カフェとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カフェの意味・解説 

カフェ【(フランス)café/(イタリア)caffè】

読み方:かふぇ

コーヒーのこと。

コーヒー店喫茶店

大正・昭和初期に、女給が酌をして洋酒類を飲ませた飲食店カフェー。カッフェー。キャフェ

喫茶店のように、さまざまな人が気軽に集まれる場所。「子育て—」


カフェにて


カフェ

作者永井

収載図書ができるまで
出版社リブロポート
刊行年月1997.7

収載図書ができるまで
出版社ブルース・インターアクションズ
刊行年月2001.9


カフェ

名前 Cafe

カフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 08:14 UTC 版)

カフェ: café: caffè)は、もともとはコーヒー豆やそれをひいていれたコーヒー(珈琲)の意味[1]。転じて、客にコーヒーを飲ませるための・施設を意味する[1]ヨーロッパの都市などにある、コーヒーをその場で飲ませる店のことで、特にパリウィーンのものが知られる。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれている。


  1. ^ a b Larousse
  2. ^ a b 青山 2015, pp. 114–118.
  3. ^ Antonius Faustus Naironusは17世紀のマロン派修道士で、ガルシュニ英語版文字で書かれたアラビア語新約聖書を編集した。
  4. ^ ラテン語で記されている。
  5. ^ 北山晴一 『おしゃれの社会史』 朝日新聞社〈朝日選書〉1991年、206-215頁、ISBN 4-02-259518-3
  6. ^ レストランの閉店時間でもバールは開いていることがあり、テーブル席はそれに代わる役割もある。
  7. ^ a b 青山 2015, pp. 119–133.
  8. ^ 青山 2015, pp. 119–125.


「カフェ」の続きの解説一覧

カフェ(Cafés)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:02 UTC 版)

デンマーク料理」の記事における「カフェ(Cafés)」の解説

もうひとつ値ごろ食事場所はカフェである。特に大都市において豊富であり、通常コーヒーお茶ビール他の飲み物に加えてスープサンドイッチサラダケーキペイストリー提供する首都コペンハーゲンでは国際的カフェチェーン店が支配的になっており、国際空港には現在スターバックスが2店舗あり、コペンハーゲン国際空港およびコペンハーゲン中央駅イギリスのカフェ・リタッツァ (Caffè Ritazza) が数店舗、Magasin Du Nord デパートのMagasin Torv がある。デンマークコーヒー店バレッソコーヒー(Baresso Coffee)はスターバックスと同様に主にコーヒーお茶などを提供しコペンハーゲンオーデンセ、スヴェンボー (Svendborg) 、オーフスオールボー、ヘレルプ (Hellerup) 、ラナースフェロー諸島、およびコペンハーゲン国際空港、クラウンシーウェイズ (MS Crown Seaways) に出店している。

※この「カフェ(Cafés)」の解説は、「デンマーク料理」の解説の一部です。
「カフェ(Cafés)」を含む「デンマーク料理」の記事については、「デンマーク料理」の概要を参照ください。


カフェ(CAFE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:36 UTC 版)

アイカツプラネット!」の記事における「カフェ(CAFE)」の解説

"喫茶"をモチーフにしたドレシア

※この「カフェ(CAFE)」の解説は、「アイカツプラネット!」の解説の一部です。
「カフェ(CAFE)」を含む「アイカツプラネット!」の記事については、「アイカツプラネット!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カフェ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カフェ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 10:24 UTC 版)

名詞

カフェ

  1. コーヒーの意味
  2. コーヒーなどを飲ませる飲食店
    1. ヨーロッパ都市風物詩になっている飲食店街路に向け開放的造りになっている
    2. コーヒー中心喫茶店
    3. 大正昭和初期に、女給をして洋酒類を飲ませた飲食店特殊喫茶社交喫茶。カフエ。キャフェカフェー。カッフェー。

語源

翻訳


「カフェ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カフェのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カフェのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカフェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデンマーク料理 (改訂履歴)、アイカツプラネット! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカフェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS