ボーイング社とは? わかりやすく解説

ボーイング

(ボーイング社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/24 09:11 UTC 版)

ボーイング・カンパニー英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本社を置く[注釈 1]世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年マクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。


注釈

  1. ^ 2022年5月22日、ボーイング社は本社をバージニア州アーリントンに移転すると発表した。
  2. ^ ボーイングの100%子会社。

出典

  1. ^ The Boeing Company 2012 Annual Report>51P>The Boeing Company and Subsidiaries Consolidated Statements of Financial Position>Total shareholders’ equity
  2. ^ a b c d e Boeing FY2017
  3. ^ Boeing in Brief
  4. ^ Oldham, Kit (August 19, 2003). "Jackson, Henry M. "Scoop"". History Link, The free online encyclopedia of Washington state history.
  5. ^ Boswell, Sharon; Lorraine McConaghy (September 29, 1996). "Twin towers of power". Seattle Times.
  6. ^ Jason Vest. "The Men From JINSA and CSP", The Nation, August 15, 2002.
  7. ^ "Go-ahead for the Boeing SST?", Flight International, 2 October 1969
  8. ^ The Boeing Company 2012 Annual Report>54P>The Boeing Company Subsidiaries Notes The Consolidated Financial Statements Summary of Business Segment Data
  9. ^ The Boeing Company 2012 Annual Report>18P>Item 6. Selected Financial Data>Contractual Backlog
  10. ^ ボーイング、株主還元しすぎで債務超過の事情”. 東洋経済オンライン (2020年3月30日). 2020年4月2日閲覧。
  11. ^ “Boeing to Open Its First 737 Plant in China Under Shadow of a Trade War”. ブルームバーグ. (2018年12月23日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-12-13/boeing-s-first-china-737-plant-to-open-in-shadow-of-trade-war 2019年5月12日閲覧。 
  12. ^ “ボーイング737MAX運航停止、中国が真っ先に動いた理由”. WSJ. (2019年3月18日). https://jp.wsj.com/articles/SB12498886470155574209504585183243413997032 2020年1月4日閲覧。 
  13. ^ エンブラエル、ボーイングによる小型機事業の買収承認” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年6月8日閲覧。
  14. ^ “米大統領が国防長官にシャナハン代行指名へ、防衛業界出身は初めて”. ロイター. (2019年5月9日). https://jp.reuters.com/article/us-defense-secretary-idJPKCN1SF2R4 2020年1月4日閲覧。 
  15. ^ 米国防長官代行、F35開発計画を酷評 機種自体は「素晴らしい」”. CNN (2019年4月26日). 2020年1月4日閲覧。
  16. ^ 米ボーイング、4月の受注件数はゼロ”. CNN (2019年5月16日). 2019年5月18日閲覧。
  17. ^ 米ボーイング、マレンバーグCEOを解任 墜落事故受け”. yahoo (2019年12月24日). 2019年12月24日閲覧。
  18. ^ “Boeing Fires C.E.O. Dennis Muilenburg”. ニューヨーク・タイムズ. (2019年12月23日). https://www.nytimes.com/2019/12/23/business/Boeing-ceo-muilenburg.html 2019年12月24日閲覧。 
  19. ^ “ボーイング、22年ぶりの通期赤字 737MAX問題響く”. (2020年1月30日). https://www.cnn.co.jp/business/35148717.html 2020年2月2日閲覧。 
  20. ^ 資料(PDF,英語)
  21. ^ Boeing: Commercial”. www.boeing.com. 2019年3月11日閲覧。
  22. ^ Boeing: Commercial” (英語). www.boeing.com. 2019年2月19日閲覧。
  23. ^ a b c d e 『ボーイング747ジャンボ』 p.64
  24. ^ a b c 『ボーイング747ジャンボ』 p.65



ボーイング社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 02:31 UTC 版)

ノースウエスト航空85便緊急着陸事故」の記事における「ボーイング社」の解説

モジュールに対する非破壊検査の手法が開発されその結果、ボーイング社はアラート・サービスブリテン747-27A2397を出した2003年7月24日付の告示は、ボーイング747整備士適切な時期上・下方向舵動力制御装置超音波探傷検査実施するよう勧告した

※この「ボーイング社」の解説は、「ノースウエスト航空85便緊急着陸事故」の解説の一部です。
「ボーイング社」を含む「ノースウエスト航空85便緊急着陸事故」の記事については、「ノースウエスト航空85便緊急着陸事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボーイング社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ボーイング社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボーイング社」の関連用語

ボーイング社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボーイング社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーイング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノースウエスト航空85便緊急着陸事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS