中国国際航空とは?

中国国際航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/19 13:24 UTC 版)

中国国際航空(ちゅうごくこくさいこうくう、中国語: 中国国际航空股份有限公司英語: Air China)は、中華人民共和国航空会社ナショナル・フラッグ・キャリア、中国最大のスターアライアンス加盟航空会社。中国語での略称は国航、日本国内においてはエアチャイナとも呼ばれる。台湾の航空会社であるチャイナエアライン(中華航空)とは異なる。




  1. ^ ファーストクラス・ビジネスクラス設備付きの新路線 中国国際航空ホームページ
  2. ^ 中国国際航空、ハノイ就航記念でセール 5月25日まで往復18,000円から FlyTeam 2018年5月14日付
  3. ^ 中国国際航空、7月に成都/ロンドン・ガトウィック線を開設へ A330で週3便 FlyTeam 2018年5月14日付
  4. ^ 中国国際航空、北京〜コペンハーゲン線を開設 3月30日から週4便 Traicy 2018年2月19日付
  5. ^ 中国国際航空、4月に北京/ヒューストン/パナマシティ線を開設 週2便 FlyTeam 2018年3月26日付
  6. ^ 中国国際航空、北京〜ブリスベン線を運休 8月22日で Traicy 2018年7月19日付
  7. ^ 中国国際航空、函館/北京線を運休 5月2日の運航が最終便 FlyTeam 2016年4月22日付
  8. ^ 田辺義明「最新・中国航空・軍事トピック 北朝鮮路線を廃止」 『航空ファン』第66巻第7号(2017年7月号) 文林堂
  9. ^ [1]
  10. ^ “»中国政府「北朝鮮側の求めに応じ航空機提供」”. TBS. (2018年6月11日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3393731.html 2018年6月12日閲覧。 
  11. ^ “「北朝鮮の要請で」金正恩氏に旅客機提供”. 毎日新聞. (2018年6月11日). https://mainichi.jp/articles/20180612/k00/00m/030/035000c 2018年6月12日閲覧。 
  12. ^ “北メディア「正恩氏の中国機利用」を異例の報道 対中関係誇示か”. 聯合ニュース. (2018年6月11日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/06/11/0200000000AJP20180611004200882.HTML 2018年6月11日閲覧。 
  13. ^ “北朝鮮の金委員長が13日に帰国、米朝首脳会談終え=KCNA”. ロイター. (2018年6月14日). https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-statesman-idJPKBN1J937F 2018年6月14日閲覧。 
  14. ^ Massive Undertaking for North Korea’s Expedition to Singapore
  15. ^ 当日のB-6130/FR24の記録


「中国国際航空」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中国国際航空」の関連用語

中国国際航空のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スカモルツァ

ゴールデン・グローリー

白山国立公園

オジロビタキ

不動滝の霊水

ボトムケース

ガス脱湿プロセス

ポール ドーゼット





中国国際航空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国国際航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS