ジャポニスムとは? わかりやすく解説

ジャポニスム【(フランス)japonisme】


ジャポニスム

【英】:japonisme

欧米美術における日本の影響やその風潮のこと。

ジャポニスム

読み】:ジャポニスム
【英】:JAPONISME
別称】:ジャポニズム

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、日本の美術工芸品が、西洋美術工芸装飾など幅広い分野影響与えた現象。および西洋美術家たちが日本美術特質創造的に活かしてこうとする態度19世紀後半開国機に西洋との交流深まり日本から陶磁器漆器各種調度品浮世絵などの美術工芸品が、大量に西洋伝わっていった。また、ヨーロッパ各地開かれた万国博覧会通じて日本の文化欧米人々の間で関心呼び一種日本ブーム到来する日本の美術工芸品見られる独特の色彩構図平面性装飾性、あるいは自然や身の回り光景から生まれたモチーフは、印象派ナビ派アール・ヌーヴォー などの美術デザイン分野多大な影響与えた。さらにこの日本好み風潮は、服飾日常的な生活様式にいたるまで広がった。この現象には、斬新さへの驚き少なからぬ好奇の目持って日本的な図像雰囲気取り入れた異国趣味的な側面強く見られジャポネズリー日本趣味)と呼ばれることも多い。これは、18世紀中国ブームシノワズリー中国趣味)を思い起こさせる。しかし、近年では様々な研究がすすみ、日本美術の持つ造形性、技法主題モチーフ等の独自性や、日本生活様式世界観深く触発され現象としてジャポニスムと呼ぶことが定着してきている。

ジャポニスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/15 05:45 UTC 版)

ジャポニスム: Japonisme)は、19世紀後半にヨーロッパで流行した日本趣味のこと。英語ではジャポニズム: Japonism)と表記するが、本稿では仏語の「ジャポニスム」に表記を統一する。


注釈

  1. ^ ただし、池上忠治、馬淵明子らはこの逸話は伝聞でしかなく、裏付けとなる確証はないと批判している。太田記念美術館の考証「浮世絵が陶磁器の包み紙として海を渡ったのは本当?という話。」ではこの逸話の初出をフランスの美術史家レオンス・ベネディットの1905年の著作としている。

出典

  1. ^ "Rethinking Japan. 1. Literature, visual arts & linguistics" by Adriana Boscaro,Franco Gatti,Massimo Raveri p141
  2. ^ Weisberg, Gabriel P. (April 1975). "Aspects of Japonisme". The Bulletin of the Cleveland Museum of Art. Cleveland Museum of Art. 62 (4): p120
  3. ^ 柴田道子, 「フランスにおけるジャポニスムのある側面について」『金城学院大学論集』 203号, p.57-71, 2003年, NAID 110004362158
  4. ^ 『キプリングの日本発見』ラドヤード・キプリング, 中央公論社, 2002, p49。
    キプリングのジャポニスム評についてはオスカー・ワイルド#日本との関係も参照。
  5. ^ 『薩摩と西欧文明: ザビエルそして洋学、留学生』ザビエル渡来450周年記念シンポジウム委員会図書出版 南方新社, 2000
  6. ^ 『イギリス文化入門』三修社 p328
  7. ^ 佐々井啓、19 世紀末イギリスの日本趣味 -ティー・ガウンと子どもファンシー・ドレスを中心に- 『日本家政学会誌』 2010年 61巻 4号 p.221-230, doi:10.11428/jhej.61.221
  8. ^ 出典:『マネ 近代絵画の誕生』(「知の再発見」双書(137) フランソワーズ・カシャン 創元社 74頁 ISBN 9784422211978
  9. ^ 中尾真理「聖武天皇と奈良の正倉院」『ホームズなんでも事典』平賀三郎編著、青弓社、2010年、102-104頁
  10. ^ 東山あかね「聖武天皇(と正倉院)」『シャーロック・ホームズ大事典』小林司・東山あかね編、東京堂出版、2001年、351-352頁


「ジャポニスム」の続きの解説一覧

ジャポニスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 06:30 UTC 版)

クロード・モネ」の記事における「ジャポニスム」の解説

(左)モネオンフルールのバヴォール街』(1864年ごろ)(右)歌川広重名所江戸百景 わか町よるの景』(ジヴェルニー、モネ・コレクション) 1854年日本開国すると、1862年ごろ日本の美術品がパリ店頭登場し1867年パリ万国博覧会開かれるなど、パリにも日本美術伝播してきた。1870年代から1880年代には、パリ中心に日本ブーム巻き起こったフランス美術工芸は、エキゾティック関心から、浮世絵などに表れたモティーフ作品取り込むようになり、これをジャポネズリー日本趣味)という。これに対し構図空間表現色彩など、造形さまざまな要素において日本美術からヒント得て新し視覚表現追求したことをジャポニスムという。1860年代修行時代過ごした印象派の画家たちは、日本美術触れ機会持ちその影響受けたことが指摘されている。 モネ多数浮世絵コレクション保有しており、ジヴェルニーの家には浮世絵飾っていた。モネ浮世絵コレクション始めた時期については諸説あり、早いものでは少年時代1856年ごろ、別の説では1871年オランダ旅行のときとされるが、モネ浮世絵魅力知ったのは、パリ浮世絵商品として買えようになった1862年以降というのが有力な説である。 (左)モネボルディゲーラ』(1884年)(右)広重東海道五十三次 由井』(ジヴェルニー、モネ・コレクション) モネ1860年代町の風景画には、歌川広重葛飾北斎酷似しているものがあり、たとえば『オンフルールのバヴォール街』では、広い前景から道が急速に後退し、右に消えていくが、これは、西洋遠近法修正した広重の『名所江戸百景 わか町よるの景』における手法似ている。ほかにも、『王女の庭』における俯瞰する構図、『サン=タドレスのテラス』や『かささぎ』に見られる画面上下分断する水平線地平線などは、それまでヨーロッパ風景画にはほとんど見られず、浮世絵ヒント得て現実視覚体験表現したのであることが指摘されている。 1870年代には、妻カミーユ日本着物着けさせて団扇などの日本モティーフ描き込んだラ・ジャポネーズ』が典型的なジャポネズリー日本趣味)の作品であるが、こうした着想マネジェームズ・マクニール・ホイッスラーならったものであり、特に目新しいものではない。また、こうしたあからさまな日本趣味はこの1点だけである。 (左)広重六十余州名所図会 相模江之嶋 岩屋ノ口』(右)同『薩摩坊ノ浦 雙剣石』(いずれもジヴェルニー、モネ・コレクション) むしろ1880年代半ば以降に、画面モティーフ厳選し近景遠景とを組み合わせるといった新し工夫次々現れる1884年南仏旅行では、起伏富んだ景観を基に、近景そそりたつ斜面遠景とを組み合わせた構図前景をふさぐ木の幹と越し見え町並み組み合わせた構図などを採用しているが、浮世絵着想得たものと考えられる。さらに、1885年エトルタ1886年ベル=イル島での海景画では、モティーフ奇岩と海だけに厳選しているが、こうした構図も、昇亭北寿の『勢州二見ヶ浦』や広重の『六十余州名所図会』(いずれもジヴェルニー、モネ・コレクション所蔵)と酷似している。1887年の『舟遊び』での視点の高さとモティーフ切り方は、ジャポニスムの成熟表れと見られる晩年の『睡蓮』大装飾画は、少ない自然のモティーフ使った装飾空間観る者を包み込み自然と一体感演出するという点で、日本障壁画(特に襖絵)と共通する発想であるとの指摘もされている。もっとも、自然のモティーフ使いながらも自然観察重き置かない日本襖絵異なりモネは、装飾的であると同時に自然観察忠実であることを追求している。

※この「ジャポニスム」の解説は、「クロード・モネ」の解説の一部です。
「ジャポニスム」を含む「クロード・モネ」の記事については、「クロード・モネ」の概要を参照ください。


ジャポニスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:47 UTC 版)

エドゥアール・マネ」の記事における「ジャポニスム」の解説

マネ絵画には、1860年代から流行したジャポニスムの影響指摘されている。マネの『エミール・ゾラの肖像』の背景には、日本花鳥図屏風浮世絵飾られており、浮世絵への関心窺えるマネ場合単なる異国趣味として浮世絵取り入れただけではなく造形中にこれを生かしている。『笛を吹く少年』の平面的な彩色には、ベラスケスからのほかに、浮世絵からの影響があると考えられる。『キアサージ号とアラバマ号の海戦』には、伝統的な遠近法異なり、高い視点水平線、船を画面の端に寄せ構図採用されており、日本風空間表現である。『ボート遊び』の、水平線をなくし背景全体水面とする構図モチーフ切り取る手法も、同様である。 ゾラは、「マネ単純化され絵画日本版画比較するのは興味深かろう。日本版画未知優美さ見事な色斑によって、マネの絵と似ているのだから。」と書いている。 また、色彩の点では、マネの『笛を吹く少年』などに見られる平坦で強い黒は、スペイン絵画からの影響とともに浮世絵水墨画影響受けたことが指摘されている。

※この「ジャポニスム」の解説は、「エドゥアール・マネ」の解説の一部です。
「ジャポニスム」を含む「エドゥアール・マネ」の記事については、「エドゥアール・マネ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャポニスム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャポニスム」の関連用語

ジャポニスムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャポニスムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2024 All rights reserved
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2024
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャポニスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロード・モネ (改訂履歴)、エドゥアール・マネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS