呼出符号とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 呼出符号の意味・解説 

呼出符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 07:04 UTC 版)

放送無線通信において、呼出符号(よびだしふごう)またはコールサイン英語: call sign)とは、無線局を一意に識別するために割り当てられた識別子である。コールサインは、一般には政府などの公的機関によって正式に割り当てられるものであるが、無線局の身元を隠すために、個人や組織が非公式なコールサインを名乗ったり、コールサインを暗号化することもある。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呼出符号」の関連用語

呼出符号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



呼出符号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの呼出符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS