ジャマイカにおけるコーヒー生産とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ジャマイカにおけるコーヒー生産の意味・解説 

ジャマイカにおけるコーヒー生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/30 14:39 UTC 版)

ジャマイカにおけるコーヒー生産は1728年以降にニコラス・ローズ英語版卿によってキングストンの北キャッスルトン近郊に導入されたのが始まりである[1]ブルーマウンテンは気候と地形がコーヒー栽培に最適なブルーマウンテン英語版地域で生産される特別な銘柄であり、香りが非常に高く、繊細な味で知られている[2]。ジャマイカで生産されるコーヒーの大半は輸出向けである。




  1. ^ Koss, Richard (2008). Jamaica. Lonely Planet. pp. 117–. ISBN 978-1-74104-693-9. http://books.google.com/books?id=9EpkpIshXsUC&pg=PA117. 
  2. ^ a b c d Export Jamaica Trade Overview”. Embassy of Jamaica in Japan. 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ a b c Brathwaite 1981, p. 22.
  4. ^ Brathwaite 1981, p. 25.
  5. ^ a b Rules & Regulations—Coffee Industry Board”. 2005年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月3日閲覧。
  6. ^ a b Jamaica: Coffee, green, production quantity (tons)”. Factfish.com. 2015年6月3日閲覧。


「ジャマイカにおけるコーヒー生産」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジャマイカにおけるコーヒー生産」の関連用語

ジャマイカにおけるコーヒー生産のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジャマイカにおけるコーヒー生産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャマイカにおけるコーヒー生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS