合衆国の道路標識」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 08:25 UTC 版)

横断歩道」の記事における「信号機」の解説

詳細は「交通信号機#歩行者用信号を参照 横断歩道設けられる信号機は、「止まれ」を意味する赤色アメリカではオレンジ色もある)と、「進む事ができる」を意味する緑色灯火から構成されている。「進む事ができる」の灯火は、止まれ変化する時間近づく点滅する自動車用の信号機よりも全体的に角ばっており、灯火縦方向配置されることが多い。赤色灯火には人が立ち止まっているイラスト緑色灯火には人が歩いているイラスト描かれている。

※この「信号機」の解説は、「横断歩道」の解説の一部です。
「信号機」を含む「横断歩道」の記事については、「横断歩道」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:45 UTC 版)

鉄道輸送」の記事における「信号機」の解説

詳細は「信号保安」および「鉄道信号機を参照 信号保安とは、列車同士衝突するのを防ぎ列車運行の安全を保つためのシステムである。固定され線路上を走行する列車では自動車のようにハンドル切って横方向避ける事が不可能であり、かつ摩擦抵抗が低いため制動距離伸びており運転士前方の列車視認してから急ブレーキ掛けたのでは減速間に合わ衝突する可能性非常に高い。これを防ぐのが信号保安であり、多くの場合1つ区間1本列車しか進入できないようにする方式使用して列車同士間隔保っている。この1つ区間閉塞区間と呼ぶ閉塞区間進入するためには信号機が停止現示赤信号)以外を示していることを確認するか、閉塞区間進入するための通行票通票)を駅員から貰う必要があるこの内、主に前者自動閉塞方式後者非自動閉塞方式と呼ぶ。しかし、山手線新幹線などで採用されている自動閉塞方式であっても信号機を使用しない車内信号閉塞方式や、逆に通票用いない非自動閉塞方式分類される連動閉塞方式などの例外もある。 信号機は伝統的に信号扱所呼ばれる建物にある信号てこで信号現示変更していた。信号扱所は駅や信号所分岐点などに設置されており、またそれらの施設のない区間にはほぼ等間隔に設置されていた。信号扱所の掛員は前後信号扱所の掛員との電話連絡時刻表との照らし合わせ列車確認し信号現示変更していた。現在は軌道回路呼ばれる区間内列車存在するか否か電気的に検知するシステム使用されこの回路と信号機が連動することで自動的に信号現示変更するようになったため多くの路線から信号扱所姿を消している。また、運転指令所軌道回路発達により列車集中制御装置用いたCTCセンターに取って代わられつつある。

※この「信号機」の解説は、「鉄道輸送」の解説の一部です。
「信号機」を含む「鉄道輸送」の記事については、「鉄道輸送」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 16:20 UTC 版)

速度照査」の記事における「信号機」の解説

鉄道の信号機では、進行停止中間に注意警戒など様々な現示があり、国や鉄道会社によっても異なるが、それぞれに速度制限設定されていることがある例え日本のJRでは、多くの場合注意黄色1灯の現示)では45km/h(高減速車に限り55km/h)制限となっている。信号機による速度制限は、信号機の時間的な現示変化列車伝送しなければ速度照査できない。信号機による速度制限照査機能を持っている装置であっても、一旦車上制限が掛かっていることを伝送し速度照査始まった後に、信号機の現示変わって速度制限が解除され場合速度制限解除の情報をすぐに伝送できるかどうかは、装置によって差異がある

※この「信号機」の解説は、「速度照査」の解説の一部です。
「信号機」を含む「速度照査」の記事については、「速度照査」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 18:08 UTC 版)

青森中央大橋」の記事における「信号機」の解説

有料だった時代のこの南側隣接する交差点には青信号直進矢印兼ねるという珍し形式の信号機があった。

※この「信号機」の解説は、「青森中央大橋」の解説の一部です。
「信号機」を含む「青森中央大橋」の記事については、「青森中央大橋」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 00:16 UTC 版)

信号保安」の記事における「信号機」の解説

詳細は「鉄道信号機を参照 ほとんどの鉄道では、信号機が路側立てられて、運転士前方の路線開通しているかどうか伝え列車間隔を十分空けるために用いられている。

※この「信号機」の解説は、「信号保安」の解説の一部です。
「信号機」を含む「信号保安」の記事については、「信号保安」の概要を参照ください。


信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:48 UTC 版)

日本の鉄道信号」の記事における「信号機」の解説

信号機の種類では「車内信号」を除いて一定の所に常置されている常置信号機」がほとんどであるが、工事時に用いられる臨時信号機」、信号機が故障している場合などで用いられる手信号」、事故災害時に使用される特殊信号」などが存在する。 信号機は現示見通しその後処置が行えるように示さなければならない。そして、信号機が故障していれば安全側の現示通常停止現示を示すようになっている古く手動での信号リバー操作に連動して動作する腕木式信号機が用いられたが、日本国内現存するものわずかであり、ほとんどが色灯式信号機移行している。

※この「信号機」の解説は、「日本の鉄道信号」の解説の一部です。
「信号機」を含む「日本の鉄道信号」の記事については、「日本の鉄道信号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「信号機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

信号機

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:01 UTC 版)

名詞

信号 しんごうき

  1. 信号用の機械器具
  2. 道路鉄道などで、車両列車及び歩行者等の進行可否現示する装置。手働式、自動式の別があり、また腕式と灯式の別があり、灯式には灯色式と灯列式種類がある。また各用途設置場所により種々の名称がある。

発音(?)

し↗んご↘ーき

「信号機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



信号機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「信号機」の関連用語

信号機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信号機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国の道路標識 (改訂履歴)、横断歩道 (改訂履歴)、鉄道輸送 (改訂履歴)、速度照査 (改訂履歴)、青森中央大橋 (改訂履歴)、信号保安 (改訂履歴)、日本の鉄道信号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの信号機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS